立花種道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

立花 種道(たちばな たねみち、寛政9年2月9日1797年3月7日) - 安政2年10月2日1855年11月11日))は、筑後三池藩の第6代藩主立花種周の五男。第7代藩主立花種善の弟として宗家に仕える。

謹厳実直な学究肌であり、武芸に秀で馬術は大坪流免許皆伝であった。筆法にも優れ藩内で教える。

安政2年(1855年)の安政の大地震で妻と共に死去した。享年59(満58歳没)。

長男鐘之助は、宗家立花種温の養子となり陸奥下手渡藩最後の藩主立花種恭となる。後に幕閣に入り若年寄から老中格として幕末を迎え、幕府の重鎮を務める。明治維新後は子爵となり、学習院初代院長となった。貴族院議員。

三男嘉元次郎は、親戚筋の上総一宮藩加納久恒の養子となり、一宮藩最後の藩主加納久宜となった。明治維新後は子爵となり鹿児島県知事をはじめ農会、産業組合など各分野で活躍した。のちに貴族院議員となる。第92代内閣総理大臣麻生太郎は玄孫にあたる。