竜王インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竜王インターチェンジ
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 29-2
料金所番号 01-208
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0001.svgJapanese National Route Sign 0008.svg 竜王
起点からの距離 447.2km(東京IC起点)
蒲生SIC (6.0km)
(4.5km) 菩提寺PA
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0477.svg国道477号
供用開始日 1981年8月28日
通行台数 16,646台/日
2015年度(平成27年度))
所在地 520-2552
滋賀県蒲生郡竜王町大字小口1102-4
テンプレートを表示
竜王インターチェンジ料金所。2017年撮影

竜王インターチェンジ(りゅうおうインターチェンジ)は、滋賀県蒲生郡竜王町にある名神高速道路インターチェンジである。

概要[編集]

近江八幡市野洲市湖南市および甲賀市の最寄りインターチェンジの一つでもある。下り方面(西宮方面)の栗東インターチェンジの渋滞解消を目的に設置された。

三井アウトレットパーク滋賀竜王の出店による影響[編集]

2009年1月19日三井不動産株式会社国道477号を隔てた北側に三井アウトレットパーク 滋賀竜王を開業させると発表した。2010年7月8日の開業後は当ICや国道477号の交通量が大幅に増加することが予想され、料金所ブース数の増設工事や、国道477号の竜王IC口交差点や竜王IC南口交差点を中心に右折・左折専用レーンを設けるなどの車線拡幅工事が費用を三井不動産側が負担する形で行われた。

ICの東に竜王町が税収面で大きく依存しているダイハツ工業滋賀工場が所在する。

道路[編集]

歴史[編集]

上り線の出口案内標識

接続道路[編集]

※ただし、出口案内標識では477号は記載されておらず、やや距離のある国道1号国道8号に接続するように書かれている。

料金所[編集]

  • ブース数:8

入口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • ETC・一般兼用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:5
    • ETC専用:1
    • ETC・一般兼用:1
    • 一般:3

周辺[編集]

[編集]

E1 名神高速道路
(29) 八日市IC - 黒丸PA - (29-1) 蒲生スマートIC - (29-2) 竜王IC - 菩提寺PA - (29-3) 栗東湖南IC - (30) 栗東IC

関連項目[編集]