竹内良三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹内 良三郎(たけうち りょうざぶろう、1891年明治24年)11月24日 - 1984年昭和59年)11月1日)は、松商学園短期大学第3代学長[1][2]法学者経済学者として長く大学教員の職にあったが、「学究というよりは行政官として活躍」したと評されている[1]

経歴[編集]

長野県松本市生まれ[1]第四高等学校から、東京帝国大学法科大学政治学科に進み、1917年に卒業した[1]

1920年第五高等学校教授となり、教員として法制・経済を講じるとともに、生徒監兼舎監となった[3]。当時は、校友会誌『龍南』に小説などを寄稿したこともあった[4]

1927年に東京帝国大学農学部助教授となり、1928年には学生主事、1929年の学生課新設に際して初代の学生課長となって、滝川事件前後の左翼学生の処分などに対処した[3]1940年9月に大学を病気退職して、大日本航空機技術協会常務理事に転じた[3]

戦後は、大分経済専門学校大分大学経済学部の前身)、埼玉師範学校埼玉大学教育学部の前身のひとつ)の校長を経て[3]1948年から1949年にかけて第五高等学校第13代校長を務めた後[5]1949年松本高等学校 (旧制)の最後となる第9代校長となり[6]、同時に、新設された信州大学の教授、文理学部長となった[1][3]

1957年に信州大学を定年退官し、松商学園短期大学教授となった[3]。学長だった糸魚川祐三郎1967年に急逝した後、学長への就任を学内から懇願され、当初は高齢を理由に固辞したものの、同窓会などの強い要請を受けて、1968年4月に第3代学長となり、2年間在任した[1][7]

晩年も松本市に住み、葬儀は、市内の極楽寺で執り行われた[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 松商学園短期大学三十年史編集委員会、1985、p.56.
  2. ^ a b “竹内良三郎氏(死去)”. 朝日新聞・朝刊: p. 23. (1984年11月3日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b c d e f 桑尾光太郎「左翼学生の転向と復学 - 東京帝国大学における事例」『東京大学史紀要』第24号、東京大学史史料室、2006年、 2-3頁。 NAID 40015233430 PDF
  4. ^ 『龍南』(『龍南会雑誌』改題)の第177号、第179号に寄稿している。:龍南会雑誌目録”. 熊本大学附属図書館. 2016年7月29日閲覧。
  5. ^ 五高沿革 歴代校長”. 熊本大学五高記念館. 2016年7月29日閲覧。
  6. ^ 信大物理同窓会報0029号(2010年春号)”. 「信州大学物理同窓会」事務局 (2010年3月27日). 2016年7月29日閲覧。
  7. ^ 松商学園短期大学三十年史編集委員会、1985、pp.485-486.

参考文献[編集]

  • 松商学園短期大学三十年史編集委員会『松商学園短期大学三十年史』松商学園短期大学、1985年3月11日、544頁。
学職
先代:
角南元一
官立埼玉師範学校校長
第3代:1947年 - 1948年5月
次代:
林伝次
先代:
木村秀夫
松本高等学校校長
第9代:1949年 - 1950年
次代:
(廃止)
先代:
糸魚川祐三郎
松商学園短期大学学長
第3代:1968年4月 - 1970年3月
次代:
長守善