笛吹川 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
笛吹川
監督 木下恵介
脚本 木下恵介
原作 深沢七郎
製作 細谷辰雄
音楽 木下忠司
撮影 楠田浩之
編集 杉原よし
製作会社 松竹大船
配給 松竹
公開 1960年10月19日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

笛吹川』(ふえぶきがわ)は、1960年松竹が製作・配給した木下惠介監督・脚本の日本映画である。原作は深沢七郎の同名小説。モノクロフィルムに部分的に色を焼き付ける手法を用いた。 高峰秀子はこの作品のオファーにあたり、18歳の少女から85歳の老婆まで一人で演じなければならなかったため、東宝より床山である小林繁雄を借り受けて欲しいと松竹に条件を出し、これを飲ませた。小林はかつら師、メイクアップ、特殊メイク、衣装、人手が無ければ助監督まで務める才人である。

出演者[編集]

スタッフ[編集]