竹俣清綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹俣 清綱(たけのまた きよつな、生没年不詳)は、戦国時代武将上杉氏の家臣。竹俣清忠の子。竹俣清秀、竹俣為綱の父。

竹俣氏揚北衆佐々木党のひとつ、加地氏の庶流。

はじめ越後守護代長尾為景に対し、本庄時長色部昌長らとともに上杉房能敗死後も対立を続けた。これに対して同じ揚北衆である中条氏・築地氏らは為景に属して、色部氏らを攻撃、乱はたちまちのうちに平定された。降伏し為景に誓書を出すなどして、以降はつとめて為景と事は構えなかった。

その後上杉謙信に仕え、七手組大将の一人として、柿崎景家新発田長敦加地春綱本庄繁長色部勝長中条藤資らと並び称された武将であった。