童夢・RC-83

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

童夢・RC-83は、1983年全日本耐久選手権(後のJSPC)、富士ロングディスタンスシリーズ(富士LD)、および1984年のル・マン24時間レース参戦用に童夢が開発したグループCカー。

なおトムス・83Cは同型の姉妹車(トヨタエンジンを搭載し、フロント・リアのカウルのデザインが異なる)で、本稿ではトムス・83Cについても記述する。

概要[編集]

童夢初のCカーである前作トムス童夢・セリカC[注釈 1]は、市販車であるセリカのイメージを強く残すことを要望され製作されたが、童夢・RC-83はそういった縛りもなく製作されたグラウンド・エフェクトを積極利用した本格的Cカーである。エンジンはV型8気筒3.9L フォード・DFL(トムス・83Cはトヨタ・4T-G)。

デビュー戦は、1983年の富士1000km(31周でリタイヤ)。2戦目の鈴鹿1000kmでは、予選を3位で通過したが決勝はトップから5周遅れ(4位入賞)となった。WEC-JAPANでは、予選を10位で通過したが決勝での周回数は148周で、規定周回数に達せず完走とは認められなかった。その後の富士500マイルレースでは7位完走した。 翌1984年の鈴鹿500kmでは、改良を加えた童夢・RC-83iとして出走し、予選では5位であったが決勝は棄権した。ル・マン24時間では、予選でDFL搭載車が最速タイムをマークした直後に大クラッシュし、ほぼ原型を留めないほどマシンは大破[注釈 2]し決勝出走を断念した。クラッシュが多く安定した成績を残せなかった。

姉妹車のトムス・83C/トヨタも、同じく1983年の富士1000kmでデビュー[注釈 3]した。2戦目の鈴鹿1000kmではトップのポルシェ・956から3周遅れながら2位入賞した。WEC-JAPANではチームイクザワにもデリバリーされるが、練習中にエンジンのオーバーヒートで炎上し、出走を断念した。トムス車は、決勝レース中に2度もフロントカウルが破損し、スペアのフロントカウルがなくそのままリタイヤかと思われたが、童夢・RC-83のフロントカウルを借りてレースに復帰できた。しかし、197周め走行中にストレートでクラッシュし9位完走扱い[注釈 4]になった。その1ヵ月半後の富士500マイルレースでは、マシンを修復して参戦し、2位に入賞した。 1984年の鈴鹿500kmでは、中嶋悟の手によりポールポジションを獲得している[注釈 5]

次期型の84Cからは、童夢車もトヨタエンジンを使うようになり、また童夢車、トムス車も外観の相違点がなくなり、完全な同型車となる。

注釈[編集]

  1. ^ RC-83の前に童夢・RC-82が存在するが、RC-82は英国マーチ・グランプリ製で、童夢製ではない。
  2. ^ ただしドライバーは軽傷で済んだ。
  3. ^ 98周でリタイヤ。
  4. ^ 227周のレースはトップのロスマンズポルシェ・956が225周回したところで赤旗終了となり、規定周回数をクリアできた。クラッシュで車両は大破したが、ドライバーの松本恵二は軽傷だった
  5. ^ 18周でリタイヤ。

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]