笠寺道駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
笠寺道駅
駅舎とホーム(2011年11月)
駅舎とホーム(2011年11月)
かさでらみち
KASADERAMICHI
瓢箪山 (0.3km)
(0.7km) 小幡
所在地 東春日井郡守山町大字小幡字新城
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 瀬戸線
駅構造 地上駅
開業年月日 1905年明治38年)4月2日
廃止年月日 1969年(昭和44年)4月2日
備考 戦況悪化に伴う運行集約により休止。
テンプレートを表示

笠寺道駅(かさでらみちえき)は、かつて愛知県東春日井郡守山町大字小幡字新城(現在の名古屋市守山区新城)にあった名古屋鉄道瀬戸線廃駅)である。

第二次世界大戦中の1944年昭和19年)に休止された後、再開することなく、1969年(昭和44年)に廃止された。

駅概要[編集]

尾張北部から笠寺観音への街道(笠寺道)と交差する地点に設置されたことからこの名が付いた。

相対式2面2線のホームであった。ただし、ホームは踏み切りを挟んで、上りホームが東側にあり、下りホームが西側にあった。駅舎は、木造平屋建の駅舎が上り線側にあるだけであった。

休止から60年以上も旧駅舎は残されていたが、2012年に解体された。旧ホームは依然として線路脇に残っている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道(名鉄)
瀬戸線
瓢箪山 - 笠寺道駅 - 小幡

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]