笠井叡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笠井 叡(かさい あきら、1943年11月25日 - )は日本の舞踏家振付家オイリュトミスト

概要[編集]

1943年、三重県生まれ。明治学院大学卒業。父の笠井寅雄は札幌高等裁判所判事などを歴任したが、洞爺丸事故で死去。

江口隆哉宮操子モダンダンスを、ジャン・ヌーボにパントマイムを、千葉昭則にクラシック・バレエを学んだのち、大野一雄の門を叩く。そこで土方巽と出会い、ともに前衛舞踊活動を始める。土方巽の「バラ色ダンス——A LA MAISON DE M. CIVECAWA(澁澤さんの家の方へ)」などに出演した。また、ヨガパントマイムなども学ぶ。「タンホイザー」など多数の舞踏作品を発表。

神秘主義への造詣が深く、グルジエフシュタイナーウスペンスキーバタイユ密教神道、古インド神秘思想、キリスト教神秘主義など多岐に渡って探求し、その理論的な成果に「天使論」がある。

1979年より1985年までドイツ留学。帰国後、オイリュトミーダンスを平行して精力的に活動を続けている。

1971年、武蔵国分寺跡近くの自宅の庭に「天使館」と名付けた個人スタジオ形式の稽古場を開設。以来渡独期間を除き、ここで舞踏やオイリュトミーを教授してきた。2005年、天使館はより学校に近い形式で再スタートを切った。

2014年、『日本国憲法を踊る』により芸術選奨文部科学大臣賞舞踊部門受賞。

ダンス理論(ダンス思想)[編集]

  • 舞踏」はジャンルや様式ではなく、むしろ「身体に向かう態度」であり、「ようするに、舞踏というのは意識を変容させるものであって、形をつくるものではない」、たとえばニジンスキーは「牧神の午後」以降は「舞踏」であり、それ以前はバレエであったと語る(『土方巽の舞踏』慶應義塾大学出版会、62ページ)。

上演履歴[編集]

  • 1963年10月 「犠儀」朝日講堂、共演:大野一雄
  • 1964年5月 「花」都市センターホール
  • 1965年7月 全日本芸術舞踊協会第四回創作舞踊公演にて「乳母車」高井富子共作
    • 11月 暗黒舞踏派提携公演「バラ色ダンス」出演
  • 1966年7月 暗黒舞踏派解散公演「性愛恩懲学指南図絵ートマト」出演
    • 8月 處女瑠祭他瑠「磔刑聖母:舞踏集第壱輯」公演(共同振付:大野一雄、土方巽、共演 高井富子、銀座ガスホール)
  • 1967年5月 「O嬢の物語」都市センターホール
    • 10月 「舞踏への招宴」第一生命ホール
  • 1968年8月 「稚児之草子」新宿厚生年金会館小劇場
  • 1969年6月 「タンホイザー」厚生年金会館小劇場
    • 第一回舞踊批評家協会賞受賞
  • 1971年4月、天使館を創立
    • 10月 「丘の麓」代々木八幡青年座、客演:大野一雄
  • 1972年1月 「タンホイザー」厚生年金会館小劇場
    • 8月 「三つの秘儀のための舞踏會」厚生年金会館小劇場
    • 「天使論」上梓(編集担当:川仁宏
  • 1973年6月-9月 「七つの封印」赤坂国際芸術家センター
  • 1974年7月 「天照大御神への鎮魂の舞ひ」赤坂国際芸術家センター
    • 10月 「伝授の門─現代における秘儀とは何か」法政大学学生会館大ホール
    • 11月 「幻想庭園」天使館舞踏公演(早稲田大学本部構内)
  • 1975年3月 「黄泉比良坂」目黒公会堂
  • 1976年1月 「月讀蛭子」独舞踏公演、第一生命ホール
    • 3月 「トリスタンとイゾルデ」独舞踏公演、九段会館ホール
    • 9月  「個的秘儀としての聖霊舞踏のためにI」独舞踏公演、第一生命ホール
    • 12月 「物質の未来」独舞踏公演、第一生命ホール
    • 第8回舞踊批評家協会賞受賞
  • 1977年4月 「化学の劇場-竜の姿をした愛欲の母なるティアマット」独舞踏公演、朝日生命ホール
    • 5月 「個的秘儀としての聖霊舞踏のためにII」独舞踏公演、道新ホール
    • 7月 「化学の劇場-冥王の妃ティアマット」独舞踏公演、朝日生命ホール
  • 1978年1-2月「エーテル宇宙誌のための天使館における連続公演:土星期」天使館
    • 2-3月 「エーテル宇宙誌のための天使館における連続公演:太陽期」天使館
    • 3-4月 「エーテル宇宙誌のための天使館における連続公演:月期」天使館
    • 5月 「エーテル宇宙誌のための天使館における連続公演:地球期<内面の旅>」天使館
    • 6月 「エーテル宇宙誌のための天使館における連続公演:木星期」天使館
    • 7月 「エーテル宇宙誌のための天使館における連続公演:金星期」天使館
    • 8月 「エーテル宇宙誌・第七期 消滅期」「七惑星の記憶と黄道十二宮を巡る舞踏スンダラ」朝日生命ホール
    • 10月 「天使館薔薇十字舞踏展」天使館
  • 1979年1月 「悲惨物語」第一生命ホール
  • 1985年 帰国、オイリュトミーの普及活動に従事
  • 1994年1月「セラフィータ―鏡の性器を持つ私の女」発表。15年ぶりの舞踏公演となる。
  • 1995年、サンフランシスコにて公演、韓国ソウル公演
  • 1996年、北米・南米ツアー
  • 1997年 「人は肉体をたずさえて死者の世界へおもむくか?」サンフランシスコ
    • 「カサイキサヌキカンパニー」木佐貫邦子とのコラボレーション
  • 1998年 「Exusiai」サンフランシスコ、「Tenkyu」ローマ公演
  • 1999年 「青空」演出・振付
    • 「Yes,No,Yes,No」木佐貫邦子とのコラボレーション
  • 2000年 「白鳥の湖」振付
    • 「Tintura 2」シカゴコロンビアカレッジ
  • 2001年 「Spinning Spiral Shaking Strobo」出演 笠井叡、木佐貫邦子、近藤良平安藤洋子、上村なおか
    • 「花粉革命」発表。この作品がきっかけとなり、北米をはじめ海外公演を行うことになった。
  • 2002年8月21日、JADE土方メモリアル「病める舞姫」において、大野一雄と40年ぶりのデュオ
    • 12月、伊藤キムとのデュオ「銀河計画」公演
  • 2003年、「いとしいジャンポール」公演、「nobody Eve」振付
  • 2004年3月、大野慶人とのデュオ「め」公演
  • 2006年、日独共同制作「蜃気楼」振付
    • 音楽家高橋悠治とのデュオ「透明迷宮」公演
  • 2007年1月、大野一雄 百歳の年 ガラ公演「百花撩乱」出演

著書[編集]

  • 「天使論」1972年、現代思潮社
  • 「聖霊舞踏」1977年、現代思潮社
  • 「神々の黄昏」1979年、現代思潮社
  • 「ダンス・ドゥーブル」写真家笠井爾示(ちかし)との共著、オシリス
  • 「銀河革命」写真集、2004年、現代思潮社、ASIN 4329004364
  • 「未来の舞踊」2005年、ダンスワーク舎
  • 「私の読書遍歴」『文学界』2005年7月号、文藝春秋

エピソード、伝説[編集]

  • 本人いわく「ダンスを始めたのは、18歳のとき人から薦められたから」(笠井本人からの聞き書き)
  • 1970年代に行われた「ソドムの120日」という公演で、弟子の山崎広太が師匠である笠井を食う演技をみせた。ドイツ留学は、山崎の力量にショックを受けたため、という噂がある(広く知られた噂。複数の舞踏関係者から聴取)。
  • よく似た背格好の女性ダンサー二人を起用した作品を好んで作る(初期天使館メンバーからの聞き書き)。
  • 自宅の池を埋め立てて「天使館」を建てた。(笠井本人からの聞き書き)
  • ドイツ語はペラペラだが、英語はほとんど話せない。(直接見て知っていることを書きました。笠井本人も「英語は話せない」と言っています。)
  • 長男は写真家・笠井爾示、次男はオイリュトミスト笠井禮示(笠井禮示オイリュトミー)、三男はコンテンポラリー・ダンサー笠井瑞丈である。
  • 詩人吉岡実は笠井叡のファンのひとりであった。
  • 俳人加藤郁乎、フランス文学者澁澤龍彦と親交があった。
  • はじめて土方巽の踊りをみたのは、1963年4月の堂本正樹演出リサイタル「降霊館死学」(於草月会館ホール)においてで、非常な感銘を受けたという。
  • 「花粉革命」のポストパフォーマンストークには、漫画家の萩尾望都が参加した。
  • 「舞踏界のニジンスキー」と呼ばれた(広く知られた事実。公演チラシなどにしばしばこう書かれている)。
  • 「舞踊」との違いを表すための言葉を求めていた笠井叡は、「垂直的なイメージ」がある「舞踏」という言葉を、処女公演で使用した。当時、土方巽は「暗黒舞踊」と称しており、笠井の発案を受けて、採用されたといわれる。(『土方巽の舞踏』前掲書,p.60)
  • 詩人鷲巣繁男は「天使論」執筆に協力している。
  • 宗教学者鎌田東二は、「天使論」に影響を受けた。リュウジとトウジ往復書簡 2003年3月17日付書簡

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]