半保護されたページ
移動保護されたページ

竹島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

竹島
外交紛争のある諸島
Dokdo Photo.jpg
北側から見た竹島。 左が女島(東島)、右が男島(西島)。
地理
所在地 日本海
座標 北緯37度14分30秒 東経131度52分00秒 / 北緯37.24167度 東経131.86667度 / 37.24167; 131.86667座標: 北緯37度14分30秒 東経131度52分00秒 / 北緯37.24167度 東経131.86667度 / 37.24167; 131.86667
島数 2島 37岩礁
主要な島 男島、女島
最高地
実効支配
 韓国
慶尚北道
·· 鬱陵郡 鬱陵邑 独島里
領有権主張
 日本
島根県
·市町村 隠岐郡 隠岐の島町 竹島
人口統計
人口 47
(警備隊員 40人
灯台管理員 5人
管理事務所職員 2人) (2013年9月[1]現在)
竹島の位置

竹島(たけしま)は、日本海の南西部に位置する島嶼群で、急峻な地形をなす2つのと周辺の岩礁からなる。日本韓国および北朝鮮がそれぞれ領有権を主張している[注 1]1952年以降韓国実効支配を継続している。「竹島」は日本における呼称で、韓国・北朝鮮では「独島獨島、トクト、독도Dokdo)」、第三国では中立的立場から「リアンクール岩礁 (Liancourt Rocks)」等と呼ばれている。

本来は人の住みにくい環境であることから無人島であった。最初に実効的支配をおこなった国は日本であった。1946年連合国軍総司令部SCAPIN(連合国最高司令官指令)第677号で竹島を日本の施政区域から除外したが、1951年9月に調印されたサンフランシスコ条約(発効は1952年4月)では、日本が放棄した地域として竹島は含まれていない。1948年8月13日に大韓民国独立宣言によりアメリカ軍政から独立した韓国は、1952年1月には李承晩ラインを設定して竹島を韓国側水域に含め、翌1953年4月より独島義勇守備隊と名乗る民兵組織を常駐させて実効支配をはじめた。日本はこれに対し「不法占拠」であるとして抗議を続けている[2]。しかし韓国側は、「独島(竹島)は歴史的・地理的・国際法的に韓国の固有領土である」と主張し、「独島」に関して外国とのあいだに領土問題は存在しないという立場を採っている[3]

名称

日本での名称

竹島は、日本において幕末以前は「松島」と呼ばれ、現在韓国領の鬱陵島慶尚北道鬱陵郡)が「竹島」と呼ばれていた。ところが、幕末から明治中期にかけて西洋で作成された地図では、鬱陵島が誤って「松島」と記載され、それが流布した。それにともない、日本でも鬱陵島を「松島」と呼ぶ習慣が一般化したため、本来の松島(現在の竹島)の呼称に困ることになった。これにより、1905年(明治38年)、現在の竹島を正式に「竹島」と呼ぶこととし、従来「竹島」(「松島」)と呼ばれてきた鬱陵島を元の「鬱陵島」に復した。

日本以外での名称

朝鮮王朝時代の官製地図
新増東国輿地勝覧』(1530)の付属地図「朝鮮八道総図」部分

韓国では現在の竹島を「独島」と呼んでおり、「独島は我が領土」という歌のなかでも「孤独な島、ひとつ」と歌われている[4]。韓国は、歴史書『太宗実録』太宗17年(1417年)の条に初出する「于山島」を現在の竹島(韓国名:独島)であるとし、『三国史記』(1145年)に記された「于山国」であるとして古来から先占してきたと主張しているが、于山島が現在の竹島(独島)である根拠は、項目「竹島問題」で説明されているように、必ずしも明確ではない[注 2]1900年大韓帝国「勅令第四十一号」[6]では、「石島」という島が鬱陵島に置かれた郡庁の管轄下にあるとしており、韓国ではこの石島が現在の竹島であり、1906年までに「独島」という名称に変更したと主張しているが、名称変更の理由は不明で、それを示す公文書もなく、石島が現在の竹島である明確な証拠はないと言ってよい。なお、「独島(獨島)」の表記の初出は、堀和生が発掘した日本海軍防護巡洋艦新高1904年9月の日誌に残された「韓人これを獨島と書し」という鬱陵島在住朝鮮人が独島と呼んでいたという記録である[7]

他の国では、1849年フランス捕鯨船 Liancourt 号が現在の竹島を「発見」し、船名にちなんで「リアンクール岩礁 (Liancourt Rock)」と命名して以来、現在でもこの名称で呼ばれることが多い。

地理・自然

竹島は、北緯371430東経131度52分に位置する[注 3][8]

女島(東島)、男島(西島)と呼ばれる2つの小島とその周辺の総計37の岩礁からなる。総面積は約0.21km2で、東京ドーム5つほどの大きさである。最頂部は男島が海抜168m(地図)、女島が海抜98m(地図)。周囲は断崖絶壁で、飲料水に乏しく、人の住みにくい環境である。

なお、日本の国土地理院が2007年12月に発行した竹島の2万5千分の1の地形図では二つの島について「東島」と「西島」と表記しているが[9]隠岐の島町では資料の調査や聞き取り調査を行い、2つの島について「女島(めじま)(東島(ひがしじま))」と「男島(おじま)(西島(にしじま))」とするとともに岩礁や湾などの名称を定めて2013年6月に国土地理院に申請した[9][10]

隠岐と竹島の距離は両島の一番近い所で約157km鬱陵島と竹島の距離は両島の一番近い所で約87kmである[注 4]

地史・地質

竹島の地図

竹島は、現代からおよそ460万年前から250万年前(新生代第三紀の鮮新世)の海底火山活動により誕生した火山島であり[11]、水深約2,000mの海底から噴出した溶岩が硬化したことにより形成された[12]。朝鮮半島北部の白頭山から金剛山鬱陵島隠岐諸島へと連なる白頭火山帯の系列に属する[13]。竹島の火山活動は約250万年前に停止した[14]。当初は1つの島塊であったが、その後の風化と浸食により2つの小島とその周辺の数十の小岩礁の構成となった[15]

岩石と地質構造の分析結果によると、竹島は単一の火山爆発によって形成されたものではなく、200万年以上の長い期間の断続的爆発と噴火によって形成された[16]。竹島は粗面岩粗面安山岩英語版、玄武岩質角礫岩凝灰岩など計8種類の岩石によって構成されている[16]。竹島の下部は主に玄武岩質の集塊岩英語版であり、上部は粗面岩質の集塊岩と凝灰岩が互層を形成している[16]。岩石の年代は、竹島下部を構成する玄武岩が約460万年前、女島にある火口跡を満たす粗面安山岩が約270万年前であり、島の北西部には約250万年前に貫入した粗面岩が分布している[16]。また火山堆積層が厚く積もった地点があり、断層が2箇所発見されている[16]

竹島と鬱陵島の間の海底は、深く沈降する凹地(対馬海盆)となっている。

気候

暖流の影響を多く受ける典型的な海洋性気候[17]。平均降水量は年間1,240mm程度であり、冬場の降水量が多い[17]。年平均気温は約12°C[17]。1月の平均気温は1°C、8月の平均気温は23°Cであり、世界平均と比較して温暖である[17]。年平均風速は4.3m/s[17]。冬と春は北西風、夏と秋は南西風の傾向があり、季節に応じた風向きがはっきりしている[17]。霧が多く、晴れの日は年45日程度、曇りの日は年160日程度、雨や雪の日は年150日程度である[18][19]

鬱陵島と竹島(2003年〜2007年平均、鬱陵島気象台観測)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 4.88
(40.78)
6.12
(43.02)
9.06
(48.31)
14.70
(58.46)
18.62
(65.52)
23.00
(73.4)
24.52
(76.14)
27.14
(80.85)
22.84
(73.11)
19.12
(66.42)
14.16
(57.49)
7.44
(45.39)
15.967
(60.741)
日平均気温 °C (°F) 1.82
(35.28)
2.94
(37.29)
5.20
(41.36)
10.62
(51.12)
14.88
(58.78)
19.36
(66.85)
21.60
(70.88)
23.88
(74.98)
19.82
(67.68)
15.66
(60.19)
10.82
(51.48)
4.52
(40.14)
12.593
(54.669)
平均最低気温 °C (°F) −0.40
(31.28)
0.44
(32.79)
2.30
(36.14)
7.30
(45.14)
11.68
(53.02)
16.64
(61.95)
19.44
(66.99)
21.58
(70.84)
17.62
(63.72)
13.24
(55.83)
8.38
(47.08)
2.26
(36.07)
10.04
(50.071)
降水量 mm (inch) 94.72
(3.7291)
66.00
(2.5984)
86.30
(3.3976)
136.54
(5.3756)
181.88
(7.1606)
148.82
(5.8591)
259.06
(10.1992)
200.14
(7.8795)
277.82
(10.9378)
100.06
(3.9394)
124.44
(4.8992)
155.34
(6.1157)
1,831.12
(72.0912)
出典: 大韓民国気象庁、2003年〜2007年
竹島を主な生息地としていた絶滅したニホンアシカ

生態系

陸地は、わずかに草が生えるだけの岩石島であり、樹木の生育はみられない[20]

竹島周辺の海域は対馬暖流と北からのリマン海流の接点であり、付近の海域はアジサバワカメなど魚介類・藻類が豊富な好漁場である[20]哺乳類ではシャチなどの鯨類も近海を通過している[21]

竹島は伊豆諸島と並んでニホンアシカ (Zalophus californianus japonicus) の主要な繁殖地の一つであった。竹島では海蝕洞に生息していたが、明治大正年間に大量捕獲が行われた[22]。それでも1950年代には50〜60頭の目撃例があったが、戦後に韓国が竹島を実効支配して警備隊が常駐するようになってからは、1975年の目撃を最後に確証のある目撃例がなく、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「絶滅」と記載されている[23] [注 5]気候変動環境汚染などの理由のほか、韓国によって竹島が要塞化されたことなども絶滅要因の一つとして指摘されている[24]。具体的には、1970年代の韓国紙は竹島駐在の「警備隊員たちの銃撃で絶種」と報道しており、世界自然保護基金(WWF)の1977年度報告書では韓国人研究者さえ「最上の保護策は警備隊の島からの撤収だ」と主張しているという[23]1976年には、東亜日報が、アシカの生殖器が韓国で人気の精力剤の材料だったため、乱獲によってアシカが絶滅の危機に瀕していることを報道している[25]

日本による実効支配の歴史

隠岐、松島(現、竹島)、竹島(現、鬱陵島)を描いた1724年の鳥取藩作成の地図

日本人による竹島の認知は古く、1667年寛文7年)に斉藤豊仙(松江藩士)によって編纂された『隠州視聴合紀』には、現在の竹島が「松島」、現在の鬱陵島が「竹島」と称されていたことが明確に示されている[26][27]

(隠岐から)亥の方四十余里にして、松島あり。周り一里程にして生木なき岩山といふ。又酉の方七十余里にして竹島あり。古より是を磯竹島といふ。竹木繁茂して、大島の由、是より朝鮮を望めば、隠州より雲州を見るより近し。

江戸時代の竹島は、江戸幕府公認の下で鬱陵島に渡る際の航行の目標ないし停泊地として利用されており、寛文5年以降は幕府の許可を得てアワビなどの好漁場としても活用していた[28]。幕府はまた、日本人が鬱陵島で林業や漁猟をおこなう許可も与えていた[28]。鬱陵島は、1403年以降、朝鮮王朝の国王によって同島への往来や居住を禁止する「空島政策」が採用された。いわば鬱陵島を無人島化する政策であったが、これは1881年まで続いた。1881年、朝鮮政府は日本政府に対し「鬱陵島渡海禁止」を要求した[27]。1883年、日本政府はこの要求を受け入れて日本人を強制帰国させた[27][注 6]

竹島の島根県編入の内務大臣訓令
1935年、日本実効支配下での竹島の漁民と鬱陵島からの出稼ぎの海女

日本による竹島の実効支配は、1903年隠岐島西郷町出身の中井養三郎が竹島に漁舎を建てて移住し、ここに人夫を移して、アシカやアワビ、ナマコワカメの漁獲を始めたことを端緒とする[29]1904年9月29日、アシカの絶滅を危惧した中井は申請書「りゃんこ島領土編入並に貸下願」を日本政府に提出し、日本海の孤島・竹島の領土編入と貸下げを内務省、外務省、農商務省の3省に対し、願い出た[28][29]1905年1月28日、日本政府は竹島を島根県隠岐島庁へ編入する閣議決定の上、内務大臣芳川顕正が「内務大臣訓令」として告示を発布した[29]。これにより、竹島は正式に日本の領土となり、実効支配がここに始まった。中井養三郎は、島を調査し、その特徴を説明し、また、自身の調査によれば誰にも所有されたことがなく、それゆえ今後はおおいに活用していきたい旨を申請書に記している[29]。告示は、一次一級史料としては「北緯37度9分30秒、東経131度55分にある無人島」と経緯度による位置と現況が明示されたものであった[29]

当時の島根県知事松永武吉はこれを受けて同年2月22日「島根県庶十一号」を発し、県に編入した[30]。以降、竹島での漁猟は島根県の許可制となった[28]。なお、島根県制定の「竹島の日」はこの「島根県庶十一号」を発した日にちなんでいる[29]

これについては、島根県告示のみで、国家として国際社会に伝わるような手続きをしていなかったことが問題視されることもある[29]。しかし、告示内容の外国への通告は領土取得の絶対要件とは必ずしも考えられていない[31][注 7]。そしてまた、その後40年間、どの国からも日本が実効支配を続けたことに対する抗議がなく、1945年まで他国から何らかの意思表示がないまま支配が続いていた事実は重くみてよい[29]。なお、韓国側が領有の根拠としているのは古文献や古地図に登場する「于山島」であり、1952年以前に竹島(韓国名「独島」)の実効支配を示す証拠は乏しい。

アシカは動物園やサーカス団などに高値で売れた[32]。1905年には島根県知事による視察、1906年3月の県部長らの調査、1905年5月の官有地としての土地台帳への記載がなされ、1905年4月の県令によるアシカ漁の許可制、同年6月5日の中井ら4名に対する免許、さらに免許者からの土地使用料国庫納入がなされた[31]。1905年、日本海海戦に際してコンクリート製の監視所がつくられたといわれている[32]

竹島での日本人の経済的な営みを記した記録に『竹島日誌』がある[32]。これは、隠岐郡五箇村の収入役であった八幡才太郎が60余年、ほぼ毎日書き綴った記録である[32]。この記録によれば、才太郎の弟の伊三郎はアワビの密集する瀬やワカメの生息地などを熟知しており、詳細な手書き地図を残している[32]。竹島のアワビについては、以下のような記録がある[32]

竹島のアワビは、古来より最高級と賞賛され、都への献上品として使われた隠岐産のものよりもっと肉が厚かった。収穫量は多い日で200貫(750kg)にもなった。畳一畳分の岩にアワビが重なり、更に重なり合う状態で、採っているうちに、小舟が沈みそうになり、終いには着ている服を脱ぎ捨て海に飛び込み、泳いで船を引っ張った。

漁業者としては、日本人だけでなく鬱陵島から出稼ぎにきた朝鮮人(国籍としては日本人)の海女のすがたもあった[32]1935年の記録には給与150円とあり、男たちへの報酬が100円であったことを考慮すれば、かなりの高給であり、彼女たちの技量は高く評価されていたことがうかがえる[32]

1941年、竹島は帝国海軍の軍用地となり、管轄が島根県から舞鶴鎮守府に引き継がれたため、竹島のアシカ漁・アワビ漁は停止を余儀なくされた[32]。戦後は漁の再開を望む声が高まり、1951年、橋岡忠重は「竹島漁労権報告書」および「嘆願書」を島根県に提出した。1954年6月には島根県監視船「しまかぜ」が竹島視察をおこなった[32]

画像

「メチのいた島」

2013年2月、隠岐の島町在住の元小学校教員がかつて竹島で漁業をなりわいとしていた町内の人びとから聞き書きした絵本が自費出版された[33]。竹島が豊かな漁場であったことや連れ帰ったアシカ(メチ)と島の子どもたちとのふれあいが描かれている[33]。その後この絵本は、2017年山陰中央新報社から出版された[34]

韓国による実効支配の強化

韓国が建設した東島の韓国警備隊宿泊施設
韓国が建設した東島の停泊場に接岸する韓国警備艇
韓国漁民が住み着く西島
韓国の観光地となっている東島
竹島で訓練する韓国の特殊部隊

現在、竹島は韓国によって実行支配されている、とされる[35]。「実効支配」とは「主権が行使されている状態」のことであり、その点では確かに韓国が竹島を実効支配していることになるが、国際法上は「領域主権が継続的かつ平穏に表示されている」という意味での実効支配が重視される[35]。したがって、継続的ないし適時に日本からの抗議がなされている竹島については「平穏」の条件を満たしておらず、そのような「事実上の占拠」や「事実上の支配」は「実効支配」とは呼ばないことがある[35]

島内の現況

現在、韓国による実効支配が続いており、韓国政府は竹島を、海洋警察庁を傘下に持つ大韓民国海洋水産部の管理下に置き、軍に準ずる装備を持つ韓国国家警察慶北警察庁朝鮮語版独島警備隊の武装警察官40名と、灯台管理のため海洋水産部職員3名を常駐させ、軍事要塞化を進めている。また韓国海軍や海洋警察庁が、その領海海域を常時武装監視し、日本側の接近を厳重に警戒している。そのため、日本の海上保安庁の船舶や漁船はこの島の領海内には入れない状態が続いており、日本政府の再三の抗議にもかかわらず、灯台ヘリポート[36][37][38]レーダー、船舶の接岸場、警備隊宿舎などを設置している。西島には竹島(独島)の韓国領有を主張する漁民2人が宿舎を建設し居住している。

  • すでに建設された主な施設
東島・・・警備隊宿舎、灯台、ヘリポート、気象観測台、船舶接岸施設、送受信塔、レーダー
西島・・・漁民宿舎

1991年からは、キム・ソンド朝鮮語版: 김성도)、キム・シンヨル(: 김신열)夫婦の居住を認め、住所を独島里山20番地としている[39]。2005年4月には、韓国人の結婚式が竹島で初めて執り行われた他、独島防衛として992名の韓国人が竹島に戸籍を置いている。

2014年11月、韓国政府は竹島に計画していた災害時などの避難施設の建設を中止し入札公告を取り消したが、報道では関係閣僚会議で尹炳世外相が「(安倍政権を)刺激しかねない。日本との外交摩擦を避けるべきだ」との意見を出し中止が決まったという[40]。韓国の尹炳世外相は国会答弁で建設予定だった施設の入札を中止したことに関し、「独島は明白なわが国領土であり、日本がいかなる行動を取ろうと、われわれのやり方で領有権の行使を行えばよい」と述べ、外交的配慮によるものではないと強調している[41]

観光地化

2005年には島根県竹島の日に反発した韓国政府は韓国人観光客の入島を解禁し、3月28日に一般観光客が初めて竹島に上陸した。2013年9月現在では、1日平均805人もの人が入島している[42]鬱陵島から定期運航している観光船があり2時間程度で行くことができる。鬱陵島との間に水陸両用機による航空路を開設する計画もある[43]

竹島に入島するためには、「独島は韓国の領土」と書かれた紙に署名しなければならない[44]。韓国側発表によれば、2005年から2010年までの間で日本人観光客も70人程度上陸している[44]

日本の外務省は日本人の渡航について、「韓国による竹島の不法占拠が続いている状況の中で、我が国国民が韓国の出入国手続に従って竹島に入域することは、当該国民が竹島において韓国側の管轄権に服することを認めたとか、竹島に対する韓国の領有権を認めたというような誤解を与えかねません。そのような入域を行わないよう、国民の皆様のご理解とご協力をお願いします。」としている[45]。また航路を運営するフェリー会社は日本人と判明した者へのチケット販売を行わない旨を告知している[46]

射撃訓練の実施

韓国政府は2014年6月20日に竹島南西沖の日本領海内を含む海域で射撃訓練を行うと日本側に対して通告し、これに対して日本政府は在韓国大使館を通じて抗議するとともに訓練中止を要請した[47][48]

菅義偉官房長官は韓国海軍が竹島沖海域で射撃訓練を始めたことについて「竹島の領有権に関する日本の立場に照らして絶対に受け入れられず、極めて遺憾だ」と述べた[49]

韓国国防省副報道官は韓国軍が2014年11月に竹島周辺の海上で「外部勢力」による奇襲上陸を阻止する防衛訓練を実施すると明らかにし、韓国軍合同参謀本部は気象条件が良ければ海兵隊による島への上陸訓練も並行して行うことを表明した[50]

切手・クリスマスシールの発行

郵便切手

韓国が1954年に発行した竹島の切手

大韓民国郵政事業本部は、竹島を題材とする切手を1954年、2002年、2004年の3回発行し、「独島の実効支配」を喧伝する材料にしている[51]。1954年の切手は普通切手で、当時日本の郵政省はこの切手を貼った韓国からの国際郵便物の受取拒否をしたといわれているが、実際には多くが日本で配達されたという指摘がある。

1954年9月15日大韓民国は3種の竹島切手3,000万枚を発行したが額面2ファン(圜)と5ファンの切手はそれぞれ500万枚、10ファンの切手は2000万枚が売れた。これに対して日本は、11月19日にこの切手を使った郵便物を取り扱わず、返送することを閣議決定[52]11月29日には外務省を通じて在日韓国代表部に抗議の口上書を出した[53]。こうした経緯から、外務省は、竹島切手を付した郵便物を受けないとしたが、万国郵便連合 (UPU) の規定の中にある「郵便物中継の自由保障」条項により、最終的には日本国内への配送を許容することにした。

2002年の切手はセットの一部であったため日本では認知されなかった。これは、『韓国訪問の年』の記念切手の一つとして発行したもので、図案に著名な観光地や民族舞踊なども含む20種にもおよぶ大セットであったため、日本では韓国切手収集家以外にはほとんど認知されていなかった。8月1日、「我が郷土特別切手シリーズ(내고향 특별우표 시리즈)」(全32種)の中の慶北編にも「独島切手」が含まれ、90万枚が発行された。その当時、日本政府は事態を把握しておらず、抗議はおこなわれなかった[54][55]

2004年1月16日、大韓民国は竹島切手4種224万枚を発行した。これは「独島の自然」と題されたもので、日本のマスコミでも大きく報道された。日本の川口順子外務大臣が事前に趙世衡駐日大韓民国大使を呼んでこれに抗議し[54]、さらに尹永寛外交通商部長官(外務大臣に相当)に電話会談で発行中止を要請し[56]、さらに、竹島の領有権を主張する日本の立場を明らかにし、韓国の切手発行が万国郵便連合憲章の精神に背くとして、UPUに回章の措置をとった[55]

クリスマス・シール

大韓結核協会朝鮮語版は、2006年クリスマス・シール英語版として、「独島」(竹島)の自然を描いた「アイラブ独島(아이러브 독도)」を発行した[57]

環境破壊問題

竹島を取り巻く海洋汚染については深刻な懸念がある。島に設置された下水処理システムは機能不全に陥っており、韓国沿岸警備隊や灯台駐在スタッフなど竹島住民によって生み出されたし尿も含む下水が直接海に投棄され、重大な水質汚濁が確認されている。海水は乳白色に染まり、海洋の植生は次第に消滅し、サンゴが死滅して珊瑚礁石灰化が広がっている[58]。水の汚れはまた、周辺海域の生物多様性の損壊を招いている。 2004年11月には、異臭を発する1日8トンもの汚泥を連日日本海に投棄されていたことが報道された[58]

領土問題と漁業問題

1994年発効の国連海洋法条約では、たがいにルールを決め、そのなかで海洋を有効活用しようという趣旨のもと[59]排他的経済水域内(EEZ)の水産資源については沿岸国の管轄権も認め、その取り締まりも沿岸国が行えるものとしている[60]。このルールのもとでは、韓国漁船は日本のEEZ内においても操業可能となるが、その場合は、漁獲割当量や操業条件は日本が決めて、日本の許可を得て操業することとなる[60]1999年の新日韓漁業協定は、こうした新しい精神のもとに締結されたものであるが、領有権問題は棚上げされたため、竹島周辺海域のEEZが曖昧なものとなってしまった一方、同海域は長崎県肥前鳥島沖とともに、新しく「日韓暫定水域」が設置された[60]。新協定では、「日韓暫定水域」内の日韓両国の漁船がそれぞれ自国のルールにしたがって操業し、日本政府は日本の船を、韓国政府は韓国の船を取り締まり、相手国の取り締まりは実施せずに漁業資源保護のために両国が協力することが定められた[60]

しかしながら、日本側がいくら自国に対し管理を厳しくしても、韓国側が協定を全然守ってくれていないのが現実である[59]。新協定の下、韓国側は強引に漁を行う韓国漁船によって漁場を独占し、日本漁船が竹島周辺から閉め出されるという異常事態が続いている[60]。たとえばズワイガニについては日韓で漁法が異なり、韓国は固定式の刺し網やカゴ漁が主であるが、日本は移動式の底引き網漁なので、日本漁船は韓国の刺し網を引っ掛ける恐れがあうため、漁場が競合すると、その水域に出ていくことができず、両者の調整がつかない場合は日本側が手をひかざるをえない状況がある[60]。そうすれば、空いた漁場を韓国漁船が独占してしまうのである[60]。日本は過去の乱獲の教訓から、漁期を短期に設定して水産資源の保護に努めているが、その種の意識に欠ける韓国は略奪式漁業で獲れるだけ獲る傾向があり、資源枯渇の危険にも無神経で、漁獲量が落ちれば日本のEEZにまで不法侵入して密漁におよぶ有り様である[60]。国際法に関しては、関係国間で解釈が異なることも少なくないが、竹島に関しては解釈の違いという限度を超えており、韓国当局は自国の密漁には目をつぶり、結果、決められた漁獲量よりはるかに多くの魚を乱獲している[59]。こういう状況にあっては、日本だけがルールを守っていればそれでよいということにはならない[59]。他国のルール違反、特に領土領海侵犯については特に注意が必要であり、これについて、自衛力とアメリカとの同盟の強化によって侵犯を未然に防ぐ必要があるとの海洋政策の専門家による意見がある[59]

竹島に関する社会情勢

韓国社会における状況

韓国で、独島は日本のものであると主張した金完燮氏のコラムに誹謗中傷を書き込んだ者が不起訴処分になったという事例があった[61]

1999年に創設された韓国に関する情報宣伝工作活動を行うことを目的とした韓国の民間組織 VANK (Voluntary Agency Network of Korea)に対し、韓国政府はこの組織のインターネット上の行動に対して公式に支援しており、李明博大統領は2008年に5000万ウォン(約328万円)の予算を公表している[62][63]。VANK は「世界に日本の「歴史歪曲」を知らせて国際社会における日本の地位を失墜させること」を目的としたディスカウントジャパン運動を行い[64]、サイバーデモと称する抗議活動を行っている。その手法は、世界の各機関への韓国側の主張の大量送信、英語版ウィキペディアの組織的編集[65]などである[注 8]

また、VANK は韓国観光公社との共同事業として、韓国の歴史認識に基づいた『韓国観光広報小冊子』を発行し世界中の観光団体や学校などに発送したり、慶尚北道との共同事業として、竹島問題について組織的・計画的に情報宣伝工作を行うサイバー独島士官学校を設立、2009年の時点で生徒数は1万人を突破した[66]

韓国における領土教育

韓国の中高歴史教科書においては、17世紀末に韓国の漁民安龍福が松島(現在の竹島)を朝鮮の領土であることを認めさせるために日本に渡ったことが強調されている。また、小学、幼稚園児にも竹島の領有を教育しているほか“独島はわが領土”という歌も歌われている。このような領土意識の教育は、韓国領有の正当性を幼い頃から定着させる政府政策の一環である。

「独島の月」・「対馬島の日」

島根県議会は2005年に「竹島の日条例」を可決し、政府に問題解決へ向けた行動を促したが、韓国慶尚南道馬山市は対抗して「独島の月」、さらに対馬に対する領有権を主張する目的で「対馬島の日」を制定した。「独島の月」は、1900年10月、大韓帝国が鬱陵島竹嶼石島を鬱島郡の管轄下に定めるとして領土確定をおこなった大韓帝国勅令第四十一条の発せられた月(10月)である。「対馬島の日」は15世紀の応永の外寇において朝鮮が対馬遠征軍を派遣した日(6月19日)である。

学術界における活動

「独島」呼称の国際認知を目的とした韓国のキャンペーンは多方面で行われ、たとえば学術界においても、新規に発見された生物種の学名の名付けなどによって続行されている[67]。竹島では多くの新種微生物が発見されているが、2005年頃より韓国系生物学者によって、新規学名に「独島」が含まれるようになっている。新属としては、Dokdonia donghaensis (Yoon et al. 2005) ほか6種[68]、新種としては、Maribacter dokdonensis (Yoon et al. 2005) ほか11種の「独島」を含む学名が提唱された[69]

日本社会における状況

日本における領土教育

2014年1月改定の教員向けの学習指導要領解説書で竹島に関する記述が盛り込まれ、2018年3月告示の学習指導要領では、高校教育では「地理総合」、「歴史総合」、「公共」の3科目において竹島を扱うこととした[70]

日本政府による資料のデータベース化

日本政府は竹島の領有権を裏付ける過去の行政文書や地元新聞記事などの歴史資料をデータベース化してインターネットで公開するとともに、領土に関する論文を英訳して発信することとしている[71][72]。郷土史などの歴史資料を集めて電子化したうえで編さんし、英語訳も付けるなどの広報活動を行うとともに、資料を学校教育にも役立てるとともに教員向けに特別の研修を実施する方針である[73]

2015年、日本政府は前年度から民間に委託して1500点あまりの資料を調査し、実効支配してきたことを示す資料をまとめた報告書を、内閣官房領土・主権対策企画調整室のホームページで公表した[74]

新藤義孝衆議院議員は「日本の領土を主張する資料は、国がきちんと管理する体制を整えるべきだ」と述べ、国が資料保存に積極的に関与する仕組みが必要だとの認識を示している[75]

島根県の活動

島根県は「竹島の日」を定めたほか、竹島資料室を設け、2007年にはWeb竹島問題研究所を開設した[76]。2019年の竹島の日「国際司法裁判所による竹島問題の解決」と題する特別展示をおこなった。そのなかで島根県は、単独提訴によって、黙認を回避し、時効を止めること、日本が韓国の主張に同意していないことを国際社会に知らしめること、および日本の意思を韓国に知らしめることが可能であり、また、竹島問題は歴史問題ではなく、国際法上の解決が求められることを訴えることができることを指摘している[35]

その他

日本の新左翼中核派の影響下にあるとされる、東日本旅客鉄道(JR東日本)の労働組合国鉄千葉動力車労働組合は、2008年の新学習指導要領の解説書で竹島を「日本固有の領土」と教えるよう求めると発表したことについて、「日本政府が、帝国主義的領土略奪と国益主義・排外主義の扇動で危機を突破しようとする許し難い攻撃である」と批判し、「日韓労働者連帯の立場から、怒りを込めて弾劾する。日本政府は解説書を撤回し、今後一切、独島強奪策動を中止せよ」と宣言した[77]

また、小沢一郎の国際担当秘書であった韓国人金淑賢は、自民党政府時代に日本が領有権を主張していたのは支持率低下を防ぐためだと述べた[78]

ロシア・中国による周辺海域での活動

在日韓国・朝鮮人の見解

姜尚中は、2010年1月2日、韓国MBCの取材に「独島は韓国が実効支配してるじゃないか。だから日本は戦争をしない限り、独島を実効支配することは不可能です。日本が竹島だと主張しても、放っておいてかまいません。私達が我々の領土を実効支配しているからね」と述べ[93]、また同年3月10日、韓国中央日報の取材を受けて、「日本から独島問題を巡る妄言が出てきても、韓国は実効的支配をしているため感情的に対応する必要はない」と韓国側に立った主張を行っている[94][95]

また、在日本朝鮮人総聯合会の関連団体である在日本朝鮮留学生同盟(留学同)は、日本の領有権主張について反対の声明を発している[96]

非当事者国の見解と対応

アメリカ

ラスク書簡ヴァン・フリート特命報告書などで示されている通り、アメリカは一貫して竹島は日本領であるとの立場を示している。しかしながら、米国は韓国も日本も同盟国であるため、この問題は国際司法裁判所での裁定や話し合いによって解決されるべきという立場であり、この問題に対する見解を表明することには消極的である。

国務省の外交公電[97]によると、2006年4月にはシーファー駐日大使が谷内外務事務次官と面談した際に竹島問題について言及し、日本を「国際法の許容範囲内で権利行使をしている」と擁護した[98]。また韓国を「非理性的に行動している」と非難した[99][100]

2011年の日韓での竹島問題の再燃に際して、米国務省は8月2日、両国に自制を促し、 米国務省トナー英語版報道官は「リアンクール岩礁の主権について私たちは(特別な)立場を持っていない」ともした[101]

2014年米国国務省領事局は、韓国旅行情報ページからは竹島を消し去り、日本領土との姿勢を示した。同時に日本海についても韓国の主張する「東海」標記から「日本海」と改めた[102]

2015年は、米中央情報局(CIA)が作成する「ザ・ワールド・ファクトブック」は竹島をリアンクール岩礁の名称で、日本の地図に「1954年に韓国に占領されたリアンクール岩礁に対して韓国と日本が領有権を主張している」の説明と共に表記している。(韓国の地図には、「独島」および「リアンクール岩礁」の表記はない。) [103]

米国地名委員会のウェブサイトの地名データベースでの登録情報では、Liancourt Rocksは「Geopolitical Entity Name」「First-Order Administrative Division Name」の項目が「South Korea」となっている[104]

中国

2010年4月15日、中国新聞社は「日本は済州島、巨文島、鬱陵島と含む朝鮮の一切を放棄した」とのサンフランシスコ条約における日本の放棄領を記した条文を紹介したうえで、武正副外務大臣の「同条約は日本が放棄する領土を定めているが、竹島は含まれていない」と指摘を掲載。条約締結時に韓国が条約中の日本の放棄領土に竹島を含めるよう要求したが、米国の拒絶で断念した経緯も説明した。中国メディアではそれまで、「独島(日本名は竹島)」と竹島を表記していたが、同記事中では「竹島」とのみ表記している[105]。また、2010年に中国新聞網が「在米韓国人によってニューヨークのタイムズ・スクエアで「独島は韓国の領土」との広告放映について報じたところ、中国ネット上で、「竹島は日本の領土だ。だが、釣魚島(尖閣諸島)は中国の領土だ」、「韓国人はいっそのこと、宇宙全体が韓国人のものだと広告を出すべきでは?」、「世界全体が韓国の領土なのに、独島が何だと言うのだ」などと皮肉を交えたコメントが寄せられたという[106]

地図等での名称・位置の表記

「独島博物館」のレリーフ

韓国政府によって鬱陵島に建設されている「独島博物館」の八道総図のレリーフが、本来の地図とは逆に、于山島の位置が鬱陵島の東(竹島の位置)に移動してあり、于山島を竹島とする韓国の主張に合うように捏造されていることが下條正男によって指摘され[107]、「博物館という公的機関による虚偽展示の影響は計り知れない」と批判していた[108]。このレリーフは竹島が韓国領だと視覚的に示すために作られた同館のシンボルであったが、2007年の産經新聞の取材に対して、同館研究員は、位置が違う理由について「来館者がより見やすいように」と説明する一方、「日本の研究者からクレームが多く、紛争の火種になるので近く撤去する予定だ。年内には別の展示に取り換える」と同館は誤りを認めたうえで、撤去予定である旨を答えた[108]。しかし2011年、水島総が「独島博物館」を訪問したところ、このレリーフがいまだ掲示されていることが伝えられた[109]

Google マップなどでの記述

Google の提供する Google マップにて竹島について日本語で「ウルルン郡」という記述があることに関し、自民党佐藤正久参院議員により質問主意書が提出され、政府は2012年3月17日、「閲覧者に対し竹島が韓国領であるかのような誤解を与えるもので、わが国の立場に照らし受け入れられない」とする答弁書を決定した。

また、Google マップにおいて、竹島が韓国領として表記されているとして、島根県が Google日本法人に対し、「閲覧者に対し、韓国領であるとの誤解を与える虞がある」として、表記を改めるよう、2012年6月15日付で要望書を提出している[110]

アップルが独自に提供する iOS 用の地図サービスでは、当初「独島」だけの表記だったが、日本からの抗議を受け「竹島」「独島」「リアンクール岩礁」の併記に変更された[111]

Xbox Live

2007年秋の Xbox 360 アップデートにおいてユーザーのプロフィール機能が強化された。この際住所の項目には「独島」と入力することができるのに対して、「竹島」と入力すると登録できない。これが一部の利用者の反感を買い、Xbox 360 のボイコットが発生、問題になったため後日「竹島」も入力できるように変更された[112]

オレゴン州自動車管理局朝鮮語版マニュアル

アメリカのオレゴン州自動車管理局のホームページ朝鮮語版における運転マニュアルに、翻訳者である韓国系アメリカ人が「独島は韓国の領土である」といった記述を数ページにわたって追加した。日本の外務省はオレゴン州政府に対し公式に抗議した。オレゴン州政府は遺憾の意を表明しこのような表現を認めたことはないと釈明、当局は直ちに閲覧中止にし、当該ファイルをウェブサイト上から削除した。翻訳者の韓国系アメリカ人は「韓国系の住民が見る物であるので問題はない」と話した[注 9][113][114][115][116]

韓国紙幣上の地図表記

韓国銀行2007年に100,000ウォン紙幣の図案として、表に金九の肖像を採用すると発表[117]したが、裏面の韓国国宝の古地図『大東輿地図』に原版にない独島を記入していたため、韓国国内で「文化財の改竄」と批判があった。この紙幣は2009年1月に発行中止になったが、これは従来よりも10倍の高額紙幣であること、金九が南北統一政府の樹立を主張していたことから、保守系の李明博現政権が問題視し、見送られたとの指摘[118]があるが、「文化財の改竄」が理由ではない。

年表

江戸時代

  • 1618年元和4年):伯耆国米子町人大谷甚吉、村川市兵衛らが、幕府から許可を得て“竹島”(現在の鬱陵島)に渡航。
  • 1692年元禄5年):“竹島”(現在の鬱陵島)に出漁した大谷・村川の一行が朝鮮人と遭遇。翌年にも遭遇し、安龍福と朴於屯の2名を米子に連行したのを契機に、日本と朝鮮との間に紛争が発生(竹島一件)。
  • 1696年(元禄9年):江戸幕府が“竹島”(現在の鬱陵島)への渡航を禁止。朝鮮の漁民安龍福が、鬱陵島ならびに于山島(韓国では于山島を独島と解釈している)は朝鮮領であると訴えるため、伯耆国へやって来た。
  • 1849年嘉永2年):フランスの捕鯨船 Liancourt 号が竹島(現在の竹島)を発見し、リアンクール島と名付けた(以後、日本では、りゃんこ島、リアンクール岩、リアンコールト列岩とも呼ばれる)。

明治以降

隠岐郷土館(島根県隠岐の島町)にある竹島の石
  • 大正時代:隠岐五箇村久見在住の橋岡友次郎の後継者である橋岡忠重は、伯父の八幡長四郎、従兄の池田幸一と竹島出漁を毎年繰り返している[119]
  • 1935年昭和10年):隠岐五箇村の橋岡忠重が竹島の石を持ち帰り、義甥の脇田茂氏に贈る[119]
  • 1939年(昭和14年)4月24日:行政区画につき五箇村会が竹島を同村へ編入することを決議。
  • 1940年(昭和15年)8月17日:海軍用地として、竹島が島根県から海軍省舞鶴鎮守府)へと移管。

ポツダム宣言受諾後

  • 1945年(昭和20年)
  • 1946年(昭和21年)
    • 1月29日SCAPIN-677により、竹島に対する日本政府の施政権が暫定的に停止された[121]
    • 6月22日:SCAPIN-1033によりマッカーサー・ラインが制定され、竹島周辺海域での漁業活動に制限が加えられた[121]。以後、竹島から13海里以内への立ち入りは原則として禁じられる。
  • 1947年(昭和22年)
    • 6月:外務省は『Minor Islands Adjacent Japan Proper』という小冊子を作成し竹島を日本の固有領土と明記する。
    • 8月20日:朝鮮山岳会[注 10]が竹島を調査(8月16日~8月28日)[123]
    • 9月16日SCAPIN-1778 が発令、竹島を爆撃訓練場とし、日本の隠岐および本州西部沿岸住民への事前通知を条件とする。
  • 1948年(昭和23年)
    • 6月8日:米極東空軍の B-29 が竹島を爆撃および機銃掃射し、韓国漁民の死者・行方不明者は14人、負傷者10人。
    • 8月5日:南朝鮮の「憂国老人会朝鮮語版」がマッカーサーに対し「独島(トクソム)、波浪島鬱陵島対馬」が韓国領との請願書を送付[124]
    • 8月15日李承晩、大韓民国建国を宣言し初代大統領に就任。
  • 1949年(昭和24年)
  • 1950年(昭和25年)
  • 1951年(昭和26年)
    • 4月5日:英国のサンフランシスコ条約草案が日本が放棄する領土を緯度、経度で記載。竹島は放棄する領土に位置していた。
    • 6月14日:サンフランシスコ条約草案で、日本の放棄すべき島から竹島が除外される。(日本の保有領土の項は無くなる)
    • 7月6日SCAPIN-2160 が発令、これに伴い SCAPIN-1778 は廃止され、引き続き竹島を爆撃訓練場とし、隠岐および本州西部沿岸住民への事前通知を条件とする。
    • 7月10日開城で休戦会談が開始。
    • 7月19日梁裕燦韓国大使がダレス国務長官顧問と会談し、対馬への領有権主張の取り下げを確認し、同時に「独島」「パラン島」の領有、マッカーサー・ラインの存続を求めた書簡を提出。
    • 8月3日国務省にて「独島」「パラン島」が確認できないとの認識(ボッグスメモ)。
    • 8月10日ディーン・ラスク国務次官補から韓国大使に宛てた「ラスク書簡」で、「「独島」が朝鮮の領土であったことも主張されたこともなく、「パラン島」は取り下げられたとみなす。」また、マッカーサー・ラインも存続しないと回答[125]
    • 9月9日サンフランシスコ平和条約に49カ国が署名、竹島は放棄すべき領土に明記されず。

サンフランシスコ平和条約署名後

  • 1953年(昭和28年)
    • 1月12日:韓国政府が李承晩ライン内に出漁した日本漁船の徹底拿捕を指示。
    • 2月4日済州島付近で日本漁船の漁労長が韓国軍の銃撃を受け死亡。(第一大邦丸事件
    • 2月27日:韓国国防部は、「アメリカは竹島の領有権が韓国にあることを認めた。」と発表[129]
    • 3月:日米合同委員会は竹島を爆撃訓練場の範囲から外すことを決定。
    • 4月20日:韓国の独島義勇守備隊が、初めて竹島に駐屯。
    • 6月27日:日本国海上保安庁と島根県の約30名が竹島調査を実施、「日本島根県隠岐郡五箇村」の領土標識を建てる。竹島に住み着いていた韓国の漁民6名を退去させた。
    • 7月12日:竹島に上陸していた韓国の独島守備隊が日本の海上保安庁巡視船「へくら」に発砲。以後、韓国は竹島の武装化を進め、日本の艦船の接近を認めていない。日本政府はこの韓国による竹島を武装化する動きに抗議しているが、韓国側は「内政干渉」として退けている。
    • 7月13日:日本政府は発砲事件に抗議、島からの即時退去と領有権主張の国際法的根拠の照会を要求。韓国に対し「竹島に関する日本政府の見解」文書を送付(第1回見解往復・往)。
    • 7月27日朝鮮戦争休戦協定が締結される。
    • 9月9日:韓国政府は、日本政府の照会に対し『于山島』『沈興澤報告書』等の古文献を提示して反論(第1回見解往復・復)。
    • 10月11日10月17日:韓国山岳会が鬱陵島・独島学術調査団を派遣[123]
  • 1954年(昭和29年)
    • 2月10日:日本政府は、韓国側が提示した根拠に反論する口上書を提出(第2回見解往復・往)。
    • 5月3日:隠岐島五箇村久見漁業協同組合の日本人組合員が竹島で漁労。これが日本人が竹島で漁労した最後の例となっている。
    • 8月15日:朝鮮戦争に出征したジェームズ・ヴァン・フリートが大統領特命大使として使節団を率いて極東各国を歴訪し、ヴァン・フリート特命報告書を作成。ヴァン・フリートは「米国は、竹島を日本領であると考えているが、竹島問題は国際司法裁判所を通じて解決されることが望ましい」というアメリカ合衆国の意向を、非公式に韓国に伝達したなどのことを大統領に報告した。
    • 9月20日:韓国が竹島を図柄にした切手を発行、日本国外務省は抗議。
    • 9月25日:韓国政府、日本の2月の口上書に反論(第2回見解往復・復)。日本政府は領有問題を国際司法裁判所に付託することを韓国側に提案。
    • 10月28日:日本のICJ付託を韓国が拒否。
    • 11月21日:韓国軍が竹島の西島、北西3マイルの地点を航行中の日本の海上保安庁巡視船「おき」と「へくら」に対し、午前6時58分から午前7時にかけて5発の砲撃を加える[130][131]
    • 11月30日:砲撃事件に対し、日本の外務省が抗議[130][131]
  • 1956年(昭和31年)
    • 4月:韓国警察、鬱陵警察署警官8名が島に常駐。
    • 9月20日:日本政府、「竹島に関する1954年9月25日付大韓民国政府の見解に対する日本国政府の見解」に反論の文書を送付(第3回見解往復・往)。
    • 12月25日:独島義勇守備隊解散。
  • 1959年(昭和34年)1月7日:韓国政府は、日本側の反論に再反論(第3回見解往復・復)。
  • 1961年(昭和36年)12月26日:日本国外務省は在日韓国代表部に対し抗議の口上書を送り、韓国政府に抗議。翌27日に韓国が反駁する[132][133]
  • 1962年(昭和37年)
    • 3月12日:東京で行われた日韓外相会談において、小坂善太郎外務大臣が崔徳新外務部長官に対し、竹島領有権問題を国際司法裁判所に付託することを再び提案、韓国側は拒否。
    • 7月13日:日本政府は、韓国側の反論に再反論(第4回見解往復・往)。
  • 1965年(昭和40年)
    • 6月22日日韓基本条約が調印され、日韓漁業協定により李承晩ラインが廃止される。同時に日韓紛争解決交換公文が取り交わされたが竹島の明記は見送られ、韓国は竹島の領有問題は紛争処理事項でないとの立場を取り、交渉に応じない方針を立てる。
    • 12月17日:「大韓民国駐日代表部1965年12月17日付口上書」(第4回見解往復・復)。

日韓国交正常化後

  • 1975年:竹島近海での最後のニホンアシカ確認。
  • 1976年8月18日東亜日報が、アシカの生殖器が韓国で人気の精力剤の材料だったため、竹島のアシカが乱獲によって絶滅の危機に瀕していることを報道[25]
  • 1977年(昭和52年)2月5日福田赳夫首相が「竹島は一点疑う余地のない日本固有の領土」と発言。
  • 1978年(昭和53年)10月13日:衆議院外務委員会で園田直国務大臣が韓国の竹島支配は「不法占拠」であるとの認識を示す[35]
  • 1982年(昭和57年)11月16日:韓国、竹島を天然保護区域に指定(独島天然保護区域)。
  • 1996年平成8年)5月17日:衆議院外務委員会において、加藤良三外務省アジア局長が、竹島について事実上韓国の占有状態にあるものの、実効的支配については「平穏な占有」という要件があり、関係国である日本から継続的あるいは適時に抗議や申し入れがなされている、すなわち時効の中断に相当するものがなされているという状況下では、必ずしも実効的支配が確立されているとは言い難いという認識を示す[35]
  • 1997年(平成9年)11月:韓国、500トン級船舶が利用できる接岸施設設置。日本政府は抗議。
  • 1998年(平成10年)12月:韓国、有人灯台設置。日本政府は抗議。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月:日本外務省は「竹島問題を理解するための10のポイント」という広報をサイトに掲載[140]
    • 7月17日:ソウルの日本大使館前で40人あまりの韓国人が、日本の新学習指導要領の解説書に竹島が明記されたことに抗議して、日本の国鳥であるキジ9羽の首を切り落とし、その血を福田康夫内閣総理大臣や歴代首相の写真、日章旗に塗りたくるなどの猟奇的行動におよんだ[141]。なかには殺したキジの内臓を食すという過激な者もいたという[141]
    • 8月8日韓国外交通商部が「独島に対する基本的な立場」をホームページに掲載[142]
    • 10月22日:北東アジア歴史財団独島研究所を VANK の支援主体に。李明博大統領は VANK への予算支援を続けると発表[143]
  • 2010年(平成22年)
    • 3月26日衆議院外務委員会で、自民党新藤義孝議員が竹島問題に対して政府に質疑。岡田克也外務大臣は「類似の機会にわたって説明している」「個別案件については答えられない」との政府答弁書を受け取る[145]
    • 4月14日:衆議院外務委員会にて、新藤義孝議員が再質疑。「竹島は日本固有の領土」と記述した日本の小学校の歴史教科書検定に合格したことに対し、韓国外交通商省大臣が在韓日本大使を呼び出し抗議されたことと、李明博大韓民国大統領や国会議員・議長も「竹島の実効支配を強化しなければならない」、と発言したことにも触れた。
    • 4月22日衆議院本会議において、新藤義孝議員が鳩山由紀夫総理(当時)に対し、竹島問題に対する対応について答弁を求める[146]
    • 7月7日:重家俊範駐韓日本大使に左派系団体に所属する男がコンクリート片を投げる事件が発生[147]
  • 2011年(平成23年)
    • 2月27日:韓国を訪問した土肥隆一民主党党倫理委員長が、金泳鎮韓国国会議員との共同記者会見で日本が竹島の領有権を放棄する「日韓共同宣言」に署名を行った。この署名に対する批判に対して、土肥は「共同宣言は外交交渉上有効になるようなものではない」と述べ、共同宣言の撤回は行わなかった[148]
    • 6月16日、大韓航空が新型機を投入する際に、同社会長、マスコミ、省庁長官等を搭乗させ、竹島上空でデモ飛行を実施。日本の外務省は「領土侵犯に当たる」として、全職員が公務での大韓航空機の利用を同年7月18日から1ヶ月間、自粛することを決定し発表した[149][150]。韓国は撤回を要求したが[151]、自粛は予定通り実施された[152]
    • 7月11日:韓国の国会議員が竹島に上陸し(直近3ヶ月間で4人目)、駐屯警備隊を激励。報道でヘリコプター着陸地増築の様子が伝えられた[153][154]
    • 7月27日:日本の国会議員が鬱陵島訪問を計画していることに対して、李明博大統領は「日本議員が入国する場合、身辺の安全上の憂慮がある」と日本政府に通知し協議するよう韓国外交通商部に指示した[155]
    • 7月31日:日本の自民党議員と大学教授が竹島調査のため鬱陵島訪問を計画して韓国に入国しようとしたが、韓国は空港で入国拒否を行った[156]。これはきわめて異例で初めてのこととされる[156]。李明博政権閣僚でハンナラ党首脳の李在五朝鮮語版特任相(無任所相)は「自民議員の鬱陵島訪問は主権侵害」「おれが独島を守る」と発言[156]枝野幸男官房長官は、合法的な入国で「極めて遺憾」と批判、在韓日本大使館から韓国に抗議するとした[157]
  • 2012年(平成24年)
    • 8月10日李明博大統領が韓国の現職大統領としては初めて、竹島を上陸した[20][注 12]。さらに会見を開いて天皇の「訪韓」と「謝罪」に言及した[20]。日本側は対抗措置として武藤正敏駐韓大使(当時)を一時帰国させ、竹島領有権について国際司法裁判所(ICJ)への共同提訴を提案したが韓国側は拒否した[158]。英国メディアのテレグラフは、これを「韓国大統領、日本の島訪問(South Korean leader visits Japanese islands)」として報じた。なお、李明博回顧録では2012年8月の竹島上陸について大統領就任前から上陸の意思を持っていたと記している[159]
    • 10月23日:韓国国会の国防委員会に所属する議員ら15人が竹島に上陸した[160]
    • 11月:島根県議会(定例会)に「竹島の領有権に係る国際司法裁判所への単独提訴を求める意見書」(提出者は中島謙二、吉田政司、珍部芳裕、白石恵子、島田三郎、三島治、森山健一、佐々木雄三、細田重雄、小沢秀多、絲原徳康)が提出され、同年12月15日に原案が可決された[161]
  • 2013年(平成25年)
    • 2月:朴槿恵が韓国大統領に就任して「加害者と被害者という立場は、千年過ぎても変わらない」と演説。中国の習近平と共同歩調をとってに、領土問題を安倍晋三政権の「歴史認識」問題と直結させる考えを国際社会に向けて強くアピールした[20]
    • 5月21日久保井規夫黒田伊彦、坂本悠一、一戸彰晃の4人が韓国釜山市で記者会見し、「独島は歴史的に韓国の領土」と述べた[162]。元小学校教員の久保井は日本の古地図などの史資料を提示して、「1775年に制作された古地図には、鬱陵島(ウルルンド)と独島を日本領と表示していたが、幕府側が1779年の改訂版でそれを正し、韓国領と表記した」と主張した[162]
    • 5月23日:久保井規夫、黒田伊彦、一戸彰晃が竹島に上陸し、「独島は韓国領」と書かれたTシャツを着て、朝鮮語で「独島は韓国のものだ」と宣言した[163]。この3人は市民団体『竹島の日』を考え直す会のメンバーであり、久保井は「独島が韓国領であることを確信して来た。この確信を日本国民にも伝えたい」旨のコメントを述べた。一戸は青森県曹洞宗寺院、雲祥寺の住職であり、2012年9月16日東国寺における石碑建立を主導した「東国寺を支援する会」の代表者である[注 13]。当初は4人の上陸を予定していたが、坂本悠一のみは「独島は韓国領」と書いたTシャツの着用を拒否したため、韓国の警察当局によってフェリーから降ろされたという。
  • 2014年(平成26年)
    • 1月28日下村博文文部科学大臣教科書作成や教員による指導の指針となる中学校と高校の学習指導要領解説書を改定、中学校の社会科、高校の地理歴史と公民に、竹島尖閣諸島とともに「固有の領土」と明記した上で、竹島は韓国不法占拠されているとの政府見解に沿った内容を追加したことを正式に発表[165]
    • 1月29日金寛容朝鮮語版韓国慶尚北道知事がヘリコプターで竹島に上陸し、前日に発表された日本の学習指導要領解説書記載内容に抗議する声明を発表[166]
    • 8月:韓国外務省が日本の防衛白書を批判する報道官声明を発表[167]
  • 2015年(平成27年)
    • 1月:在韓国日本大使館は竹島を日本領と記載した2014年版防衛白書の韓国語翻訳版50部を韓国国防省に対して引き渡したが、韓国国防省は日本大使館の駐在武官を呼んで抗議しすべて日本側に返却された[168]
    • 1月:韓国の国立海洋調査院が竹島北側海域の暗礁に「カンチ(アシカ)礁」という名称を付ける[169]
    • 2月22日:韓国の日本大使館前で日本の竹島領有権主張に抗議する市民団体のメンバーが集合、本籍地を「独島」に移した人々でつくる「独島郷友会」のメンバーで50歳代の男が排泄物を詰めたプラスチック容器を大使館に投げつける事件が起こる[170]
    • 4月:2015年版外交青書で韓国について「自由、民主主義、基本的人権などの基本的な価値と、地域の平和と安定の確保などの利益を共有している」との14年版にあった表現を削除[171]。単に「最も重要な隣国」と表現するにとどめた[20]。竹島については「日韓間には領有権をめぐる問題があるが,歴史的にも国際法上も明らかに日本固有の領土」と明記した[20]
    • 4月:日本の2015年の中学校教科書検定で竹島を「固有の領土」として教科書で扱うよう求めた国の指針を受けて初めて社会科の全教科書(20点)に竹島問題が記述された[172]
  • 2016年(平成28年)
    • 8月15日:国会議員10人による国会独島訪問団(団長:羅卿瑗)がヘリコプターで上陸した[173]
  • 2018年(平成30年)
    • 5月23日:沈載権外交統一委員会委員長が上陸[174]
    • 10月22日:韓国国会の教育委員会に所属する李燦烈ら与野党議員13人が上陸[175]
  • 2019年(令和元年)
    • 7月10日 - 李栄薫が『反日種族主義』を韓国で出版。同書のなかで「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」との意見を提示[176][注 14]
    • 8月25日-26日:韓国軍が竹島で「東海領土守護訓練」を実施。陸軍特殊戦司令部の兵力やイージス艦世宗大王を投入するなど大規模なものとなった[177]。菅官房長官は「我が国の事前の抗議、中止の申し入れにもかかわらず、軍事訓練が開始されたことは、竹島が我が国固有の領土であることに照らしても受け入れられない」と非難[178]。また、アメリカ国務省は日本のFNNの取材に対して「日本と韓国の最近(日韓秘密軍事情報保護協定破棄)の対立を考えると、タイミング、メッセージ、規模の拡大は、問題を解決するのに生産的ではない」とコメント[179]
    • 8月31日 - 韓国の国会議員で共に民主党所属の薛勲朝鮮語版禹元植朝鮮語版李龍得朝鮮語版、および朴賛大朝鮮語版、ならびに無所属の孫今柱朝鮮語版、および李勇周朝鮮語版で構成された訪問団が、金浦空港から警察庁のヘリコプターに乗って島を訪問。「安倍政権が、韓国をホワイト国(キャッチオール規制の優遇対象国)から除外した」ことなどに抗議を行った[180]
    • 8月31日 - 衆議院議員の丸山穂高がツイッターで「政府もまたまた遺憾砲と。竹島も本当に交渉で返ってくるんですかね? 戦争で取り返すしかないんじゃないですか? 朝鮮半島有事時を含め、『我が国固有の領土』において自衛隊が出動し、不法占拠者を追い出すことを含めたあらゆる選択肢を排除すべきではないのでは?」と発言[181]
    • 9月15日 - KBS(韓国放送公社)は、タンザニア中央銀行が竹島をモチーフにした記念コイン(額面3000タンザニア・シリング)を製作したと報道。同月17日、菅義偉官房長官が韓国側の報道内容を否定する会見を行った[182]。タンザニア政府もタンザニア銀行もこれを否定している。
  • 2020年(令和2年)
    • 1月 - 1881年発行のドイツ製地図に竹島が日本領として記載されていることを、島根大学の舩杉力修准教授(歴史地理学)が確認[183]

竹島に上陸した著名人

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 北朝鮮も、竹島を「民族固有の領土」と主張し、南北共同の歴史学者討論会を開いたり、韓国での対日抗議行動を好意的に報道している。
  2. ^ 韓国人学者の金柄烈も、『太宗実録』(1417年)における「于山国島」は鬱陵島、「武陵」と記された島は竹嶼で間違いないとしている[5]。金柄烈は、鬱陵島と竹嶼を「于山武陵」と呼ぶうち、鬱陵島を「武陵島」を呼ぶ慣習が定着し、従来用いられてきた「于山」が鬱陵島の一部を指すようになって、そのうち竹嶼を指すようになり、やがて独島を指すようになったものであると論じている[5]
  3. ^ かつて日本政府外務省は北緯37度9分、東経131度55分と記していた。2005年(平成17年)7月に毎日新聞によって誤りが指摘されると、正しい記述に訂正された。
  4. ^ 日本政府外務省のパンフレット「竹島 竹島問題を理解するための10のポイント(2008年2月発行)」では、隠岐と竹島の距離を約157km、鬱陵島と竹島の距離を約92kmと記載している。
  5. ^ 韓国誠信女子大学校の客員教授でニューヨークタイムズ慰安婦全面広告を掲載したことでも知られるソ・ギョンドク(徐坰徳)が、竹島からアシカが消えた理由を説明する動画を2015年2月21日にYouTubeに公開し、「独島のニホンアシカは、戦前の日本の乱獲によって絶滅した」と主張して日本を断罪した[23]。これに対し、産経新聞黒田勝弘記者が竹島の韓国占拠の後もしばらくは、ニホンアシカの生体が確認された資料は多いとして、これに反論した[23]
  6. ^ 1900年大韓帝国高宗勅令をもって鬱陵島を江原道鬱島郡に昇格させ、鬱陵島の領土画定を宣言した[27]。日本政府もこれを認めた。
  7. ^ 1928年のパルマス島事件や1931年のクリッパートン島事件の仲裁裁判においても、「外国への通告は必要ない」との判決が出ている[31]
  8. ^ 近年の主な活動を参照
  9. ^ '竹島:「韓国領土」と免許取得HPに 米国オレゴン州' 毎日新聞, 2007-12-28. "米国オレゴン州が公式に開設している車の運転免許取得方法を記載したホームページの朝鮮語版に「独島(竹島)は韓国領土」などとハングルで記された車のイラストなどが掲載されていたことが分かった。日本の外務省は「竹島に関する不適切な表記」として州に遺憾の意を伝え、州は閲覧中止の措置にした。"
  10. ^ 韓国山岳会朝鮮語版の前身[122]
  11. ^ 反論内容要約:1.現に島根県穏地郡五箇村の一部である。2.SCAPIN-677 それ自身が、諸小島の最終的決定に関する連合国の政策と解してはならないと断っているため根拠無効。3.マツカーサー・ラインそれ自身が、国際的境界に関する連合国の政策を表明するものではないと断っており、なおかつすでに撤廃されているため議論の意味がない。4.竹島が「独島」として数世紀の間韓国領だったとする事実はない。
  12. ^ 報道によると、背景には、韓国の国民の民族感情に訴えることで、失いつつある求心力を回復しようという狙いがあるものとみられ、残り半年余りの任期である李明博大統領の周辺では、国会議員だった兄や側近たちの不祥事が続いていて、政権の求心力の低下に歯止めが掛からなくなっている。李明博政権の日本への対応は、12月に控える大統領選挙での与党候補の戦いに影響を及ぼしかねない情勢となっており、光復節で国民の民族感情が一段と高まる時期を迎えて、李明博大統領としては、こうした時期に、歴代の大統領が避けてきた竹島訪問に踏み切ることで、国民感情に訴え求心力を回復するとともに、大統領選挙で野党が勢いづくのを抑えたいという狙いがあったとみられる。
  13. ^ 一戸の上陸行為について、所属する宗派教団は「本宗は一切関与しておらず、またその支援、支持等を一切行って」いない旨の告知を公表している[164]
  14. ^ 李栄薫は、韓国政府が1530年の『新増東国輿地照覧』に記載された于山島こそ現在の独島であると主張していることについて、「韓国の外務省はこの地図を提示しながら、于山は独島だ、と主張してきました。中・高校の韓国史の教科書も、そのように教えています。しかし私は、それに同意できません。独島は鬱陵島の東南87kmの海の中に位置しているからです。この地図を根拠に独島固有領土説を主張するのは、学生たちに東西南北を混同するよう教える暴挙と同じです。たとえ独島を放棄することになったとしても、そのような教育はすべきではないと思います。国際的にも恥です」と述べ、韓国政府の見解を批判している。

出典

  1. ^ 주민과 생활(朝鮮語)
  2. ^ 竹島は「韓国の不法占拠」 玄葉外相が明言”. 日本経済新聞 (2012年8月22日). 2019年1月30日閲覧。
  3. ^ 独島に対する大韓民国政府の基本的立場
  4. ^ 山田(2013)pp.173-174
  5. ^ a b 金(2007)pp.128-131
  6. ^ Wikisource reference  大韓帝国勅令第41号. - ウィキソース. (1900-10-25). 
  7. ^ 池内敏(2012)『竹島問題とは何か』名古屋大学出版会:坂本悠一「竹島/独島領有権論争の研究史的検討と課題 ―戦後日本における近現代史分野を中心に―」『社会システム研究』2014年、 175-176頁。
  8. ^
  9. ^ a b “竹島の地名決定 「男島」「女島」 国土地理院に申請”. 山陰中央新報. (2013年5月23日). http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=539034006 2013年6月3日閲覧。 
  10. ^ “竹島2島 男島・女島に 昔の隠岐島民呼称に更新”. 山陰中央新報. (2017年4月5日). https://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1493247116734/index.html 2020年9月1日閲覧。 
  11. ^ 自然環境”. 慶尚北道. 2012年8月28日閲覧。
  12. ^ Hodgson, Robert David (1973). Islands: Normal and Special Circumstonces. Bureau of Intelligence and Research, U. S. Department of State. p. 189 
  13. ^ 土地分類基本調査 西郷. 島根県. (1980). p. 2 
  14. ^ “孫栄冠教授「独島・竹島が沈没中」”. 中央日報. (2006年12月1日). http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=82325 
  15. ^ 地質学的な価値”. 慶尚北道. 2012年8月28日閲覧。
  16. ^ a b c d e Shon, Y. K. and Park, K. H. (1994). “Geology and Evolution of Tok Island, Korea”. Journal of the Geological Society of Korea 30 (3): 242-261. 
  17. ^ a b c d e f 이종범; 김재철 (2007-06). “울릉도와 독도 지역의 기후변화 추세와 그 요인”. 한국자연보호학회지 1: pp.19-28. 
  18. ^ 지리생태자료”. 독도박물관. 2008年8月5日閲覧。
  19. ^ “하늘사랑”. 大韓民国気象庁. (2008年8月5日). p. 21 
  20. ^ a b c d e f g コトバンク「竹島」
  21. ^ 環境運動連合海洋委員会. 小池貴子 2007. 独島警備の海洋警察、網にかかったシャチ救出 K07011002J. ENVIROASIA. 2014年6月13日閲覧
  22. ^ レッドデータブックとっとり(動物)
  23. ^ a b c d 「竹島のニホンアシカ、絶滅は日韓どっちのせい? 両国で食い違う主張」(「ハフポスト」2015年2月24号)
  24. ^ 『世界絶滅危機動物図鑑(第1集)』学習研究社、1997年、10-11頁。ISBN 9784055002233。
  25. ^ a b 1976年8月18日付「東亜日報」
  26. ^ 内藤(2007)pp.8-11
  27. ^ a b c d 『日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相』(2012)pp.39-48
  28. ^ a b c d 島根県:竹島資料室
  29. ^ a b c d e f g h 保阪(2011)pp.160-164
  30. ^ 外務省竹島問題HP「4.竹島の島根県編入
  31. ^ a b c 保阪(2011)pp.175-185
  32. ^ a b c d e f g h i j 『日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相』(2012)pp.49-58
  33. ^ a b 「竹島絵本」読み聞かせ 島根県松江中国新聞2013年7月25日)
  34. ^ すぎはら(2013)
  35. ^ a b c d e f 平成31年 第14回「竹島の日」特別展示 「国際司法裁判所による竹島問題の解決」(平成31年1月30日、島根県竹島資料室)
  36. ^ 独島ヘリポートが30年ぶりに拡張される 中央日報 2011年7月6日
  37. ^ 竹島問題で安倍総裁に野田総理・鈴木氏ら反論 サーチナ 2012年12月9日
  38. ^ 独島ヘリ場の国際航空コード、「RKDD」に指定 聯合ニュース 2008年10月14日
  39. ^ “韓国の篤志家、独島に住む夫婦に毎月生活費支給へ” (日本語). 中央日報日本語版. (2011年8月25日). http://japanese.joins.com/article/138/143138.html 2015年1月9日閲覧。 
  40. ^ “韓国、竹島の避難施設建設中止 対日摩擦回避か”. 日本経済新聞. (2014年11月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H5A_U4A101C1000000/ 2015年4月27日閲覧。 
  41. ^ “外交的配慮を否定=竹島施設入札中止で-韓国外相”. 時事ドットコム. (2015年11月6日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201411/2014110600373&g=pol 2015年4月27日閲覧。 
  42. ^ 住民&入島関連 | dokdo, MOFA Republic of Korea
  43. ^ 独島‐鬱陵島を結ぶ航空便就航へ 朝鮮日報
  44. ^ a b 山田(2011)pp.88-91
  45. ^ 日本国 外務省 竹島問題
  46. ^ 「竹島に上陸してみた」…韓国国民の領土に対する気概に日本は完全敗北していたプレジデントオンライン2020年7月31日付
  47. ^ “韓国、竹島沖で射撃訓練通報 政府「受け入れられぬ」”. 朝日新聞. (2014年6月19日). http://www.asahi.com/articles/ASG6M5JY7G6MUTFK00N.html 2014年6月19日閲覧。 
  48. ^ “韓国、竹島沖射撃訓練を通報=日本政府は抗議・中止要請”. 時事通信. (2014年6月19日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014061900707 2014年6月19日閲覧。 
  49. ^ “官房長官、韓国の竹島沖訓練「極めて遺憾」”. 日本経済新聞. (2014年6月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS20004_Q4A620C1EAF000/ 2015年4月27日閲覧。 
  50. ^ “韓国軍、竹島で24日に防衛訓練”. 日本経済新聞. (2014年11月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM14H40_U4A111C1000000/ 2015年4月27日閲覧。 
  51. ^ 「竹島切手」
  52. ^ “竹島入り韓国切手 締出し決る”. 朝日新聞・夕刊: p. 3. (1954年11月19日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  53. ^ ““竹島切手”に抗議 外務省、韓国へ口上書”. 読売新聞・朝刊: p. 2. (1954年11月30日)  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  54. ^ a b “「竹島切手」発行で日韓火花 領有権問題、かみあわぬ争点”. 朝日新聞・朝刊: p. 13. (2004年1月22日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  55. ^ a b “竹島切手問題 政府、UPU通じ不当性訴え 「回章」措置、韓国に強制力はなし”. 毎日新聞・東京朝刊: p. 5. (2004年1月17日)  - 毎索にて閲覧
  56. ^ “「竹島切手」の中止申し入れ 川口外相、韓国側に”. 朝日新聞・夕刊: p. 2. (2004年1月13日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  57. ^ 씰 구경하기 Archived 2008-02-24 at the Wayback Machine., 대한결핵협회.
  58. ^ a b 독도 오수정화시설이 동해바다 오염 주범?” (朝鮮語). Imaeil. 2020年9月1日閲覧。
  59. ^ a b c d e 山田(2011)pp.200-203
  60. ^ a b c d e f g h 山田(2013)pp.213-217
  61. ^ 「社会通念から外れた金完燮氏の文が誹謗中傷を誘発」(朝鮮日報 2006年6月1日)
  62. ^ 独島:教育部「VANKへの予算支援続ける」」。2008年10月22日、朝鮮日報(日本語)
  63. ^ VANK支援問題:李大統領、予算配分を直接指示 2008年10月25日、朝鮮日報(日本語)
  64. ^ (朝鮮語) "반크,‘일본 디스카운트’ 운동", 文化日報, 2005-03-25. 参考日本語訳:「日本ディスカウント運動」
  65. ^ “代表韓国料理が犬の肉?バンクが正す”2009年8月6日東亜日報(朝鮮語)
  66. ^ VANK「サイバー独島士官学校」、生徒1万人突破 聯合ニュース 2009/05/22
  67. ^ 「微生物の名前で‘独島は韓国領’知らせる」”. 中央日報日本語版. 中央日報 (2005年6月9日). 2017年5月15日閲覧。
  68. ^ Donghaeana dokdonensis (Yoon et al. 2006)(現在はPersicivirga dokdonensis)、Dokdonella koreensis (Yoon et al. 2006)、Donghicola eburneus (Yoon et al. 2007)、Flagellimonas eckloniae strain DOKDO 007 (Bae et al. 2007)、Croceitalea dokdonensis (Lee et al. 2008)
  69. ^
    • Marinomonas dokdonensis (Yoon et al. 2005)
    • Virgibacillus dokdonensis (Yoon et al. 2005)
    • Isoptericola dokdonensis (Yoon et al. 2006)
    • Porphyrobacter dokdonensis (Yoon et al. 2006)
    • Polaribacter dokdonensis (Yoon et al. 2006)
    • Variovorax dokdonensis (Yoon et al. 2006)
    • Sphingomonas dokdonensis (Yoon et al. 2006)
    • Stenotrophomonas dokdonensis (Yoon et al. 2006)
    • Nocardioides dokdonensis (Park et al. 2008)
    • Phycicoccus dokdonensis (Yoon et al. 2008)
  70. ^ “高校指導要領の移行措置で「竹島・尖閣は固有の領土」前倒し適用 意見公募開始”. 産経新聞. (2018年7月17日). https://www.sankei.com/life/news/180717/lif1807170036-n1.html 2018年12月15日閲覧。 
  71. ^ “竹島・尖閣の歴史資料をネット公開 領有権裏付け対外発信”. 日本経済新聞. (2015年4月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H0B_X00C15A4EAF000/ 2015年4月27日閲覧。 
  72. ^ “領土の情報発信を強化 政府、竹島・尖閣諸島で理論武装”. 日本経済新聞. (2015年4月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H35_X00C15A4PP8000/ 2015年4月27日閲覧。 
  73. ^ “尖閣・竹島の歴史資料を電子編さん 政府が発信強化”. 日本経済新聞. (2014年7月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0803C_Q4A720C1PE8000/ 2015年4月27日閲覧。 
  74. ^ “尖閣・竹島資料、HPで政府公開”. 朝日新聞. (2015年4月8日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11693508.html 2015年4月27日閲覧。 
  75. ^ “竹島関連資料「国が管理を」=自民・新藤氏”. 時事ドットコム. (2015年2月21日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015022100199&g=pol 2015年4月27日閲覧。 
  76. ^ Web竹島問題研究所設置要綱
  77. ^ 独島領有権主張を弾劾する(DC通信No.130 08/07/18 )
  78. ^ <独島領有権明記専門家の見解>日本東北大金淑賢教授 (<독도영유권 명기 전문가 견해> 日도호쿠大 김숙현 교수) 聯合ニュース (朝鮮語)
  79. ^ “中国軍機、竹島近くを飛行=韓国が厳重抗議”. 時事通信. (2019年2月23日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019022300531 2019年2月23日閲覧。 
  80. ^ a b 竹島上空で韓国軍が警告射撃 ロシア軍機が「領空侵犯」」『中日新聞』、2019年7月23日。2019年7月23日閲覧。
  81. ^ “領空侵犯のロシア軍機は早期警戒管制機A50 韓国が360発警告射撃”. 聯合ニュース. (2019年7月23日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190723002300882 2019年7月23日閲覧。 
  82. ^ a b “韓国防空識別圏にロシア・中国が侵入 韓国F15とF16がロシア機へ360発射撃”. ニューズウィーク. (2019年7月23日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12601.php 2019年7月23日閲覧。 
  83. ^ “竹島上空に4カ国の戦闘機、中ロが合同軍事力を誇示”. CNN. (2019年7月24日). https://www.cnn.co.jp/world/35140319.html 2019年7月24日閲覧。 
  84. ^ “中国とロシアが日本海で共同演習か 領空侵犯も発生で4カ国入り乱れ”. FlyTeam. (2019年7月24日). https://flyteam.jp/news/article/113075 2019年7月24日閲覧。 
  85. ^ “中露、尖閣侵犯寸前 7月 爆撃機、竹島から編隊 ”. 産経ニュース. (2019年9月28日). https://www.sankei.com/politics/news/190928/plt1909280001-n1.html 2019年10月4日閲覧。 
  86. ^ “尖閣接近、中露が「調整」 空自機の対応複雑に ”. 産経ニュース. (2019年9月28日). https://www.sankei.com/politics/news/190928/plt1909280002-n1.html 2019年10月4日閲覧。 
  87. ^ “Joint drills by 2 air forces mark historic occasion for global stability”. 環球時報. (2019年7月30日). http://www.globaltimes.cn/content/1159750.shtml 2019年7月31日閲覧。 
  88. ^ “ロシア国防省「ロシアと中国軍機 共同の警戒監視活動実施」”. NHK. (2019年7月23日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190723/k10012005481000.html 2019年7月23日閲覧。 
  89. ^ “В Минобороны рассказали, что самолеты РФ и КНР впервые провели совместное патрулирование” (ロシア語). TASS. (2019年7月23日). https://tass.ru/armiya-i-opk/6692696 2019年7月23日閲覧。 
  90. ^ “ロシア軍機による領空侵犯、合同演習実施の中国も否定”. AFPBB. (2019年7月24日). https://www.afpbb.com/articles/-/3236730 2019年7月28日閲覧。 
  91. ^ “露軍機に警告射撃360発 「領空侵犯」と韓国軍 竹島周辺上空”. 産経ニュース. (2019年7月23日). https://www.sankei.com/world/news/190723/wor1907230032-n1.html 2019年7月23日閲覧。 
  92. ^ “韓露両政府に抗議 竹島周辺で韓国が警告射撃”. 産経ニュース. (2019年7月23日). https://www.sankei.com/politics/news/190723/plt1907230036-n1.html 2019年7月23日閲覧。 
  93. ^ 韓-日 역사 인식 바꾸자「MBCニュース」2010年1月2日更新、2011年8月閲覧
  94. ^ “韓-日 역사 인식 바꾸자” (朝鮮語). MBCニュース. (2010年1月2日). http://megalodon.jp/2010-0318-2017-05/imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/2534612_5780.html 2010年5月1日閲覧。 
  95. ^ “「韓国は日本民主党政権とネットワーク構築を」…姜尚中東大教授(2)”. 中央日報. (2010年3月10日). http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=127054&servcode=A00 2010年3月10日閲覧。 
  96. ^ ≪日本の「独島領有権」主張に反対する≫”. 在日本朝鮮留学生同盟中央本部 (2005年3月25日). 2010年7月1日閲覧。
  97. ^ Schieffer, J. Thomas (2006-04-20). The Ambassador and VFM Yachi discuss Liancourt. WikiLeaks. WikiLeaks cable: 06TOKYO2154. オリジナルの2011-09-17時点におけるアーカイブ。. http://wikileaks.org/cable/2006/04/06TOKYO2154.html 2011年9月17日閲覧。. 
  98. ^ “駐日米大使「韓国が独島関連で狂った行動をしないか心配」…ウィキリークス”. 中央日報. (2011年9月6日). http://japanese.joins.com/article/537/143537.html 2011年9月17日閲覧。 
  99. ^ “韓日の領土問題対立、駐日米大使が韓国非難していた”. 聯合ニュース. (2011年9月6日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/09/06/0200000000AJP20110906002000882.HTML 2011年9月17日閲覧。 
  100. ^ “玄葉新日本外相「韓国が独島を不法占拠」”. 東亜日報. (2011年9月7日). http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2011090713418 2011年9月17日閲覧。 
  101. ^ 中央日報2011年8月3日
  102. ^ CIAに続き米国務省領事局も“独島は日本の領土”、韓国ネットは「何も言えることがない」「これでも米国が永遠の友好国と言いたいか?」 FOCUS-ASIA.COM 3月16日(月)12時49分配信
  103. ^ 独島削除の米CIA地図、政府は6ヵ月が経って「確認中」 - 東亜日報 2015/1/6
  104. ^ GeoNames Searchで"Liancourt Rocks"を検索語句として得られる結果。(2020年5月1日確認)
  105. ^ 「竹島は日本領」…中国、“独島”の名称なしで日本の主張を報道 - ウェイバックマシン(2010年4月18日アーカイブ分) - 2010年4月15日、中国新聞社(サーチナ 2010/4/15)
  106. ^ NYで「独島は韓国領」広告、中国では「宇宙全体が韓国だろ?」 - ウェイバックマシン(2010年2月5日アーカイブ分) - 2010年2月1日の中国新聞網(サーチナ 2010/2/2)
  107. ^ 下條2004
  108. ^ a b “初歩的ミス?歪曲?独島博物館の竹島位置に誤り”. 産経新聞. (2007年5月5日) 
  109. ^ 2011年8月23日zakzakサイテー韓国、日本人を犬・サル扱い…一触即発の最大侮辱
  110. ^ 竹島を韓国領表記、島根県がグーグルに改善要請 読売新聞 2012年6月26日
  111. ^ 日本市場の方が数倍大きい…アップルが竹島併記
  112. ^ Xbox.com | ワードフィルタリングに関する重要なお知らせ
  113. ^ "Oregon and Korea"、削除されたページ YouTube, 2007-12-11.[出典無効]
  114. ^ Oregon Department of Motor Vehicles, Driver Manual (Korean version) Temporarily Unavailable, 2007-12-24.
  115. ^ 米国オレゴン州の公式HPに竹島についての不適切な表記がなされていた件に関する質問主意書, 衆議院 2008-04-25.
  116. ^ 衆議院議員鈴木宗男君提出米国オレゴン州の公式HPに竹島についての不適切な表記がなされていた件に関する質問に対する答弁書, 衆議院, 2008-04-25.
  117. ^ 10万ウォン・5万ウォン紙幣の背景画原案が決定 朝鮮日報2007年12月7日配信 2008年8月23日確認。2009年から流通を開始する予定だった。
  118. ^ 韓国、10万ウォン札の発行中止 肖像や図案が原因? asahi.com 2009年1月22日配信、2009年3月2日配信
  119. ^ a b c 隠岐郷土館展示物「竹島の石」説明書。
  120. ^ 皇城新聞』 - コトバンク
  121. ^ a b 日本国 外務省 第二次大戦直後の竹島
  122. ^ 令和元年度 自然保護委員総会 第 43 回「山岳自然保護の集い」宮城県石巻市「金華山大会」(資料編)p. 6 参考資料 2 国際山岳自然環境保護研修会の実施概要の報告 自然保護委員会CAC 韓国山岳会訪問(5 月 22 日)
  123. ^ a b c 平成29年度 内閣官房委託調査 竹島に関する資料調査報告書 > 関連年表
  124. ^ Korean Petition Concerning Sovereignty of "Docksum", Ullungo Do, Tsuhima, and "Parang" Islands.
  125. ^ 日本国 外務省 サンフランシスコ平和条約における竹島の扱い
  126. ^ 朝日新聞昭和26年11月19日・朝刊
  127. ^ 村瀬&江藤2008、57頁
  128. ^ 昭和27年7月26日官報号外(外務省告示第七十三号)”. 日本国政府 (1952年7月26日). 2011年8月30日閲覧。
  129. ^ 한국사데이터베이스(朝鮮語)
  130. ^ a b 日本外交主要文書・年表 第1巻. 鹿島平和研究所. 原書房. 1983年2月15日刊. pp679-680 英文
  131. ^ a b 大韓民国外交年表 附主要文献1948〜1961. 大韓民国外務部編. 1962年刊. 343-4頁
  132. ^ 日本外交主要文書・年表 第2巻. 鹿島平和研究所. 原書房. 1984年2月28日刊. 「第2巻 (1961〜1970) 年表」p30及び「【17】 韓国の竹島占領に関する抗議 12月26日」p398
  133. ^ 『外務省公表集』昭和36年下半期. 外務省情報文化局. p78
  134. ^ 下條2004、21頁
  135. ^ NewestAll"독도 오수정화시설이 동해바다 오염 주범?"(朝鮮語)
  136. ^ “竹島の日”. 時事ドットコム. (2015年2月22日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201502/2015022200067&g=soc 2015年4月27日閲覧。 
  137. ^ 週刊新潮2005年5月19日号 42ページ
  138. ^ 今日の歴史(8月13日) 聯合ニュース 2009年8月13日
  139. ^ 김원웅 "환경장관 내정자가 골프를 즐겨?" - 오마이뉴스(朝鮮語) - オーマイニュース(2006-04-06 15:21)
  140. ^ 竹島問題 外務省。日本語・英語・朝鮮語の3言語。その後、10言語に増補。
  141. ^ a b 「竹島問題、韓国で過激な抗議行動 キジも犠牲に」AFP通信、2008年)
  142. ^ 2008/08/13韓国駐日大使館
  143. ^ VANK支援問題:李大統領、予算配分を直接指示
  144. ^ 独島管理船「独島平和」、26日から就航…鬱陵 聨合ニュース 2009/06/25
  145. ^ 菅直人 (2010年4月13日), 衆議院議員新藤義孝君提出竹島問題についてこれまで日本政府が行った抗議に関する質問に対する答弁書, , 日本国政府 (衆議院), http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b174344.htm 2010年7月22日閲覧。 
  146. ^ 衆議院会議録情報 第174回国会 本会議 第25号
  147. ^ “駐韓米大使が襲われ負傷 韓国人拘束、米韓軍事演習に不満か”. 日本経済新聞. (2015年3月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H38_V00C15A3MM0000/ 2015年4月27日閲覧。 
  148. ^ 民主・土肥氏「竹島領有権、日本は主張中止を」韓国議員と共同宣言 会見まで 先月末
  149. ^ 2011年7月14日 読売新聞
  150. ^ MSN産経ニュース 2011年6月16日あえて竹島上空でA380のテスト飛行した大韓航空
  151. ^ 2011年7月15日 CNN韓国、日本に大韓航空利用自粛の撤回を求める
  152. ^ 2011年7月18日 聯合ニュース
  153. ^ 2011年07月05日 ニューシス
  154. ^ 2011年07月05日 朝鮮日報
  155. ^ 日本議員の鬱陵島訪問、韓国「強行なら入国禁止も」│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)(2011/07/28)
  156. ^ a b c 【鬱陵島訪問】竹島では常識通用せず 政府・与党が強硬論に迎合+(1/3ページ) - MSN産経ニュース - ウェイバックマシン(2012年4月19日アーカイブ分)
  157. ^ 2011年8月1日 時事通信
  158. ^ “韓国前大統領の竹島上陸”. 時事ドットコム. (2015年3月3日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015030300822&g=soc 2015年4月27日閲覧。 
  159. ^ “韓国前大統領、北朝鮮の首脳会談提案を拒絶 回顧録で明かす”. 日本経済新聞. (2015年1月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H3C_Z20C15A1EAF000/ 2015年4月27日閲覧。 
  160. ^ 韓国国会議員15人が竹島に上陸 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News 2012年10月23日 16:41
  161. ^ 島根県「竹島の領有権に係る国際司法裁判所への単独提訴を求める意見書」
  162. ^ a b 「独島は歴史的に韓国の領土」 日本の有識者らが記者会見 : 東亜日報(2013/5/22)
  163. ^ 日本人3人が竹島に上陸、島は韓国のものと主張=報道 - ロイターニュース - 国際 朝日新聞デジタル:2013年5月23日
  164. ^ 本宗住職に関する一部報道について | 曹洞宗 曹洞禅ネット SOTOZEN-NET 公式ページ(2013/6/07)
  165. ^ “「尖閣・竹島」領土明記を正式表明 文科相、指導要領解説書を改定”. MSN産経ニュース. (2014年1月28日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/140128/edc14012810430001-n1.htm 2014年1月29日閲覧。 
  166. ^ “韓国の知事が竹島に不法上陸、「日本が侵奪」などと非難”. MSN産経ニュース. (2014年1月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/140129/kor14012913070001-n1.htm 2014年1月29日閲覧。 
  167. ^ “韓国、日本の防衛白書を批判”. 日本経済新聞. (2014年8月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE05001_V00C14A8PP8000/ 2015年4月27日閲覧。 
  168. ^ “韓国、防衛白書の韓国語版に抗議 竹島の記載で”. 日本経済新聞. (2015年1月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM21H83_R20C15A1FF2000/ 2015年4月27日閲覧。 
  169. ^ “竹島北側は「アシカ礁」=日本に対抗?韓国が命名”. 時事ドットコム. (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700709&g=pol 2015年4月27日閲覧。 
  170. ^ 日本大使館前で「竹島の日」に抗議 汚物投げる男も=韓国(2015年2月22日「聯合ニュース」)ほか
  171. ^ “韓国記述から「価値共有」削除 15年版外交青書を閣議報告”. 日本経済新聞. (2015年4月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS06H56_X00C15A4EAF000/ 2015年4月27日閲覧。 
  172. ^ “尖閣・竹島、中学社会の全教科書に 政府意向濃く”. 日本経済新聞. (2015年4月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H9R_W5A400C1000000/ 2015年4月27日閲覧。 
  173. ^ 韓国与野党議員10人、きょう独島訪問”. 中央日報 (2016年8月15日). 2018年4月24日閲覧。
  174. ^ 韓国国会議員が竹島上陸 日本政府が抗議”. 産経新聞社 (2018年5月28日). 2018年6月22日閲覧。
  175. ^ 韓国国会議員が竹島上陸 菅長官「到底受け入れられず」”. 朝日新聞 (2018年10月22日). 2018年10月29日閲覧。
  176. ^ 「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国ベストセラー書、衝撃の内容 高栄起(デイリーNKジャパン) - yahoo ニュース 2019年10月1日
  177. ^ 韓国軍、独島防御訓練にイージス艦・特戦司を初めて投入”. 中央日報 (2019年8月26日). 2019年8月28日閲覧。
  178. ^ 韓国の竹島軍事訓練、菅長官「受け入れられない」”. 朝日新聞 (2019年8月25日). 2019年8月27日閲覧。
  179. ^ 竹島での韓国軍訓練を米が批判 国務省「生産的ではない」”. -FNN (2019年8月27日). 2019年8月27日閲覧。
  180. ^ 韓国国会議員6人、31日に独島訪問…「日本の経済報復を糾弾」”. 2019-08-31中央日報 (2019年8月31日). 2019年8月31日閲覧。
  181. ^ N国・丸山穂高議員、今度は竹島で「戦争で取り返すしか」と発言(Buzz Feed News 2019年9月1日)
  182. ^ 「竹島は韓国領」記念コイン発行は「事実ではない」 菅長官、韓国報道を否定”. iza (2019年9月17日). 2019年9月17日閲覧。
  183. ^ 19世紀のドイツ製地図に竹島 日本領記載 島根大・舩杉准教授が初確認(産経新聞 2020年1月22日)

参考文献

  • 川上健三『竹島の歴史地理学的研究』古今書院、1996年6月(原著1966年)、復刻新装版。ISBN 978-4-7722-1856-6。
  • 下條正男『竹島は日韓どちらのものか』文藝春秋文春新書 377〉、2004年4月20日。ISBN 978-4-166-60377-0。
  • 内藤正中・金柄烈『史的検証 竹島・独島』岩波書店、2007年4月。ISBN 978-4-00-023774-1。
    • 内藤正中「第1部 竹島の歴史」『史的検証 竹島・独島』岩波書店、2007年。ISBN 978-4-00-023774-1。
    • 金柄烈「第2部 独島の歴史」『史的検証 竹島・独島』岩波書店、2007年。ISBN 978-4-00-023774-1。
  • 保阪正康『歴史でたどる領土問題の真実』朝日新聞出版朝日新書〉、2011年8月。ISBN 978-4-02-273409-9。
  • 保阪正康・東郷和彦『日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島』角川書店角川oneテーマ21〉、2012年2月。ISBN 978-4041101629。
  • 山田吉彦『日本国境戦争:21世紀・日本の海をめぐる攻防』SBクリエイティブソフトバンク新書〉、2011年7月。ISBN 978-4-7973-6368-5。
  • 山田吉彦『解決! すぐわかる日本の国境問題』海竜社、2013年12月。ISBN 978-4-7593-1336-9。
  • 山田吉彦『日本の国境』新潮社新潮新書 107〉、2005年3月20日。ISBN 978-4-10-610107-6。
  • 『日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相』SAPIO編集部、小学館、2012年10月。ISBN 978-4-09-103157-0。
  • すぎはらゆみこ(杉原由美子)・かみなかおさむ『絵本 メチのいた島』山陰中央新報社、2017年8月(原著2013年)。ISBN 978-4879031785。

関連項目

日本
韓国
その他のサイト