竪山将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竪山 将
基本情報
ラテン文字 Sho Tateyama
日本の旗 日本
出生地 日本の旗鹿児島県
生年月日 (1993-07-12) 1993年7月12日(26歳)
身長 160cm
選手情報
階級 男子66kg級
所属 鹿屋体育大学
 
獲得メダル
日本の旗 日本
柔道
グランドスラム
2016 チュメニ 66kg級
世界ジュニア
2011 ケープタウン 66kg級
2013 リュブリャナ 66kg級
世界ジュニア団体
2013 リュブリャナ 66kg級
テンプレートを表示

竪山 将(たてやま しょう、1993年7月12日 - )は、日本柔道選手。鹿児島県出身。階級は60㎏級と66kg級。身長160cm。霧島市立舞鶴中学校鹿児島情報高等学校鹿屋体育大学卒業。得意技は背負投。現在はパーク24に所属[1]。3兄弟の末っ子で兄と姉も柔道界では一定の活躍をしている。さらに、2015年の世界ジュニア70kg級で2位になった青柳麗美はいとこにあたる[2]

人物[編集]

柔道は5歳の時に隼人柔道スポーツ少年団で始めた[1]霧島市立舞鶴中学校3年の時に全国中学校柔道大会66㎏級で3位となった。その後は鹿児島情報高等学校に進学、3年になり出場したインターハイでは3位だったものの、全日本ジュニアでは優勝した[3]。そして世界ジュニアでも優勝を果たした[4]。 2012年には鹿屋体育大学に入学すると、ロシアジュニア国際、ドイツジュニア国際、アジアジュニアで優勝を飾った[5] 2013年には全日本ジュニアで2年ぶり2度目の優勝を飾ったが、世界ジュニア決勝では、明治大学橋口祐葵に敗れて2連覇はならなかった。団体戦では3位だったが、準々決勝のオランダ戦で初めて外国選手に敗れた[6][7]。2014年にはグランプリ・ウランバートルで3位になると、グランプリ・チェジュでは決勝でアン・バウルを破って優勝を飾った。2015年のユニバーシアード個人戦では3回戦で地元のアンに敗れるなどして5位にとどまったが、団体戦では決勝の韓国戦でアンに勝利してチームの優勝に貢献した[8]講道館杯では優勝を飾った[9]。2016年にはグランドスラム・チュメニの準決勝で日本体育大学1年の阿部一二三に技ありで敗れるも3位になった[10]。その後階級を60㎏級に変更すると、2018年8月の実業個人選手権では決勝で同僚の青木大に技ありで敗れて2位だった[11]。11月の講道館杯では3位となった[12]。2019年のアジアオープン・台北では決勝で旭化成大島優磨を反則勝ちで破って優勝した[13]

戦績[編集]

66㎏級での戦績

60㎏級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

[ヘルプ]