竹中重門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
竹中重門
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正元年(1573年
死没 寛永8年閏10月9日1631年12月2日
改名 吉助(幼名)→重門
官位 従五位下丹後守
主君 豊臣秀吉豊臣秀頼徳川家康徳川秀忠
氏族 竹中氏陣屋#竹中氏
父母 父:竹中重治、母:得月院(安藤守就女)
正室:加藤光泰
重常、重次[1]、重利[2]
小堀正十室[3]、毛利広豊[4]室、朽木智綱室。
テンプレートを表示

竹中 重門(たけなか しげかど)は、安土桃山時代から江戸時代武将。戦国期の軍師として知られる竹中重治(竹中半兵衛)の嫡子

生涯[編集]

関ヶ原の戦いの黒田長政・竹中重門陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)

天正元年(1573年)、誕生。

父・重治の死後、従叔父(父の従弟)の竹中重利の後見を受けて、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕える。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い、天正18年(1590年)の小田原征伐などに従軍する。天正16年(1588年)に従五位下丹後守、翌天正17年(1589年)には美濃国不破郡に5,000石を授けられた。文禄の役では名護屋城に駐屯し、慶長の役では軍目付として朝鮮へ渡海した。戦後、戦功によって河内国内に1,000石を加増される。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、当初西軍に属して犬山城主・石川貞清を援助するが、井伊直政の仲介によって東軍に鞍替えする。そして他の主たる東軍の武将同様、みずからの居城である菩提山城徳川家康に提供している。本戦では、幼なじみでもある黒田長政軍に合力して激戦地で奮戦した。

9月16日、徳川家康近江に向けて出発するにあたり、重門に米千石を与えて、領地に迷惑を及ぼしたことを謝するとともに、戦場の死体を収拾して首塚を造ることや、損害を受けた社寺の修復を命じている[5]。さらに戦後まもない9月19日10月25日)、伊吹山で西軍の武将・小西行長を捕縛するなどの功を挙げ、家康から直筆の感状を受けた。

また、幕府旗本交替寄合席)として美濃岩出山を安堵され代々継承した。当初6千石であったが、孫の竹中重高が相続し交代寄合となる際、弟の重之に1千石を分知し5千石となった。庶子の重次は長政との縁により、福岡藩黒田家に重臣として仕えた。

戦後は竹中氏陣屋に拠点を移し、二条城の普請や大坂の陣にも参加したが、寛永8年(1631年)に江戸にて死去する。享年59。墓所は東京都港区泉岳寺


備考[編集]

  • 林羅山に師事して文筆にも優れていた。死の間際の寛永8年(1631年)には、豊臣秀吉の伝記『豊鑑』を著した。
  • 竹中氏は1万石未満の旗本でありながらも、交代寄合として大名と同じく参勤交代を許されている。
  • 『しぐれ記』『木曽記』という旅行記を2冊著している。

著作[編集]

  • 「豊鑑」
    • 群書類従 第13巻(経済雑誌社, 1893)
    • 群書類従 第16巻 内外書籍株式会社 編(内外書籍, 1937)
  • 日本文学大系第13巻(国民図書, 1926)

以上「近代デジタルライブラリー」で閲覧可

現代語訳「豊鑑」

  • 「しぐれ記」「木曽記」
    • 美濃国岩手竹中丹州旅行記(岐阜県古文書研究会発行)
    • 早稲田大学図書館古典籍総合データベース

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 庶子。筑前国福岡藩士
  2. ^ 旗本
  3. ^ 小堀正行の嫡男
  4. ^ 毛利広義の子。尾張藩徳川家家臣
  5. ^ 二木謙一『関ケ原合戦―戦国のいちばん長い日―』(中央公論社、1982年)200頁

関連項目[編集]