竹中木版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
竹中木版
本社所在地 日本の旗 日本
600-8471
京都府京都市下京区綾小路通西洞院東入る新釜座町737
設立 1891年1月1日
業種 印刷業
事業内容 木版印刷
代表者 当主 竹中清八
主要子会社 有限会社竹笹堂
関係する人物 竹中健司 原田裕子
外部リンク http://www.takezasa.co.jp/
テンプレートを表示

竹中木版(たけなかもくはん)は、1891年明治24年創業京都府京都市にある木版印刷工房。現当主は四代目摺師竹中清八

概要[編集]

1891年に京都市中京区に創業した木版印刷職人工房。創業当時より代々「摺り」の工程を専門とし、その技術は六代目まで継承されている。現在は下京区に移転し、本来木版印刷は分業であるが、竹中木版専属の絵師や彫師、摺師が揃って在籍しており、京版画や伝統木版画など、一貫した木版画制作を可能にしている。 また、長年の技の研鑽と研究により、神社仏閣や美術館などに眠る古い版木の復刻・修復、木版業界を目指す後進育成など、木版印刷の技術保存・発展に寄与している。

1999年には木版印刷の振興・流布を目的として、木版印刷プロモーション会社「竹笹堂」を設立。独自の商品開発や、アーティストとのコラボレーション、木版画教室などを行い、木版業界の新たな需要創設に尽力する。

2011年に創立120周年を記念して回顧展を開催し、貴重な木版画や制作物、工房内を再現したブースなど、様々な展示に多数の来場者で賑わった。

主な職人[編集]

他、摺師・彫師多数所属

主な作品・制作物[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 内藤恭子著『紙と暮らす京の一年』宝島社、2014年 ISBN 4800231671
  • 竹中健司著『京都・竹笹堂のはじめての木版画』光村推古書院、2011年 ISBN 4838104502