立花鑑載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
立花鑑載
時代 戦国時代中期
死没 永禄11年8月14日1568年9月5日
別名 鑑俊、義載
幼名:千亀丸、新十郎、通称:弥十郎、山城守、左近将監、但馬守、法名:了禅
官位 山城守、但馬守、左近将監
主君 大友義鑑義鎮(宗麟)
氏族 日田氏立花氏
父母 父:日田親堅、養父:立花鑑光
親善(一説に戸次親方[1]と同一人物とも)
特記
事項
※名跡継承者: 戸次鑑連(立花道雪)

立花 鑑載(たちばな あきとし)は、戦国時代武将大友氏の家臣。立花氏の第7代当主。筑前立花山城主。

立花氏は大友貞載の子孫の一族であり、大友氏の庶流である。鑑載は、立花宗家の当主立花鑑光(あきみつ)の子、実は日田親賢(親堅)の次男で、養子となったとされる。大友親明の孫。

略歴[編集]

立花鑑光・鑑載[2]の両名は大友義鑑から偏諱(「鑑」の字)を授与されており、この代からの家臣とみられる。

天文19年(1550年)の二階崩れの変の後、子の大友義鎮(宗麟)の代になると永禄年間(1558年1570年)に鑑光(新五郎)が誅殺され、これによって後を継いで立花山城を領することとなった。

しかし、その恨みもあってか、永禄8年(1565年)、鑑載も大友宗麟に対し謀叛を起こしたが、吉弘鑑理に攻められ逃亡。後に宗麟から許され、奴留湯氏と立花山の東西両城を分け与えられている。許された理由は諸説あって定かではない。なお『九州諸家盛衰記』ではこのときに自害したとする異説を載せている。

永禄11年(1568年)に毛利元就の調略を受け、毛利勢の侵攻に呼応して高橋鑑種らと共に再び叛旗を翻した。この際に与力の薦野宗鎮、米多比直知 (ねたび なおとも、大学助)を殺して、(立花山城の西の丸である)白嶽の奴留湯融泉(ぬるゆ ゆうせん)を攻撃したが、取り逃がした。報告を受けた宗麟は激怒し、戸次鑑連吉弘鎮信を攻撃に差し向け、城を攻囲させた。鑑載は安倍民部らと防戦したが敗れた。落城して自決したとも、竃門(かまど )勘解由允に斬られて首だけ豊後に送られたとも、投降したが二度の謀叛を許されずに処刑されたとも云う。

その後[編集]

嗣子の立花親善(ちかよし)は生き延びたものの、このような経緯から宗麟は立花家再興に難色を示し、元亀2年(1571年)、鑑連がその名跡を継ぐことで決着した。ただし正式には立花を名乗る許しはなく、鑑連本人も名乗らなかった。親善については実子とも戸次氏からの養子とも言われている。後者は、片賀瀬戸次氏に戸次親久の子の山城守親善がおり、これと同一人物とするものであるが、系図が判明しておらず不明である[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 片賀瀬戸次氏第三代当主、鶴千代丸、山城守親善、左近紹草、紹花一如(一説に立花鑑載の嗣子・親善と同一人物とも)。子に戸次山城守鎮秀宗傑、戸次鎮保。
  2. ^ 表記は鑑俊とも。
  3. ^ 戸次親方についても片賀瀬戸次氏の当主となっていることから立花氏の継承者となったかは疑問なところである。

参考文献[編集]