立石充男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立石 充男
中日ドラゴンズ 二軍巡回野手コーチ #90
M tateishi20170425.jpg
楽天コーチ時代
東京ドームにて(2017年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府和泉市
生年月日 (1957-12-06) 1957年12月6日(60歳)
身長
体重
172 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1975年 ドラフト3位
初出場 1978年6月15日
最終出場 1985年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

立石 充男(たていし みつお、1957年12月6日 - )は、大阪府和泉市出身の元プロ野球選手内野手、右投右打)、コーチ[1]

経歴[編集]

初芝高等学校(現・初芝立命館中学校・高等学校)在学中の1975年選抜高等学校野球大会に出場。その年のドラフト3位で、南海ホークスに入団[1]。内野ならどのポジションでもこなすマルチプレイヤー[1]パ・リーグ初の背番号0を背負った[2]1984年には三塁手のレギュラーを獲得し、好成績を収めた。1985年オフに結婚[1]1986年に現役を引退した。

引退後は、南海・福岡ダイエーホークス中日ドラゴンズ台湾プロ野球和信ホエールズ大阪近鉄バファローズの各チームで、守備・走塁コーチを務めた。2005年から阪神タイガース2軍野手総合兼打撃コーチ。

2006年には、シーズン途中から胃潰瘍で長期入院した島野育夫に代わり、二軍監督代行を務めた(シーズン終了後、平田勝男が正式に二軍監督就任した)。2010年から2012年までは育成チーフコーチを務めた。2014年から台湾統一セブンイレブン・ライオンズのヘッドコーチに就任し[2]、同年限りで退団。2015年から韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの二軍作戦・守備コーチに就任、2014年秋季沖縄キャンプよりチームに参加。2015年10月8日に来季の契約を結ばないことが明らかになった[3]。10月13日に2016年から東北楽天ゴールデンイーグルス二軍内野守備走塁コーチに就任することが発表された[4]2017年からは一軍・二軍巡回内野守備走塁コーチ。2018年から一軍内野守備走塁コーチを務めていたが6勝19敗1分と最下位に沈み、守備や走塁にも細かなミスが目立ち、4月30日の試合終了後から真喜志康永と入れ替えになる形で二軍育成コーチに配置転換された[5]。同年10月5日に来季の契約をしないことを通知された[6]

コーチ業、連続25年以上となる。信頼度と指導力も超ベテランの指導者である。

隠し球[編集]

現役時代の1984年5月29日、対西武ライオンズ戦で、三塁走者の駒崎幸一隠し球でアウトにした。この場面の一部始終は同年のフジテレビプロ野球珍プレー・好プレー大賞」で取り上げられ、珍プレー大賞に輝き、以後同番組で繰り返し放送された。

なお、隠し球の陰で忘れられていることだが、その試合中に剥離骨折を起こして途中2ヶ月ほど欠場している。開幕時の正遊撃手だった定岡智秋がアキレス腱断裂で長期離脱したため、三塁手だった久保寺雄二を遊撃手に移して立石が三塁手に入って半月後のことであった。このため、1984年の南海はシーズンを通して固定した三遊間で戦うことができず、三塁手は26失策、遊撃手は34失策という類を見ない拙守ぶりであった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 南海 12 6 6 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .333
1980 1 2 2 1 1 1 0 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 1.000 1.500
1981 62 65 59 12 13 2 1 1 20 8 1 1 1 1 3 0 1 3 4 .220 .266 .339 .605
1982 49 91 80 10 15 1 0 1 19 6 5 1 4 0 7 0 0 8 3 .188 .253 .238 .490
1983 33 55 47 9 9 1 2 1 17 3 0 1 4 0 4 0 0 6 0 .191 .255 .362 .617
1984 74 221 199 26 57 14 2 7 96 22 1 1 6 0 14 0 2 20 7 .286 .340 .482 .822
1985 36 82 70 6 14 3 0 1 20 7 0 1 1 0 9 0 2 21 2 .200 .309 .286 .594
通算:7年 267 522 463 64 110 22 5 11 175 49 7 5 16 1 37 0 5 59 16 .238 .300 .378 .678

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1976年 - 1982年)
  • 1 (1983年)
  • 0 (1984年 - 1986年)
  • 84 (1987年 - 1992年)
  • 99 (1993年 - 1994年)
  • 98 (1995年、2010年 - 2012年、2014年)
  • 74 (1996年 - 1997年)
  • 85 (2000年 - 2004年)
  • 88 (2005年 - 2009年、2015年)
  • 78 (2016年 - 2018年)
  • 90 (2019年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P125。
  2. ^ a b 週刊ベースボール2014年1月20日号、P93。
  3. ^ 西本、立石コーチらハンファを退団 デイリースポーツ2015年10月8日配信
  4. ^ 新任コーチに関して 楽天公式サイト2015年10月13日配信
  5. ^ “楽天がコーチ入れ替え 栗原健太コーチらが1軍へ”. 日刊スポーツ. (2018年4月30日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804300000810.html 2018年4月30日閲覧。 
  6. ^ 来季のコーチ契約に関して 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト(2018年10月5日配信)2018年10月5日閲覧。

関連項目[編集]