竹鼻鉄道デ1形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
デ1形

竹鼻鉄道デ1形電車(たけはなてつどうデ1がたでんしゃ)は、竹鼻鉄道が新製した木造四輪単車

概要[編集]

  • 竹鼻鉄道が新笠松駅(仮駅)竹鼻駅間の開業のために新製した車両である。1921年(大正10年)にデ1 - 4の4両が名古屋電車製作所で製造された。
  • 1943年(昭和18年)に竹鼻鉄道が名古屋鉄道に吸収合併される。本形式は車番・車種記号ともに変化はなく、引き続き竹鼻線で運用される。
  • 戦後の車両供出により、1949年(昭和23年)に1・4の2両は野上電気鉄道へ、2・3の2両は熊本電気鉄道に譲渡された。

主要諸元[編集]

  • 全長:8,534mm
  • 全幅:2,489mm
  • 全高:3,635mm
  • 自重:8.64t
  • 定員:42
  • 座席数:22
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 台車:ブリル21-E
  • 電動機:東洋電機製造530B

その他[編集]

  • 1942年(昭和17年)にデ1形を種車とし、改造名義で大型2軸ボギー車の新製が計画される。これにより従来のデ1形の形式名称は新製の大型2軸ボギー車に譲渡される予定であったが、1943年(昭和18年)に竹鼻鉄道が名古屋鉄道に吸収合併されたため、新製の大型2軸ボギー車の完成は名古屋鉄道になってからとなり、大型2軸ボギー車の形式はモ770形となる。

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • 清水 武、田中 義人「名古屋鉄道車両史 上巻(創業から終戦まで)」2019年、アルファベータブックス刊 ISBN 978-4-86598-847-5