笠九郎兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

笠 九郎兵衛(りゅう くろべえ、安永8年(1690年) - 元禄3年(1779年))は、江戸時代中期の農民[1]、篤農家[2]

経歴・人物[編集]

久留米藩筑後国御井郡国分村(現:福岡県久留米市)生まれ[2]宝永6年水稲中耕除草用の手農具である雁爪を考案[1]。また長崎などで甘蔗栽培と製糖法を学び、郷里につたえた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『笠九郎兵衛』 - コトバンク
  2. ^ a b 朝日日本歴史人物事典(朝日新聞社)『笠九郎兵衛』 - コトバンク