立石伯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たていし はく
立石 伯
生誕 (1941-08-31) 1941年8月31日(76歳)
職業 文芸評論家・法政大学教授

立石 伯(たていし はく、1941年8月31日 - )は、文芸評論家、法政大学教授。 鳥取県生まれ。本名・堀江拓充。法政大学卒、同大学院博士課程中退。法大文学部教授。 小田切秀雄の門下で、埴谷雄高を中心として現代作家を論じる。

著書[編集]

  • 『埴谷雄高の世界』 講談社、1971年
  • 高橋和巳の世界』 講談社、1972年
  • 武田泰淳論』 講談社、1977年
  • 石川淳論』 オリジン出版センター、1990年
  • 『朔風』 オリジン出版センター、1994年
  • 『北京の光芒・中薗英助の世界』 オリジン出版センター、1998年
  • 西行桜外伝 夢見られた夢のミクロコスモス』 深夜叢書社、2000年
  • 『極限の夢に憑かれたものの究極 ドストエフスキイと埴谷雄高の夢と小説について』 深夜叢書社、2004年
  • 『日本文学名作案内』 友人社、2008年(監修)