笠原美智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

笠原 美智子(かさはら みちこ、1957年10月13日[1] - )は、美術評論家写真評論家学芸員キュレーター東京都写真美術館事業企画課長を経て、(公財)石橋財団 ブリヂストン美術館 副館長。また、明治学院大学非常勤講師でもある。

長野県茅野市生まれ。1979年長野県諏訪二葉高等学校卒業。1983年に明治学院大学社会学部社会学科を卒業。1987年にはシカゴのコロンビア大学修士課程を修了(写真専攻)。

1989年に東京都写真美術館学芸員、2002年に東京都現代美術館学芸員、2006年には写真美術館に戻る。極めて積極的に写真展の企画を継続しているほか、講演等もおこなっている。

企画した主要な展覧会[編集]

  • 東京都写真美術館の企画
    • 私という未知へ向かって 現代女性セルフ・ポートレイト(1991年)
    • アメリカン・ドキュメンツ 社会の周縁から(1991年)
    • 発言する風景(1993年)
    • はるかな空の下から 日本の現代写真(1993年)
    • ジェンダー 記憶の淵から(1996年)
    • アルフレッド・スティーグリッツとその仲間たち(1997年)
    • ラヴズ・ボディ ヌード写真の近現代(1998年)
    • ポラロイド・コレクション アメリカ 写真の世紀(2000年)
    • 手探りのキッス 日本の現代写真(2001年)
    • 風景論 日本の新進作家(2002年)
  • 第51回ヴェネツィア・ビエンナーレ美術展日本館コミッショナーとして「石内都 マザーズ 2000-2005 未来の刻印」展を開催。2006年10月には「石内都 マザーズ」として東京都写真美術館でも開催。

著作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.476