竜田村 (福島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
竜田村
廃止日 1956年9月1日
廃止理由 新設合併
竜田村木戸村楢葉町
現在の自治体 楢葉町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
双葉郡
総人口 5,930
(1956年8月31日)
隣接自治体 双葉郡富岡町木戸村川内村
竜田村役場
所在地 福島県双葉郡竜田村井出字木屋108
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

竜田村(たつたむら)は、昭和31年(1956年)まで福島県双葉郡の東南部に存在していた村。現在の双葉郡楢葉町北部にあたる。

地理[編集]

  • 山:郭公山(448m)
  • 河川:木戸川

沿革[編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、北田村・大谷村・井出村・上繁岡村・下繁岡村・波倉村の計6か村が合併して楢葉郡竜田村が発足。村名は井出村にある竜田神社に由来する。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 楢葉郡と標葉郡が合併して双葉郡が発足。双葉郡竜田村となる。
  • 昭和31年(1956年)9月1日 - 木戸村と合併し、楢葉町となる。

行政[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 平松憲貞 明治22年(1889年)8月26日 明治23年(1890年)3月14日
2 草野幾右衛門 明治23年(1890年)5月24日 明治24年(1891年)1月28日
3 猪狩榮吉 明治24年(1891年)2月2日 明治25年(1892年)3月25日
4 山内金作 明治25年(1892年)5月5日 明治26年(1893年)11月11日
5 坂本傳七 明治27年(1894年)3月24日 明治27年(1894年)9月18日
6 橋本英馬 明治27年(1894年)12月14日 明治29年(1896年)2月17日
7 草野幾右衛門 明治29年(1896年)4月29日 明治35年(1902年)11月3日 再任
8 橋本萬助 明治35年(1902年)11月22日 明治37年(1904年)3月30日
9 久保田常助 明治37年(1904年)5月7日 明治38年(1905年)8月17日
10 山内金作 明治38年(1905年)11月24日 明治40年(1907年)8月20日 再任
11 新妻保之助 明治40年(1907年)9月16日 大正2年(1913年)12月23日
12 草野幾右衛門 大正3年(1914年)1月16日 大正5年(1916年)1月10日 三任
13 小松幹夫 大正5年(1916年)3月9日 大正7年(1918年)2月28日
14 大和田庄吉 大正7年(1918年)7月24日 大正8年(1919年)5月
15 草野長喜 大正8年(1919年)12月21日 大正9年(1920年)7月
16 小松幹夫 大正9年(1920年)7月 大正11年(1922年)12月5日 再任
17 山内左内 大正11年(1922年)12月25日 大正12年(1923年)6月17日
18 青木郁也 大正13年(1924年)1月13日 昭和3年(1928年)1月
19 松本与吉 昭和3年(1928年)1月 昭和3年(1928年)3月
20 新妻保之助 昭和3年(1928年)3月 昭和6年(1931年)3月 再任
21 山内元吉 昭和6年(1931年)3月23日 昭和7年(1932年)3月
22 久保田清 昭和7年(1932年)4月1日 昭和11年(1936年)4月
23 新妻堅吉 昭和11年(1936年)4月25日 昭和19年(1944年)4月
24 小松亀太郎 昭和19年(1944年)4月 昭和20年(1945年)9月
25 渡辺達弥 昭和20年(1945年)11月 昭和26年(1946年)4月
26 猪狩秀玄 昭和26年(1951年)4月30日 昭和31年(1956年)8月31日

教育[編集]

  • 竜田村立竜田小学校
    • 竜田村立竜田小学校乙次郎分校
    • 竜田村立竜田小学校所布分校
  • 竜田村立竜田中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

参考文献[編集]

  • 『楢葉町史』第一巻 通史下(福島県双葉郡楢葉町、1995)

関連項目[編集]