竹本越路大夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

竹本 越路大夫(たけもと こしじだゆう)は、江戸時代後期以来の文楽義太夫節の太夫。4代を数える。

初代[編集]

(生年不詳 - 嘉永元年8月19日1848年9月16日))

最初は三味線弾きで初代鶴澤勝鳳を名乗り竹本越路大夫となる。

実子が3代目野澤吉兵衛

2代目[編集]

天保7年3月15日1836年4月30日) - 大正6年(1917年10月9日)本名は二見金助。幼名を吉太郎。

後の2代目竹本摂津大掾。元6代目竹本春太夫


3代目[編集]

慶応元年10月6日1865年11月23日) - 大正13年(1924年3月18日)本名は貴田常次郎。

和泉国(泉州堺市甲斐町)生まれ、8歳で女流の鶴澤由松、10歳で豊澤團七に師事、この頃は小常太夫といった。1878年に2代目越路大夫に入門し幼名を竹本常子太夫という。1889年3月に竹本さの太夫と改名。1898年3月に6代目竹本文字太夫に改名。1903年に「長局」で3代目越路大夫を襲名、1915年文楽座の紋下となる。

「太十」「勘助内」などを得意とした。

4代目[編集]

1914年1月4日 - 2002年6月24日)本名は小出清。

大阪生まれ。1934年に2代目豊竹古靱太夫豊竹山城少掾)の門下。豊竹小松太夫で新義座に出勤、一旦廃業を経て1941年に3代目豊竹つばめ太夫を経て、長らく三和会を所属、1966年、4代目越路大夫を襲名。1963年、切り場語りとなる。1971年芸術選奨文部大臣賞を受賞、重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受ける。1984年日本芸術院会員。1989年、病気を理由に引退。1990年文化功労者

端正な語り口で、時代物では「菅原伝授手習鑑」、世話物では「心中天網島河庄の段」などを得意とした。