竹崎米吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹崎 米吉

竹崎 米吉(たけざき よねきち、1886年明治19年)11月25日[1] - 没年不詳)は、日本内務官僚大阪府岸和田市長

経歴[編集]

高知県吾川郡仁西村(現在の高知市)出身[2]1914年大正3年)、関西大学法律科を卒業し、警部補となる[3]1919年(大正8年)、高等文官試験に合格。大阪府属、同警部沖縄県警視・警務課長、同巡査教習所長、同中頭郡長、同国頭郡長、愛媛県書記官・学務部長、沖縄県書記官・警察部長、同内務部長、同総務部長を歴任した[3]1936年(昭和11年)、佐賀県書記官・総務部長に就任し、翌年7月に退官した[3]

退官後の1937年(昭和12年)10月に岸和田市長に選出された。

脚注[編集]

  1. ^ 泉州名鑑 1938, p. 333.
  2. ^ 『全国市長銘鑑』p.45
  3. ^ a b c 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(下)』人事興信所、1939年。
  • 『自治制実施五十周年記念 全国市長銘鑑』帝国自治協会、1938年。
  • 『泉州名鑑 巻2』夕刊関西日日新聞社、1938年。