竜香のあぶない8時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
竜香のあぶない8時
放送方式 生放送
放送期間 2001年10月 - 2020年12月28日
放送時間 毎週月曜 20:00 - 21:00
放送局 北陸放送
パーソナリティ 月竜香
大平まさひこ
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

竜香のあぶない8時(りゅうかのあぶないはちじ)は、2001年10月から2020年12月まで北陸放送で放送をされていたラジオ番組

概要[編集]

  • 『竜香におまかせIt's on me!』以来の竜香の月曜夜の番組である。
  • 竜香が相方のアナウンサーとフリートークを繰り広げる。
  • 毎週プレゼント(最近はほぼ毎週、米永グループ提供の紫水晶)が1名に当たる。希望の方は20時10分過ぎにアナウンサーの合図で始まる電話受付に掛ける。その際に氏名・電話番号とともに、毎週番組冒頭にアナウンサーより(受付電話番号とともに)発表をされる番組スポンサー名を絡めた長い合言葉を伝える必要がある。先着30名に達した時点で締切の旨が放送中に発表をされる。20時50分頃よりその30名からアナウンサーがクジで引いた方の元へ電話が掛かる。掛かって来た際は改めて電話で合言葉を伝え、スタジオの竜香との会話を経て、後日プレゼントが発送をされる。
  • 2018年10月頃より数か月間、当番組が山陽放送のラジオ番組『リンだとRiN太の土曜番長』で話題となり、お互いのPRや交流もあった。その一例として、同番組担当の小松千絵アナが同年12月10日に、同じく国司憲一郎アナが翌週17日に、それぞれ電話出演をした。
  • 2020年4月20日から6月29日放送分まで日本政府による新型コロナウイルスへの感染拡大に伴う緊急事態宣言によりしばらくの期間、竜香は所在地の名古屋の自宅から電話出演することになった。7月6日放送分からスタジオ復帰も感染者が増え始めた8月10日から8月24日放送分放送分まで電話出演に切り替えた。竜香がリモート出演週に限り番組中盤でMROラジオ第一スタジオから大平が一人でギターで語り引きする放送内容になることが多くなった。

番組の終焉[編集]

  • 2020年12月7日のエンディングにて2020年12月28日放送分を以って19年3ヶ月の歴史に終止符を打つことを発表した。竜香は番組終了について「番組が20年近くなってここで一旦区切りをつけることとなった。決して番組を降ろされた訳ではない」と語った。
  • 同番組終了を以って北陸放送の夜間に放送されていた自社制作生ワイド番組は全廃することとなった。

放送時間[編集]

  • 毎週月曜 20:00 - 21:00

年末年始の扱い[編集]

  • 輝く!日本レコード大賞が12月30日に変更になった2006年以降大晦日が最終月曜日になった場合でも通常放送を行う[1]
  • 逆に12月30日が最終月曜日になった場合は輝く!日本レコード大賞のラジオ中継を行うため休止となる[2]
  • 正月三が日が月曜日に該当の年は放送時間を拡大して放送するが、生放送は行わず事前収録となる[3][4]

出演者[編集]

竜香・大平以外の全員は担当当時の同局アナウンサー。

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 近年では2018年が該当
  2. ^ 近年では2019年が該当
  3. ^ 近年では2018年が該当
  4. ^ 竜香が出演している午後の『人生相談』が1日は新春特別生ワイド番組、2-3日は東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継(文化放送制作)で全面休止になることへの措置
  5. ^ 笹原と喧嘩をし、1度だけ欠席し、隣の控室で待機をした日があった。
  6. ^ 2019年12月2日・12月16日・2020年2月17日は別件で欠席の為、2019年12月2日は入江美寿々・2019年12月16日・2020年2月17日は牛田和希がそれぞれ代打登板。入江は2019年11月18日に事前研修を兼ねて飛び入り出演。
  7. ^ 降板後も前原の代打で2015年4月27日、2015年7月27日に登板。また2018年9月3日、2019年1月7日に飛び入り出演。
  8. ^ 報道部へ異動の為、降板。担当期間は歴代で最長、2020年12月28日の最終回では退社の挨拶を兼ねて登場し提供読みも行った。
  9. ^ 就任以前にも、2018年1月1日のお正月2時間スペシャルに出演。担当最終日に降板挨拶が無いままの自然降板だった。
  10. ^ 就任以前にも、2018年1月1日のお正月2時間スペシャルに出演。また坐間の代打で2018年7月30日、2018年10月8日に登板。担当初日に就任挨拶が無いままの就任だったが、最終日は降板の挨拶をしている。担当期間は歴代で最短。