竺雲等連

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

竺雲等連(じくうんとうれん、永徳3年/弘和3年(1383年) - 文明3年1月7日1471年1月27日))は、室町時代中期の臨済宗。俗姓は井伊氏。諱は等連。字は竺雲。号は自彊・小朶子・重艮叟。遠江国の出身。

京都天龍寺大岳周崇に師事して修学しその法を継いだ。応永年間(1394年 - 1427年)に中国に渡った。帰国した後、京都相国寺を経て、1444年文安元年)南禅寺の住持となり、1455年康正元年)には相国寺の鹿苑院に住して僧録司に任じられた。その後は嵯峨天龍寺性智院に隠退している。漢書の訓点に秀で、特に易学の研究に優れ、その後の五山における史書研究の基礎を築いた。