竹内不忘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹内 不忘(たけうち ふぼう、1909年8月26日 - 2011年6月29日)は、日本彫刻家。本名は竹内 延吉(たけうち のぶよし)。

略歴[編集]

長野県小県郡和村(現東御市)出身。川端画学校に学ぶ。1931年日本美術協会に出品し銅賞。1935年第1回東邦彫朔院賞、1937年文展に『山』を出品、1938年第3回東邦彫朔院恩賜賞受賞。その後も出展を続け、1965年日展審査員、1966年日展会員。

1979年紺綬褒章受章。1990年池袋西口公園に『平和の像』を建立している。故郷である東御市には東御市立和小学校の『太陽の子』、東御中央公園の『雷電像』などがある。

2011年、心不全のため東京都豊島区の自宅で死去。101歳没。

出典[編集]