竜洋町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
りゅうようちょう
竜洋町
Flag of Ryuyo Shizuoka.JPG Ryuyo Shizuoka chapter.JPG
町旗 町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
磐田市竜洋町福田町
豊田町豊岡村磐田市
現在の自治体 磐田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
磐田郡
団体コード 22483-9
面積 23.62km2
(境界未定部分あり)
総人口 19,756
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 浜松市磐田市豊田町
町の木 マツ
町の花 サルビア
竜洋町役場
所在地 437-1292
静岡県磐田郡竜洋町岡729-1
外部リンク 竜洋町(廃止)
竜洋町の県内位置
合併時点における位置図。緑色部分が竜洋町
 表示 ウィキプロジェクト

竜洋町(りゅうようちょう)は静岡県磐田郡にあった

2005年4月1日に磐田市福田町豊田町豊岡村と合併して磐田市となった。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 長上郡掛塚村豊田郡袖浦村十束村がそれぞれ新設合併。
  • 1896年(明治29年)
    • 4月1日 - 長上郡・豊田郡が磐田郡へ編入。
    • 6月29日 - 掛塚村が町制施行して掛塚町となる。
  • 1955年(昭和30年)
    • 4月1日 - 掛塚町と袖浦村・十束村の1町2村が新設合併し竜洋町発足。
    • 4月15日 - 旧十束村の仁兵衛新田・上本郷・赤池・下本郷が豊田村へ分離。
  • 2005年(平成17年)4月1日- 竜洋町が磐田市等と新設合併したため、50年の歴史に幕を閉じた。

地理[編集]

静岡県遠州中部に位置する

隣接自治体[編集]

教育[編集]

保育園[編集]

  • 竜洋町立北保育園
  • 竜洋町立西保育園
  • 竜洋町立東保育園

幼稚園[編集]

  • 竜洋町立竜洋幼稚園

小学校[編集]

  • 竜洋町立竜洋西小学校
  • 竜洋町立竜洋北小学校
  • 竜洋町立竜洋東小学校

中学校[編集]

  • 竜洋町立竜洋中学校

2005年4月1日、磐田市との合併により磐田市立竜洋中学校に改名

交通[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

一般国道
国道150号
磐南バイパス
掛塚バイパス
一般県道
静岡県道259号磐田竜洋線
静岡県道262号豊田竜洋線
静岡県道316号舞阪竜洋線
静岡県道343号上野部豊田竜洋線
静岡県道376号浜松御前崎自転車道線

その他[編集]

  • 掛塚貴船神社祭礼が有名。古くから伝わる山車には豪華絢爛な彫り物や垂れ幕が使われている。奏でられるお囃子は、無形文化財にも指定されている。
  • ドラゴンサミットに参加している。
  • 竜洋しおさい風力発電所(愛称 :「風竜」)がある。高さはブレードを含めて100mである。また何基か増設の計画がある。
  • 天竜川の河口には、竜洋海洋オートキャンプ場があり、夏にはキャンプをする人で賑わっている。B&G海洋センターが近くにあるので、プール、カヌー、テニス、野球、サッカー等のアウトドアスポーツも出来るし、体育館もあるので、バレーボール、インディアカ等のインドアスポーツも楽しむ事が出来る。また、キャンプ場からは、遠州灘、天竜川も近いので魚釣りも楽しめる。遠州灘では、イシモチ、キス等投げ釣りが盛んだが、テトラポッドに上ってチヌ(黒鯛)釣りのポイントもある。天竜川では、毎年遡上物は減ってきているが、鮎釣りが6月から解禁になる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]