竹野暢勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

竹野 暢勇(たけの のぶお、1935年11月25日- 2009年10月1日)は競輪選手。現在の真岡市(旧二宮町)出身。現役時は日本競輪選手会栃木支部所属。日本競輪学校第10期卒業。選手登録番号6574。

目次

来歴

栃木県立真岡高等学校在籍時代はサッカーを行っていたが、親が自転車店を経営していた縁で、卒業後競輪選手を志し、競輪学校第10期生となった。

鋭いダッシュ力を駆使した走法を武器として、長年に亘りトップクラスで活躍。全国都道府県選抜競輪を4回優勝した他、オールスター競輪では、1956年川崎競輪場で開催された第1回から、1984年西宮競輪場で開催された第27回まで全て出場し、1967年岸和田競輪場で開催された第12回の大会では、バックから捲った伊藤繁の後位に入り込み、ゴール直前、伊藤を交わして優勝した。

1988年3月11日選手登録削除。通算勝利数786。

引退後は1995年1月に創設された日本名輪会にも会員として加わり活動していたが、2009年10月に病気のため死去。73歳。

主な獲得タイトル

エピソード

  • 栃木県登録選手には、今でも「竹野人脈」ともいうべき系図が存在する。
  • 12車立て時代の後楽園競輪場で行われた、とある日のレースで、最終バック11番手の位置から捲りきって勝ったことがある。

関連項目


今日は何の日(10月19日

もっと見る