立花鑑任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
立花 鑑任
Tachibana Akitaka.jpg
立花鑑任像(福厳寺蔵)
時代 江戸時代
生誕 天和3年1月7日1683年2月3日
死没 享保6年5月13日1721年6月7日
改名 幼名:大助、勝千代→鑑任、宗政、鑑春、鑑常、宗昌
戒名 霊明院殿常心法鑑大居士
官位 従四位下、飛騨
筑後国柳河藩
氏族 立花氏
父母 父:立花鑑虎、母:本多康長の娘・真光院
正室:池田綱政の娘・春子
勝千代
養子:貞俶

立花 鑑任(たちばな あきたか)は、筑後柳河藩の第4代藩主。

第3代藩主・立花鑑虎の次男。母は膳所藩主家一族本多康長の娘・真光院。正室は池田綱政の娘。(実名)は鑑任のほか、宗政(むねまさ、宗昌とも)、鑑春(あきはる)、鑑常(あきつね)を一時期名乗っていた。幼名は大助、勝千代。

生涯[編集]

天和3年1月7日1683年2月3日)、江戸にて生まれる。長兄が早世していたため、元禄9年(1696年)7月に父が隠居する家督を継いだ。翌年、叔父の立花貞晟に5,000石を分与している。同年、別業御茶屋集景亭が完成する。これは現在の立花邸御花である。元禄16年(1703年)、江戸大地震による普請手伝いを命じられた。その後も朝鮮通信使の警護役、柳河城の修築、石垣普請などで手腕を見せた。

享保6年5月13日1721年6月7日)、柳河にて39歳で死去。嗣子なく末期養子清直(後の貞俶)が跡を継いだ。

偏諱を賜った家臣[編集]

以下は鑑任より一字拝領をうけた家臣。鑑任は先述のとおり諱を宗政、鑑春、鑑常、宗昌と名乗った時期がある。

鑑春時代

参考文献[編集]