立牛川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
立牛川
水系 一級水系 渚滑川
種別 一級河川
延長 33.3 km
水源の標高 1306 m
平均流量 1.66 /s
(立牛観測所 2008年[1]
水源 北見富士(北海道
河口・合流先 渚滑川(北海道)
流域 北海道
テンプレートを表示

立牛川(たつうしがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内の紋別市南部の北見富士に源を発し、紋別市上渚滑町下立牛で渚滑川に合流する一級河川である。川の名は、アイヌ語の「タッ・ウシ」(シラカバの木が生える)に由来。

地理[編集]

北海道紋別市南部、遠軽町及び滝上町境にそびえる北見富士付近が水源。概ね北に流れる。紋別市上渚滑町中立牛で上古丹川を合流し、立牛岳(標高630m)の西を流れる。紋別市上渚滑町下立牛で渚滑川に合流する。

流域の自治体[編集]

北海道
紋別市

主な支流[編集]

  • 上古丹川

脚注[編集]

  1. ^ 流況表/立牛(廃止)(たつうし)”. 水文水質データベース. 国土交通省水管理・国土保全局. 2016年1月10日閲覧。