竹ヶ島 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
竹ヶ島
座標 北緯32度59分7.6秒 東経131度58分55.7秒 / 北緯32.985444度 東経131.982139度 / 32.985444; 131.982139座標: 北緯32度59分7.6秒 東経131度58分55.7秒 / 北緯32.985444度 東経131.982139度 / 32.985444; 131.982139
面積 0.002 km²
最高標高 33 m
所属諸島 豊後諸島
所属国・地域 日本の旗 日本大分県佐伯市
地図
竹ヶ島 (大分県)の位置(大分県内)
竹ヶ島 (大分県)
テンプレートを表示

竹ヶ島(たけがしま)は、大分県佐伯市にある無人島である。

大入島東部の荒網代港から東に約4kmの佐伯湾内に位置する。面積0.002km2、標高33m。全島が豊後水道県立自然公園に含まれる[1][2]

砂岩からなる島で、島の頂上付近にはが多く、これが島名の由来にもなっている。頂上は2つに分かれており、竹ヶ島灯台が建つ。島の周辺の海域には瀬が多く、潮流も早いため、メバル等が集まる好漁場となっており、釣りにも適している[1][2]

1929年(昭和4年)には大入島村鶴見町(現在はともに佐伯市の一部)との間で帰属争いが起き、大入島村が測量して帰属を定めた[1][2]

交通[編集]

JR九州日豊本線佐伯港から船で30分[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』第2版、2004年7月、財団法人日本離島センター、ISBN 4931230229 p.696
  2. ^ a b c 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月
  3. ^ 狩生・彦島 iナビおおいた