竹の塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 足立区 > 竹の塚
竹の塚
イトーヨーカドー竹ノ塚店周辺の風景(2006年5月13日撮影)
イトーヨーカドー竹ノ塚店周辺の風景(2006年5月13日撮影)
竹の塚の位置(東京23区内)
竹の塚
竹の塚
竹の塚の位置
北緯35度47分34.38秒 東経139度47分39.9秒 / 北緯35.7928833度 東経139.794417度 / 35.7928833; 139.794417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 18,820人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
121-0813[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

竹の塚(たけのつか)は、東京都足立区北部の町名及び地区名(読みは「たけのか」とも)。地名は足立郡の旧村名に基づく。東武伊勢崎線の駅名は「竹ノ塚」であるが、町名は平仮名の「の」を用い、「竹の塚」「西竹の塚」と表記する。

郵便番号は、121-0813[2]である。

地域[編集]

竹ノ塚駅周辺には、公団住宅都営住宅が多数立ち並ぶ。また、竹ノ塚駅は足立区北部や、隣接する埼玉県草加市川口市八潮市にまたがる広範な通勤圏を擁しており、その中心地として発達した地域でもある。そのため、区内の通勤圏に属する花畑保木間・伊興・古千谷も、まとめて「竹ノ塚」と呼ぶ場合が多いようである。

駅ビルの商業施設や東口の商店も充実している。補助255号線沿いには、ドン・キホーテ(旧富士銀行跡地)を始めとする多くのフランチャイズ店舗が立ち並び、終日人通りや通りが絶えない。スポーツ環境に恵まれており、3ヶ所の野球場、バッティングセンター、足立区総合スポーツセンターといった施設が設けられている。

町名は竹の塚一丁目から七丁目までがあり、他に東武伊勢崎線の西側には西竹の塚一・二丁目がある。隣接する地域は、北は西保木間、東は保木間、南は六月、西は西竹の塚および西伊興

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、竹の塚1丁目15番4の地点で36万6000円/m2となっている[4]

由来[編集]

当地域は、かつての武蔵国足立郡竹塚村(たけのづかむら)である。沿線の白幡塚史跡公園(東伊興3丁目)をはじめとして、一帯に無数の古墳(塚)が存在し、それに竹が自生していたという。その様子から、この地域が「竹塚(たけのづか)」と呼ばれるようになった。1889年(明治22年)の市制町村制施行後は東京府南足立郡淵江村のうちとなり、1932年(昭和7年)、東京市足立区の成立に伴い、足立区竹塚町となった。

なお、1966年(昭和41年)に住居表示が現行の「竹の塚」に改められた際、公式な読みも「塚」を清音とした「たけのつか」に変更された。

SMAP×SMAP」(関西テレビフジテレビ)で複数回放送されたコント「竹の塚歌劇団」(宝塚歌劇団のパロディ)で、"ヅカはヅカでも竹の塚"の意味合いで使用される「たけのづか」の呼称は誤りではないが、現行の呼称ではないことに留意する必要がある。

イルミネーション[編集]

光の祭典2008(元渕江公園)

近年では「光の祭典」と題し、毎年12月初め頃から12月25日クリスマスまでの期間、元渕公園および竹ノ塚駅から元渕江公園までの街路樹がLEDイルミネーションで装飾される。

元渕江公園では、イルミネーションを施した20m超の自然木8本が並ぶ国内でも珍しい光景が見られ、8本ツリーと呼ばれ親しまれている。また、8本ツリーは定時的にライティングショーが行われている。

竹ノ塚駅から元渕江公園までの街路樹のイルミネーション並木は、都内最大級の長さを誇り「光のケヤキ並木」と呼ばれる。

その他にも点灯式の日には、地元による模擬店や足立区の友好都市による物産展が行われている。また、同時にステージショーが、行われている。

都内では穴場の無料のイルミネーションスポットともなっている。2019年(平成30年)に、第6回イルミネーションアワードで特別賞 企画賞を受賞している。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
竹の塚一丁目 2,297世帯 4,163人
竹の塚二丁目 1,291世帯 2,597人
竹の塚三丁目 1,818世帯 3,399人
竹の塚四丁目 906世帯 1,581人
竹の塚五丁目 1,289世帯 2,487人
竹の塚六丁目 1,649世帯 2,815人
竹の塚七丁目 1,013世帯 1,778人
10,263世帯 18,820人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
竹の塚一丁目 全域 足立区立竹の塚小学校 足立区立第十四中学校
竹の塚二丁目 全域 足立区立保木間小学校 足立区立六月中学校
竹の塚三丁目 全域
竹の塚四丁目 全域 足立区立渕江小学校 足立区立渕江中学校
竹の塚五丁目 1〜17番
その他 足立区立竹の塚中学校
竹の塚六丁目 17番以降
その他 足立区立竹の塚小学校 足立区立第十四中学校
竹の塚七丁目 全域 足立区立西保木間小学校 足立区立竹の塚中学校

交通[編集]

鉄道

道路

施設[編集]

  • 竹の塚区民事務所
  • 竹の塚センター / 竹の塚図書館
  • 足立北郵便局
  • 区立竹の塚小学校
  • 区立保木間小学校

史跡[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。
  8. ^ 街と暮らし社編(2003年)80頁。

参考文献[編集]

  • 街と暮らし社編 『江戸・東京 歴史の散歩道6』 街と暮らし社、2003年、80頁。