竹崎氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹崎氏(たけざきし)は日本国の武家。

由来[編集]

肥後国八代郡竹崎村より起こる。菊池氏、阿蘇氏の家臣。

人物[編集]

  • 竹崎季長 : 蒙古襲来の時に大功を立てる[1]
  • 竹崎右衛門大夫 : 興国7年、恵良惟澄に従う[1]
  • 竹崎左衛門太郎 : 正平元年、少弐頼尚一族対馬豊前守と交戦し、撃退[2]
  • 竹崎惟貞 : 正平2年(1347年)、恵良惟澄とともに征西府に恩賞地を要求[2]
  • 竹崎惟岑 : 伊豆守。菊池勢力に下る[3]
  • 竹崎惟氏 : 安藝守[3]
  • 竹崎惟夏 : 文亀3年(1503年)12月19日、阿蘇家重臣の村山惟貞と竹崎惟満に宛てた書状を書く。木山城領の支配地をめぐり、菊池・阿蘇両氏の交渉を描く。(『阿蘇家文書』、「竹崎惟夏書状」、刊本296号)
  • 竹崎惟満 : 筑前守。阿蘇家当主・阿蘇惟将の家臣として、木山惟貞とともに、阿蘇家に仕えた。
  • 竹崎長秀 : 正式名は、竹崎長門入道長秀。天正18年(1590年)4月、阿蘇惟賢に随行[2]。惟賢が惟光への忠誠を誓う。このことから、同年5月20日、長秀は、阿蘇惟光への忠誠起請文を仁田長門守に提出する[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 太田亮『姓氏家系大辞典』第2巻、姓氏家系大辞典刊行会、1936年、3394-3395頁。doi:10.11501/1130938全国書誌番号:47004572
  2. ^ a b c 柳田快明『中世の阿蘇社と阿蘇氏 謎多き大宮司一族』戎光祥出版〈戎光祥選書ソレイユ 004〉、2019年3月。ISBN 9784864033121。
  3. ^ a b 鈴木元「シンポジウム報告 「菊池万句」をめぐる幾つかの問題」『国文学研究資料館調査研究報告』第36号、2016年、 37-47頁。
  4. ^ 森田誠一ほか「熊本藩年表稿」『研究報告書』熊本藩政史研究会、1974年3月29日。hdl:2298/15049