竹上千咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹上千咲 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 竹上千咲
国籍 日本の旗 日本
種目 中距離走/長距離走
所属 ダイハツ工業
生年月日 (1992-03-29) 1992年3月29日(27歳)
生誕地 京都府南丹市八木町
自己ベスト
1500m 4分24秒42
3000m 9分26秒79
5000m 15分48秒12
10000m 34分14秒27
マラソン 1時間13分46秒(ハーフ)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

竹上 千咲(たけがみ ちさき、1992年3月29日 - )は、日本陸上競技選手。専門は中距離長距離種目。ダイハツ工業所属。

経歴・人物[編集]

京都府南丹市八木町出身。南丹市立新庄小学校の時に出場した駅伝大会がきっかけで陸上競技を始める。それまでは走ることが好きではなく、小学校のマラソン大会も嫌いで、練習では友達と話しながら後ろを走っていた。小学校5年生の時に駅伝メンバーに選ばれ、毎日放課後に練習する中で陸上の魅力に引き込まれていった。その後、南丹市立八木中学校で陸上部に入り、800メートルを専門としていた[1]京都府立桂高等学校でも陸上を継続。高校1年から全国都道府県対抗女子駅伝競走の京都チームの強化選手に名を連ね、3年で初の代表入り。第28回全国都道府県対抗女子駅伝の代表に「選ばれた時はとにかく驚いた。ずっと入りたいと思っていた」と笑顔を見せた[2]。そして高校の先輩である森唯我西原加純のいる佛教大学へ進学。文学部中国学科に入学し、陸上競技部に所属。2011年9月24日に兵庫県神戸しあわせの村で開催された第21回関西学生対校女子駅伝競争大会では5区で区間賞をとり、チームも優勝[3]2012年10月28日の第30回全日本大学女子駅伝対校選手権大会5区で区間賞をとり、チームの準優勝に貢献。キヤノンアスリートクラブ九州に入り、2015年11月8日の第31回FUKUIスーパーレディス駅伝2015では6区を任され、チームの3位入賞に貢献[4]。2017年2月末にキヤノンアスリートクラブ九州を退部し、4月にダイハツ工業に入社。所属は管理本部人材開発室。

自己ベスト[編集]

趣味・特技[編集]

バドミントン水泳のほか、ピアノも得意。高校生の時は時間を見つけてピアノを弾いていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小学生で出会った陸上競技”. 京都府南丹教育局. 2019年4月28日閲覧。
  2. ^ 京都チームの顔ぶれ(1)”. 京都新聞 (2010年1月13日). 2019年4月28日閲覧。
  3. ^ 【速報】陸上女子 関西学生対校女子駅伝 優勝!!”. 佛教大学. 2011年9月25日閲覧。
  4. ^ 第31回 スーパーレディス駅伝競走大会2015”. キヤノンアスリートクラブ九州. 2019年4月28日閲覧。

関連項目[編集]