獄医立花登手控え

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

獄医立花登手控え』(ごくいたちばなのぼるてびかえ)は、藤沢周平による日本時代小説連作短編集シリーズ。「青年獄医立花登」(せいねんごくいたちばなのぼる)と題して『小説現代1979年1月号から1983年2月号に連載、改題して講談社より1980年から1983年にかけて全4巻が刊行された。叔父を頼り東北の小藩から江戸へやってきて伝馬町牢屋敷にて獄医を務めることとなった若い医師が、囚人たちにまつわる事件を得意の柔術と推理で次々に解決していく姿を描く[1]

立花登 青春手控え』(たちばなのぼる せいしゅんてびかえ)と題して1982年NHK総合水曜時代劇」にて中井貴一主演によりテレビドラマ化、『立花登青春手控え』(たちばなのぼるせいしゅんてびかえ)と題して2016年から2018年NHK BSプレミアムBS時代劇」にて溝端淳平主演によりリメイクされた[2][3]

作品リスト[編集]

春秋の檻 獄医立花登手控え
  • 雨上がり(初出:『小説現代』1979年1月号)
  • 善人長屋(初出:『小説現代』1979年3月号)
  • 女牢(初出:『小説現代』1979年5月号)
  • 返り花(初出:『小説現代』1979年7月号)
  • 風の道(初出:『小説現代』1979年9月号)
  • 落葉降る(初出:『小説現代』1979年11月号)
  • 牢破り(初出:『小説現代』1980年1月号)
風雪の檻 獄医立花登手控え2
  • 老賊(初出:『小説現代』1980年4月号)
  • 幻の女(初出:『小説現代』1980年8月号)
  • 押し込み(初出:『小説現代』1980年9月号)
  • 化粧する女(初出:『小説現代』1980年10月号)
  • 処刑の日(初出:『小説現代』1980年12月号)
愛憎の檻 獄医立花登手控え3
  • 秋風の女(初出:『小説現代』1981年1月号)
  • 白い骨(初出:『小説現代』1981年2月号)
  • みな殺し(初出:『小説現代』1981年5月号)
  • 片割れ(初出:『小説現代』1981年7月号)
  • 奈落のおあき(初出:『小説現代』1981年9月号)
  • 影法師(初出:『小説現代』1982年1月号)
人間の檻 獄医立花登手控え4
  • 戻って来た罪(初出:『小説現代』1982年4月号)
  • 見張り(初出:『小説現代』1982年6月号)
  • 待ち伏せ(初出:『小説現代』1982年8月号)
  • 影の男(初出:『小説現代』1982年10月号)
  • 女の部屋(初出:『小説現代』1983年1月号)
  • 別れゆく季節(初出:『小説現代』1983年2月号)

あらすじ[編集]

東北の小藩出身の若い医師・立花登は、江戸で活躍するという叔父の医師・小牧玄庵に憧れて江戸へとやってくる。しかし、その叔父は実際には酒に溺れ妻の尻に敷かれた流行らない医者であり、居候した叔父の家では下男扱いで口やかましい叔母とその娘・ちえにこき使われ、さらに叔父が帰郷時に「幕府の御用にあずかる」と吹聴していた小伝馬町の獄医の仕事までも押し付けられることとなる。若き医師・登は、この獄医の仕事を通して出会う「訳あり」の囚人たちにまつわるさまざまな事件を、身につけた起倒流柔術の妙技とあざやかな推理で次々に解決していく[1]

書誌情報[編集]

単行本[編集]

  • 春秋の檻 獄医立花登手控え(1980年6月、講談社、ISBN 978-4061306837)
  • 風雪の檻 獄医立花登手控え2(1981年3月、講談社、ISBN 978-4061307452)
  • 愛憎の檻 獄医立花登手控え3(1982年3月、講談社、ISBN 978-4061308312)
  • 人間の檻 獄医立花登手控え4(1983年4月、講談社、ISBN 978-4062004442)

文庫本[編集]

講談社[編集]

  • 春秋の檻 獄医立花登手控え(1)(1982年5月12日、講談社文庫、ISBN 978-4061317635)
  • 風雪の檻 獄医立花登手控え(2)(1983年11月8日、講談社文庫、ISBN 978-4061831308)
  • 愛憎の檻 獄医立花登手控え(3)(1984年11月7日、講談社文庫、ISBN 978-4061833869)
  • 人間の檻 獄医立花登手控え(4)(1985年11月8日、講談社文庫、ISBN 978-4061836266)
新装版
  • 新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え(一)(2002年12月13日、講談社文庫、ISBN 978-4062735865)
  • 新装版 風雪の檻 獄医立花登手控え(二)(2002年12月13日、講談社文庫、ISBN 978-4062735872)
  • 新装版 愛憎の檻 獄医立花登手控え(三)(2002年12月13日、講談社文庫、ISBN 978-4062735889)
  • 新装版 人間の檻 獄医立花登手控え(四)(2002年12月13日、講談社文庫、ISBN 978-4062735896)

文藝春秋[編集]

  • 春秋の檻 獄医立花登手控え(一)(2017年03月10日、文春文庫、ISBN 978-4-16-790812-6)
  • 風雪の檻 獄医立花登手控え(二)(2017年03月10日、文春文庫、ISBN 978-4-16-790813-3)
  • 愛憎の檻 獄医立花登手控え(三)(2017年04月10日、文春文庫、ISBN 978-4-16-790834-8)
  • 人間の檻 獄医立花登手控え(四)(2017年04月10日、文春文庫、ISBN 978-4-16-790835-5)

電子書籍[編集]

  • 獄医立花登手控え 全4冊合本版(2014年12月12日配信、講談社、ISBN 978-4064214771)

関連書籍[編集]

  • 週刊藤沢周平の世界 12号 獄医立花登手控えシリーズ(2007年2月1日、朝日新聞出版[4]

テレビドラマ(1982年)[編集]

立花登 青春手控え』(たちばなのぼる せいしゅんてびかえ)と題して、1982年4月14日から1982年9月29日までNHK総合テレビジョンで毎週水曜日20:00~20:50(JST)に放送された。全23話。主演を務めた中井貴一のテレビドラマデビュー作品である[5]

時代劇専門チャンネルにて2007年1月15日から2月14日まで、また2007年9月15日から10月27日まで[注 1]再放送された。時代劇専門チャンネルにて2016年5月16日から6月15日まで、また6月28日から7月29日まで再放送された。

「人を知らずして医はその術を振るえず、心知らずして人はその道を歩めず。明日に向かって生きる青年医、立花登の青春事件帖」 — 冒頭ナレーション

スタッフ(1982年)[編集]

キャスト(1982年)[編集]

サブタイトル[編集]

各話 サブタイトル 放映年月日 脚本 演出 ゲスト
第1話 雨上がり 1982年4月14日 福田善之 宮沢俊樹 名取裕子高岡健二鹿内孝安田洋子草薙良一
第2話 女牢 1982年4月21日 石松愛弘 加藤郁雄 池上季実子沢たまき河原崎次郎松山照夫服部妙子吉原正皓木瓜みらい、監物房子
第3話 返り花 1982年4月28日 神波史男 佐藤幹夫 藤真利子中山仁高原駿雄三谷昇沼田曜一、志方亜紀子、森章二陶隆司、曽川留三子、磯村千花子、杉崎昭彦
第4話 善人長屋 1982年5月5日 武末勝 松橋隆 壇まゆみ山谷初男金井大渡辺とく子今井和子森下哲夫平野稔
第5話 花一輪 1982年5月12日 大久保昌一良 宮沢俊樹 風吹ジュン火野正平待田京介、服部妙子、小田部通麿野口元夫、荒瀬寛樹、成田次穂三重街恒二、秋元めぐみ
第6話 牢破り 1982年5月19日 石松愛弘 加藤郁雄 土方弘、寄山弘榎木兵衛、広田正光、大和撫子、赤木葉子
第7話 帰ってきた 1982年5月26日 丸山昇一 佐藤幹夫 高橋幸治中村伸郎波乃久里子十貫寺梅軒、曽田繁美、河原さぶ
第8話 わかれ道 1982年6月2日 富田康明
奥田成二
宮沢俊樹 谷村昌彦原康義河西健司賀田裕子
第9話 男の約束 1982年6月9日 市川靖 松橋隆 石橋正次三浦リカ斉藤洋介上田忠好江角英益富信孝加地健太郎池田武志、大阪憲
第10話 遠方より来る 1982年6月16日 富田康明
松島利昭
宮沢俊樹 入川保則高桐真山口美也子
第11話 武士の灯 1982年6月23日 丸山昇一 佐藤幹夫 遠藤征慈あき竹城、早田文次、吉村奈見子、山本寛之
第12話 幻の女 1982年6月30日 大久保昌一良 加藤郁雄 東てる美綿引勝彦大谷朗諸角憲一、田村元治
第13話 贈り物 1982年7月7日 長田紀生 松橋隆 日下武史野川由美子田武謙三絵沢萌子飯塚雅弓藤木敬士久保晶
第14話 何処へ 1982年7月14日 大久保昌一良 吉村文孝 萩尾みどり、渡辺雅子、村野武範早川勝也福田豊土千葉繁
第15話 奈落の夕顔 1982年7月21日 長田紀生 宮沢俊樹 村井国夫真行寺君枝真田健一郎増田順司、林佳子、翁家さん馬
第16話 ならず者 1982年7月28日 金子成人 若園昌己 ジョニー大倉紺野美沙子菅野忠彦木村有里大口広司坂田祥一朗
第17話 ちゃん 1982年8月4日 松島利昭 竹内豊 小林稔侍赤座美代子林泰文大島宇三郎柳谷寛西村淳二和沢昌治、逸見慶子、長尾豪二郎
第18話 あばよ 1982年8月18日 丸山昇一 松橋隆 山田辰夫中村れい子長塚京三冨田浩太郎
第19話 哀しみの罠 1982年8月25日 石松愛弘 田島照 木村理恵角野卓造金田龍之介武内文平谷口香中島元穂高稔戸沢佑介多田幸男、西川多恵子
第20話 しぐれみち 1982年9月1日 福田善之
大久保昌一良
佐藤幹夫 辰巳柳太郎峰岸徹島村佳江、水島美奈子、内山森彦北城真記子、松野真由子
第21話 影の中の女 1982年9月8日 長田紀生 吉村文孝 片桐夕子新田昌玄粟津號平泉征保科三良姫ゆり子内田直哉、陶隆司、信実一徳、安田洋子、岡田和子、服部多香子、本庄和子、秋田ひで子
第22話 めざめ 1982年9月22日 金子成人 松橋隆 冷泉公裕織本順吉樋浦勉及川ヒロオ山西道広倉石一旺三遊亭遊三三遊亭遊吉、岸本功、桐原史雄松田章渡辺哲桑原一人、今井耐介、風中臣、深沢猛
第23話 旅立ち 1982年9月29日 長田紀生 佐藤幹夫 金田賢一牛原千恵渥美国泰趙方豪五月晴子

関連商品(1982年)[編集]

DVD[編集]

  • 立花登 青春手控え 選集 一(2006年11月24日発売、NHKエンタープライズ、NSDS-10429)
    第1話「雨上がり」、第5話「花一輪」、第7話「帰ってきた」収録
  • 立花登 青春手控え 選集 二(2006年11月24日発売、NHKエンタープライズ、NSDS-10430)
    第10話「遠方より来る」、第11話「武士の灯」、第14話「何処へ」収録
  • 立花登 青春手控え 選集 三(2006年11月24日発売、NHKエンタープライズ、NSDS-10431)
    第15話「奈落の夕顔」、第16話「ならず者」、第18話「あばよ」収録
  • 立花登 青春手控え 選集 四(2006年11月24日発売、NHKエンタープライズ、NSDS-10432)
    第20話「しぐれみち」、第22話「めざめ」、第23話「旅立ち」収録
  • 立花登 青春手控え 選集 DVD-BOX 全4枚セット(2006年11月24日発売、NHKエンタープライズ、NSDX-10433)
NHK総合 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
立花登 青春手控え

テレビドラマ(2016年)[編集]

立花登青春手控え
ジャンル 時代劇
原作 藤沢周平
『春秋の檻』『風雪の檻』(第1シリーズ)
『風雪の檻』『愛憎の檻』『人間の檻』(第2シリーズ)
『闇の穴』より「閉ざされた口」(スペシャル)
脚本 古田求
田村惠
小林政広
演出 山下智彦
服部大二
真鍋斎
前原康貴
出演者 溝端淳平
平祐奈
宮崎美子
マキタスポーツ
正名僕蔵
波岡一喜
鷲尾真知子
石黒賢
古谷一行
ナレーター 篠田三郎
音楽 羽岡佳
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作 NHKエンタープライズ
製作 NHK
松竹
放送
放送チャンネルNHK BSプレミアム
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
立花登青春手控え
プロデューサー真鍋斎(NHKエンタープライズ
原林麻奈(NHK)
原克子(松竹
出演者高畑裕太
放送期間2016年5月13日 - 7月1日
放送時間金曜 20:00 - 20:43
放送枠BS時代劇
放送分43分
回数8
公式サイト
立花登青春手控え2
プロデューサー原克子(松竹)
吉永証(NHKエンタープライズ)
山本敏彦(NHK)
出演者渡辺佑太朗
放送期間2017年4月7日 - 5月26日
放送時間金曜 20:00 - 20:43
放送枠BS時代劇
放送分43分
回数8
公式サイト
立花登青春手控え3
プロデューサー原克子(松竹)
後藤高久(NHKエンタープライズ)
土屋勝裕(NHK)
出演者渡辺佑太朗
放送期間2018年11月9日 - 12月21日
放送時間金曜 20:00 - 20:43
放送枠BS時代劇
放送分43分
回数7
公式サイト
立花登青春手控えスペシャル
プロデューサー原克子(松竹)
真鍋斎(NHKエンタープライズ)
吉永証(NHK)
放送期間2020年1月3日
放送時間金曜 19:30 - 20:59
放送枠BS新春時代劇
放送分89分
回数1
テンプレートを表示

立花登青春手控え』(たちばなのぼるせいしゅんてびかえ)と題して、NHK BSプレミアムBS時代劇」にて2016年5月13日から7月1日まで放送された。連続8回[2][3]

続編となる『立花登青春手控え2』(たちばなのぼるせいしゅんてびかえ2)が同枠にて2017年4月7日から5月26日まで放送された。連続8回[6]。シリーズ最終章となる『立花登青春手控え3』(たちばなのぼるせいしゅんてびかえ3)が同枠にて2018年11月9日から12月21日まで放送された。連続7回[7]

立花登青春手控えスペシャル』(たちばなのぼるせいしゅんてびかえスペシャル)が、NHK BSプレミアム「BS新春時代劇」にて2020年1月3日の19時30分から20時59分に放送。原作は藤沢周平の『闇の穴』より「閉ざされた口」[8]

企画・制作[編集]

34年前の中井貴一主演による同名作品のリメイクであり、主演の溝端淳平は本作にて本格時代劇ドラマ初出演にして初主演を務めた[9][10]。前作に登の従妹・ちえ役で出演した宮崎美子が本作ではちえの母・松江役を演じた[11]。また、前作に同心の平塚源太郎役で出演した篠田三郎が本作では語りを担当した。

撮影は松竹撮影所東映京都撮影所の両方にて、松竹、東映の混成チームによるスタッフで行われた。松竹作品を東映京都撮影所で撮影するのは時代劇の歴史上初となった[注 2][12]

キャスト(2016年)[編集]

主要人物[編集]

その他[編集]

  • おあき - 樋井明日香(第3シリーズ、スペシャル)
  • 万平 - みのすけ(第1、第2シリーズ)
  • 水野徳次郎 - 山岸門人(第2、第3シリーズ)
  • 鴨井左仲 - 峰蘭太郎
  • あき - 木下美咲(第1シリーズ、第2シリーズ 第1回)
  • おぬい - 星野美恵子(第1シリーズ)
  • みき - 眞木めい(第1シリーズ、第2シリーズ 最終回)
  • おせん - 園英子
  • 園井 - 石志望
  • 仁兵衛 - 谷口高史(第2シリーズ)

ゲスト[編集]

第1シリーズ[編集]
第1回「雨上がり」
第2回「善人長屋」
第3回「女牢(おんなろう)」
第4回「返り花」
第5回「老賊」
第6回「風の道」
第7回「落葉降る」
最終回「牢(ろう)破り」
第2シリーズ[編集]
第1回「片割れ」
第2回「幻の女」
第3回「化粧する女」
第4回「押し込み」
第5回「みな殺し」
第6回「見張り」
第7回「待ち伏せ」
最終回「処刑の日」
第3シリーズ[編集]
第1回「奈落のおあき」
第2回「秋風の女」
第3回「白い骨」
第4回「影法師」
第5回「影の男」
第6回「女の部屋」
最終回「別れゆく季節」
スペシャル[編集]

スタッフ(2016年)[編集]

  • 語り - 篠田三郎
  • 原作 - 藤沢周平『春秋の檻』『風雪の檻』(第1シリーズ)『風雪の檻』『愛憎の檻』『人間の檻』(第2シリーズ)『愛憎の檻』『人間の檻』(第3シリーズ)
  • 脚本 - 古田求、田村惠、小林政広
  • 音楽 - 羽岡佳
  • 制作統括 - 真鍋斎(NHKエンタープライズ)、原林麻奈(NHK)、原克子(松竹
  • 演出 - 山下智彦、服部大二、真鍋斎、前原康貴
  • 制作 - NHKエンタープライズ
  • 制作・著作 - NHK、松竹

放送日程[編集]

第1シリーズ
各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出
第1回 2016年05月13日 雨上がり 春秋の檻 獄医立花登手控え 古田求 山下智彦
第2回 05月20日 善人長屋 田村惠
第3回 05月27日 女牢(おんなろう) 古田求 服部大二
第4回 06月03日 返り花
第5回 06月10日 老賊 風雪の檻 獄医立花登手控え 小林政広 真鍋斎
第6回 06月17日 風の道 春秋の檻 獄医立花登手控え 田村惠
第7回 06月24日 落葉降る 古田求 前原康貴
最終回 07月01日 牢(ろう)破り 山下智彦
第2シリーズ
各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出
第1回 2017年04月07日 片割れ 愛憎の檻 獄医立花登手控え 古田求 山下智彦
第2回 04月14日 幻の女 風雪の檻 獄医立花登手控え 服部大二
第3回 04月21日 化粧する女 小林政広
第4回 04月28日 押し込み 田村惠 山下智彦
第5回 05月05日 みな殺し 愛憎の檻 獄医立花登手控え
第6回 05月12日 見張り 人間の檻 獄医立花登手控え 古田求 前原康貴
第7回 05月19日 待ち伏せ 小林政広 服部大二
最終回 05月26日 処刑の日 風雪の檻 獄医立花登手控え 古田求 山下智彦
第3シリーズ
各話 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出
第1回 2018年11月09日 奈落のおあき 愛憎の檻 獄医立花登手控え 古田求 山下智彦
第2回 11月16日 秋風の女 服部大二
第3回 11月23日 白い骨 小林政広
第4回 11月30日 影法師 田村恵 前原康貴
第5回 12月07日 影の男 人間の檻 獄医立花登手控え 古田求
第6回 12月14日 女の部屋 小林政広 山下智彦
最終回 12月21日 別れゆく季節 古田求

関連商品(2016年)[編集]

CD[編集]

  • 羽岡佳 NHK BS時代劇「立花登青春手控え」オリジナルサウンドトラック(2016年6月29日発売、クリーク)
NHK BSプレミアム BS時代劇
前番組 番組名 次番組
最後の忠臣蔵(アンコール)
(2016年4月1日 - 5月6日)
立花登青春手控え
(2016年5月13日 - 7月1日)
伝七捕物帳
(2016年7月15日 - 9月9日)
五瓣の椿(アンコール)
(2017年3月3日 - 3月31日)
立花登青春手控え2
(2017年4月7日 - 5月26日)
伝七捕物帳(アンコール)
(2017年6月2日 - 7月28日)
雲霧仁左衛門4
(2018年9月7日 - 10月20日)
立花登青春手控え3
(2018年11月9日 - 12月21日)
小吉の女房
(2019年1月11日 - 3月1日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1日4話(但し最終放送日の10月27日の5話を放送)。
  2. ^ 但し、1980年に尾上菊五郎主演で制作された『悪党狩り』(東京12チャンネル(現・テレビ東京))も、松竹作品で有りながら東映京都撮影所で撮影されており、事実とは若干の食い違いがみられる(なお、『悪党狩り』は、本作同様藤沢原作作品であり、菊五郎の義父にあたる俊藤浩滋が代表を務める「藤映像コーポレーション」が共同で制作に携わっている)。

出典[編集]

  1. ^ a b 堀田純司 (2015年10月26日). “青春の物語だからといって、成長物語とは限らない。安定が稀少な価値となった現代で、ますます愛される若き医師の物語 『新装版 春秋の檻 獄医立花登手控え』(藤沢周平)”. 今日のおすすめ(コミック/書籍). 講談社BOOK倶楽部. 2016年3月10日閲覧。
  2. ^ a b 藤沢周平原作「立花登青春手控え」制作開始!”. ドラマトピックスブログ. NHK ONLINE (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  3. ^ a b 藤沢周平原作の“伝説の時代劇”がよみがえる!♢BS時代劇「立花登青春手控え」”. NHK_PR. NHK ONLINE (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  4. ^ 週刊藤沢周平の世界 12号”. 分冊百科. 朝日新聞出版. 2016年5月18日閲覧。
  5. ^ 中井貴一 (2003年1月12日). インタビュー<日曜のヒーロー> ■第345回 中井貴一 オヤジ、38歳から生きるのも大変だよ. インタビュアー:松田秀彦. 日刊スポーツ.. http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/interview/2003/sun030112.html 2016年3月7日閲覧。 
  6. ^ 藤沢周平原作 『立花登青春手控え2』制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2016年12月26日). 2017年3月5日閲覧。
  7. ^ 溝端淳平さん主演『立花登青春手控え3』シリーズ最終章制作開始!”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2018年7月11日). 2018年7月11日閲覧。
  8. ^ 溝端淳平さん主演『立花登青春手控えスペシャル』制作開始!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2019年7月2日). 2019年7月2日閲覧。
  9. ^ “溝端淳平が藤沢周平原作の連続ドラマ「立花登青春手控え」で時代劇に初挑戦!”. インターネットTVガイド (東京ニュース通信社). (2016年3月11日). http://www.tvguide.or.jp/news/20160311/06.html 2016年3月19日閲覧。 
  10. ^ “溝端淳平、本格時代劇初主演 ジュノンGPから10年で芽生えた覚悟”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年3月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2068237/full/ 2016年3月10日閲覧。 
  11. ^ “宮崎美子 34年ぶり出演にしみじみ「こういう巡り合わせあるんだ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2016年5月2日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/02/kiji/K20160502012511960.html 2016年5月15日閲覧。 
  12. ^ 溝端淳平Specialインタビュー”. 『藤沢周平「獄医立花登手控え」』特設ページ. 講談社文庫. 2016年7月1日閲覧。
  13. ^ NHK BS時代劇「立花登 青春手控え2」にレギュラー出演!”. NEWS. ソニー・ミュージックアーティスツ (2017年1月5日). 2017年3月6日閲覧。

関連項目[編集]