立雲峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

立雲峡(りつうんきょう)は兵庫県朝来市和田山町にある峡谷。円山川の川霧に覆われた幻想的な風情と雲海の美しさから名付けられたと云われる。

立雲峡から見た竹田城と雲海
立雲峡から望む 竹田城跡(雲海ではない場合)

西の古城山の頂(標高354メートル)に天空の城と呼ばれる竹田城跡(国の史跡)、眼下には山間を縫うように流れる円山川城下町竹田を望む、朝来山(標高756メートル)の中腹に位置する[1]。「おおなる池」、「竜神の滝」をはじめ、無数の奇岩・巨岩・が点在する景勝渓谷である[2]。同時に但馬吉野とも称される山陰随一の山桜の名所で、毎年桜の開花期にあわせて立雲峡桜祭りが開催される。 展望台は三か所あり、いずれの展望台も竹田城跡を望むことができる。一帯は朝来群山県立自然公園に指定されている[3]

所在地[編集]

兵庫県朝来市和田山町竹田

施設[編集]

  • 兵庫県立南但馬自然学校(東側山腹)
  • 駐車場(24時間開放、桜祭りの時期(4月頃)のみ有料 [普通車:300円、バス1000円])
  • トイレ(駐車場脇)
  • 第一展望台(第三展望台から徒歩約50分)、第二展望台(第三展望台から徒歩約20分)、第三展望台(駐車場から徒歩約5分)

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ *立雲峡 朝来市(2018年8月9日閲覧)
  2. ^ 竹田城跡 立雲峡 朝来市(2018年8月9日閲覧)
  3. ^ ひょうごの環境 :: 朝来群山県立自然公園(2018年8月9日閲覧)