端島 (山口県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
端島
Ccg-81-4 c24 2-hashima.JPG
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
座標 北緯34度2分11.2秒
東経132度23分1.5秒
座標: 北緯34度2分11.2秒 東経132度23分1.5秒
面積 0.67 km²
海岸線長 6.3 km
最高標高 128 m
所在海域 瀬戸内海
所属国・地域

日本の旗 日本
山口県岩国市

端島 (山口県)の位置(山口県内)
端島 (山口県)
テンプレートを表示

端島(はしま)は、瀬戸内海西部にある柱島群島の島。山口県岩国市に属する。

地理・地勢[編集]

岩国港(新港)の南東約22kmにあり、全島が瀬戸内海国立公園に指定されている。最高峰は島南部にある標高128mの見壁山(むかべやま)である。

2018年(平成30年)4月現在、生活の中心を島内に置く人は20人程度[1]で、中央の平坦地に集落が形成されている。


産業[編集]

漁業が産業の中心であり、水揚げの中心はメバル、アジである。 かつては真珠、ハマチなどの養殖も行われていたが、現在は行われていない。


交通[編集]

岩国柱島海運株式会社が、岩国港 - 黒島 - 端島 - 柱島間で、定期船「すいせい」を1日3~4往復運航している。 ちなみに1往復は端島に寄港しない、岩国港~柱島直行便である。

かつては岩国港から「海上タクシーきりしま」が運航した時期があったが、2018年(平成30年)現在は運航されていない。


行政・教育[編集]

端島は玖珂郡麻里布村の一部であったが、1928年(昭和3年)に町制が施行され、1940年(昭和15年)に麻里布町ほか4町村の合併により、岩国市となった。

岩国市立端島小学校・端島中学校があるが、中学校は1990年(平成2年)に休校している。

小学校は1988年(昭和63年)から2000年(平成12年)まで児童がいなかったため休校となっていたが、2000年(平成12年)、2名の新一年生の入学によって再開された。

2007年(平成19年)4月の段階では1名の児童が多くの人達に支えられて登校していたが、2010年(平成22年)3月に卒業、端島小学校は再び休校となった。


郷土料理[編集]

  • さつまみそ - 焼魚の白身と味噌をすりつぶしたもの。


脚注[編集]

  1. ^ 住民基本台帳による。