竹腰正厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
竹腰正厚
時代 江戸時代後期
生誕 不明
死没 文久2年8月24日1862年9月17日
改名 雅之助(幼名)、正厚
官位 従五位下近江守
信濃岩村田藩美濃国今尾
氏族 内藤氏、竹腰氏
父母 内藤正縄
竹腰正富
兄弟 内藤正義有馬則篤正厚内藤信民
光子、岡田善宝正室、角倉玄祐室、
横山知哲正室
テンプレートを表示

竹腰 正厚(たけのこし まさあつ)は、江戸時代後期の美濃国今尾領主・竹腰氏の一門。官位従五位下近江守

略歴[編集]

信濃国岩村田藩主・内藤正縄の四男として誕生。幼名は雅之助。

今尾領9代当主・竹腰正富の養子となる。安政4年(1857年)12月1日、14代将軍・徳川家茂に拝謁する。同年12月16日、従五位下近江守に叙任する。

文久2年(1862年)8月24日没。