立花 (ヘルメット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 立花
TACHIBANA Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
133-0044
東京都江戸川区本一色2-6-10
設立 1966年5月
業種 化学
法人番号 6011701004951
事業内容 二輪乗車用ヘルメット・二輪アクセサリー製造販売
代表者 代表取締役 早見陽孝
資本金 10,000,000円
従業員数 21名
外部リンク http://www.tachibana-helmet.com/
テンプレートを表示

株式会社 立花(たちばな、TACHIBANA Co.,Ltd. )は東京都江戸川区本一色に本社を置く二輪車ヘルメットを製造しているメーカーである。

概要[編集]

1966年に東京都墨田区立花にて「立花自動車用品製作所」を創業。社名は、経営者の名前からではなく、墨田区にある地名から取ったものである。主にFRP製コンソールボックスを中心にフェンダー等を製造していたが、その後二輪車用ヘルメットの製造を開始し、今日に至る。

同社のヘルメットは地方都市の小・中学校で登下校用のスクール用ヘルメットからアメリカンタイプのジェットタイプまで多岐にわたる。特にジェットタイプのモノは、台東区上野に多く店を構える二輪車のカスタムショップで多数扱われており、そのデザインへのこだわりから愛好家が多い。フルフェイスタイプはこれまで製造していなかったが、最近になってから製造を始めている。

ハーフカップタイプのものでも、そのデザインのこだわりの高さで評判を呼んでいる。中でもアメリカのハイウェイパトロールが使用しているデザインのヘルメットを製造しているのは、現時点で国内では同社だけである。そのデザインに対するこだわりの高さで二輪車マニアの心をつかんで成功している会社とも言える。過去に同タイプのヘルメットを製造していた会社としてクノー工業もあったが、その後倒産し、そのまま廃業している。