竹村一義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹村 一義
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県安芸郡安田町
生年月日 (1949-12-19) 1949年12月19日(68歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト7位
初出場 1968年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

竹村 一義(たけむら かずよし、1949年12月19日 - )は、高知県安芸郡安田町出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

安芸高校ではエースとして活躍。1967年春季四国大会県予選で決勝に進出し、土佐高萩野友康と投げ合うが惜敗。夏の甲子園県予選では準々決勝で高知工に敗退、甲子園には出場できなかった。

同年11月、ドラフト7位で大洋ホエールズに指名され、卒業後に入団。しかし在籍5年半で僅か2勝しかできず、1973年のシーズン途中に山口富士雄との交換トレードで阪急ブレーブスへ移籍した。この年は8勝を挙げて、パ・リーグのプレーオフ(対南海ホークス)にも出場し活躍している。

1974年には開幕投手を務め9勝3敗、勝率.750という好成績を残して、最優秀勝率投手のタイトルも獲得。さらに1975年には、自己最多となる11勝を挙げた。

阪急に在籍した約4年間は、常に先発ローテーションの一角にあり、活躍した。この間2度、日本一(日本シリーズ優勝)の経験がある。

その後は1977年のシーズン開幕直前に笹本信二との交換トレードで新井良夫と共に阪神タイガースへ移籍するも、右肘の故障で十分な活躍ができず同年オフに引退した。

右上手から、MAX145km/hの速球・スライダー・カーブ・シュート・チェンジアップなど、多彩な変化球を投げた。投手ながら俊足であり、代走として公式戦に出場した経験もある。打撃センスも良く、1974年には打率.244・5盗塁を記録している。

引退後はスポーツ用品会社経営の傍ら、中学生シニア硬式野球の監督として25年間指導した。

2009年1月19日付で、東京工芸大学硬式野球部(神奈川大学野球連盟所属)の監督に就任、2014年秋季2位、2016年春季2位、2018年春季2部優勝(入替戦では横浜商科大学に敗退)の成績を上げて1部昇格に後1歩で手が届くところ迄チーム力を上げている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 大洋 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 2.0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.50
1969 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 5 1.0 2 0 1 0 0 0 1 0 2 1 9.00 3.00
1971 38 9 0 0 0 2 5 -- -- .286 421 103.2 72 4 47 1 7 72 0 0 38 33 2.86 1.15
1972 15 4 0 0 0 0 2 -- -- .000 131 27.0 35 2 17 2 2 15 0 0 25 23 7.67 1.93
1973 9 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 45 10.2 12 2 1 0 1 11 0 0 7 7 5.73 1.22
阪急 24 14 3 1 0 8 3 -- -- .727 510 120.1 117 11 44 5 9 54 1 2 49 39 2.93 1.34
'73計 33 14 3 1 0 8 3 -- -- .727 555 131.0 129 13 45 5 10 65 1 2 56 46 3.16 1.33
1974 31 27 2 0 0 9 3 0 -- .750 592 136.0 135 14 42 2 10 60 3 0 69 61 4.04 1.30
1975 26 19 7 0 1 11 6 0 -- .647 581 137.1 126 19 53 3 3 45 3 0 64 53 3.48 1.30
1976 14 5 2 0 0 0 3 0 -- .000 242 54.0 72 4 15 0 2 20 0 0 32 27 4.50 1.61
1977 阪神 13 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 80 17.0 23 3 8 0 1 12 0 0 13 11 5.82 1.82
通算:9年 172 79 14 1 1 30 23 0 -- .566 2614 609.0 594 59 229 13 35 290 8 2 299 255 3.77 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 61 (1968年)
  • 36 (1969年 - 1972年、1973年 - 同年途中)
  • 14 (1972年)
  • 55 (1973年途中 - 同年終了)
  • 28 (1974年 - 1976年)
  • 20 (1977年)

関連項目[編集]