端平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

端平(たんぺい)は、中国南宋理宗の治世に使用された元号。1234年 - 1236年。このころから始まった理宗の親政・政治改革を「端平更化」という。

  • 紹定6年11月6日:翌年より踰年改元の詔が下る。
  • 端平元年正月:モンゴル軍と南宋軍の挟撃によって蔡州(河南省汝南県)に拠るが滅亡する。
  • 3年12月19日:翌年より「嘉熙」と踰年改元の詔が下る。

西暦・干支との対照表[編集]

端平 元年 2年 3年
西暦 1234年 1235年 1236年
干支 甲午 乙未 丙申
天興3 - -

他の王朝[編集]

関連項目[編集]


前の元号:
紹定
中国の元号
南宋
次の元号:
嘉熙
元号

北宋:建隆  乾徳  開宝  太平興国  雍熙  端拱  淳化  至道  咸平  景徳  大中祥符  天禧  乾興  天聖  明道  景祐  宝元  康定  慶暦  皇祐  至和  嘉祐  治平  熙寧  元豊  元祐  紹聖  元符  建中靖国  崇寧  大観  政和  重和  宣和  靖康
南宋:建炎 
紹興  隆興  乾道  淳熙  紹熙  慶元  嘉泰  開禧  嘉定  宝慶  紹定  端平  嘉熙  淳祐  宝祐  開慶  景定  咸淳  徳祐  景炎  祥興
中国の元号一覧:(漢•新 
魏晋南北朝時代(高昌)  隋  唐(渤海  南詔  大理)  五代十国時代  宋(遼  西夏  金)  元  明  清)