立石友男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

立石 友男(たていし ともお、1933年6月4日 - 2017年7月11日)は、日本地理学者日本大学名誉教授[1][2]。おもに林地に関する歴史地理学研究に取り組んだ。

経歴[編集]

長野県に生まれ、1952年長野県諏訪清陵高等学校を卒業し、日本大学文学部人文地理学科に入学した[1]

1956年に学部を卒業し、1957年に大学院に進み、1959年に日本大学文理学部副手に採用され、以降、1960年に助手、1970年に専任講師、1973年に助教授、1981年に教授へと昇任した[1]

1982年には、「庄内砂丘における海岸砂丘林に関する研究」により、日本大学から理学博士を取得した[3]

1999年から2002年にかけては歴史地理学会会長を務めた[1]

2003年に日本大学を定年退職した[1]

おもな著書[編集]

単著[編集]

  • スカンディナビア -白夜・極夜の国ぐに-、古今書院、1987年
  • 海岸砂丘の変貌、大明堂、1989年

編著[編集]

  • 日本の農業地域、大明堂、1983年
    • 日本の農業地域 増補版、大明堂、1990年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 高阪宏行「立石友男先生のご退職に際して」『日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要』第39号、日本大学文理学部自然科学研究所、2004年、 1-4頁、2018年3月10日閲覧。 NAID 40006271923
  2. ^ 訃報”. 日本大学地理学科同窓会. 2018年3月10日閲覧。
  3. ^ 庄内砂丘における海岸砂丘林に関する研究”. 国立国会図書館. 2018年3月10日閲覧。