竹内友治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
竹内友治郎

竹内 友治郎(たけうち ともじろう、明治5年10月2日[1]1872年11月2日) - 昭和11年(1936年11月10日)は、日本の逓信官僚農商務次官衆議院議員立憲政友会)。

経歴[編集]

山梨県巨摩郡百田村(現在の南アルプス市)出身。東京法学院(現在の中央大学)卒業[2]。逓信省に入省後、高等文官試験に合格。日露戦争時に金沢郵便局長を務めていたが、当時逓信次官であった田健治郎に見出され、独立第13師団樺太出征軍)郵便部長に抜擢された[3]。その後、樺太庁第二部長、東京逓信局長、朝鮮総督府逓信局長を歴任した。

田健治郎が台湾総督に就任すると、台湾総督府警務局長に引き立てられ、1923年に田が第2次山本内閣の農商務大臣に就任すると、その下で次官となった[4]

1924年第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、4回当選を重ねた。田中義一内閣では陸軍政務次官を務めた。

著書に『議会制新論』『東眼西視録』がある[5]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、17頁。
  2. ^ 『代議士月旦』p.233
  3. ^ 『新代議士名鑑』p.96
  4. ^ 『代議士詳覧』p.220-221
  5. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 広幡明男 『大正十三年五月当選 代議士詳覧』 泰山堂、1924年
  • 加藤紫泉 『新代議士名鑑』 国民教育会、1924年
  • 大石末吉 『普選の勝者 代議士月旦』 東京平和新報社出版部、1928年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和七年五月』 衆議院事務局1932年