竹屋春光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹屋 春光(たけや はるみつ、1883年明治16年)3月6日[1] - 1938年昭和13年)1月24日[1][2])は、大正・昭和期の政治家華族貴族院子爵議員。旧姓・松平[1][3]

経歴[編集]

越前福井藩主・松平茂昭の四男として生まれた[1]竹屋家当主、子爵・竹屋威光の没後、同家は財産上の問題で断絶が検討されたが、越前松平家が負債を肩代わりし、松平家の春光が家督を継承して家名を存続し、1913年4月10日、春光が子爵を襲爵した[1][3][4][5]

学習院で学び、三井物産に入社して大連支店勤務となる[4]1916年寺内内閣内閣総理大臣秘書官に就任し、その後、台湾総督府秘書官などを務めた[2][3]

1918年7月、貴族院子爵議員に選出され[6]研究会に所属して活動し、1925年7月まで1期在任した[2]

栄典[編集]

親族[編集]

  • 妻:寿美子(山縣伊三郎三女)[1]
  • 長男:康光(子爵)[1]
  • 二女:真佐子(安宅重雄夫人)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』下巻、42-43頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』47頁。
  3. ^ a b c 『人事興信録』第10版 下、タ180頁。
  4. ^ a b 『現代名士人格と修養』159-160頁。
  5. ^ 『官報』第207号、大正2年4月11日。
  6. ^ 『官報』第1788号、大正7年7月18日。
  7. ^ 『官報』第2640号「叙任及辞令」1921年5月21日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第10版 下、1934年。95コマ
  • 坂本箕山『現代名士人格と修養』帝国文学通信社、1920年。


日本の爵位
先代:
竹屋威光
子爵
竹屋家第3代
1913年 - 1938年
次代:
竹屋康光