竹内畝流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹内畝流
発生国 日本の旗 日本
源流 竹内流
  

竹内畝流(たけのうちうねりゅう)とは、竹内流開祖・竹内久盛の長男である竹内久治が開いた武術流派(竹内流第2代・竹内久勝を開祖とする伝承もあり)。竹内新流とも呼ばれる

歴史[編集]

剣術で達人を輩出したが、捕手(柔術)の内容は、竹内流よりも力に頼る要素が多い流派だったと伝えられている。明治時代の柔術の強豪であった今井行太郎は、この流派の出身である。

師範家が後継者不在で道場を閉鎖したことにより、竹内畝流は消滅した。

竹内畝流から派生した流派[編集]

以下に竹内畝流から派生した流派の一覧を示す。

派生した流派
  • 竹内一刀流(たけうちいっとうりゅう) - 江戸時代後期、加賀藩で伝承されていた剣術を中心とした日本武術の流派。岩山一刀流ともいわれる。開祖は岩山権兵衛政行。