笠松口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
笠松口駅
MT-Kasamatsuguchi Station (trace).JPG
かさまつぐち - KASAMATSUGUCHI
笠松 (0.3km)
(0.6km) 西笠松
所在地 岐阜県羽島郡笠松町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 笠松線
キロ程 0.3km(笠松起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1920年大正9年)10月25日
廃止年月日 1942年(昭和17年)6月1日
テンプレートを表示

笠松口駅(かさまつぐちえき)は、現在の岐阜県羽島郡笠松町にあった、名古屋鉄道笠松線(現在の竹鼻線)の笠松駅から新羽島駅方面に約250m行った郵便局(笠松春日局)前の道路と竹鼻線との踏切付近に存在した。現在も小規模なプラットホームの跡が残る。

歴史[編集]

笠松付近の駅名変遷(当駅はD駅)

初代笠松口駅

2代目笠松口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道院監督局『鉄道免許・名古屋鉄道(元美濃電気軌道)1・明治45年~大正5年』 「14. 軽便線旅客運輸開始の件」
  2. ^ 「軽便鉄道停車場名改称」『官報』1916年2月4日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 鉄道院監督局『鉄道免許・名古屋鉄道(元美濃電気軌道)1・明治45年~大正5年』 「52. 笠松停車場新駅使用開始届」
  4. ^ 鉄道院監督局・鉄道省監督局『鉄道免許・名古屋鉄道(元美濃電気軌道)2・大正6~10年』 「26. 笠松線々路及工事方法変更の件」
  5. ^ 鉄道院監督局・鉄道省監督局『鉄道免許・竹鼻鉄道(名古屋鉄道)2・大正10年~昭和4年』 「14. 共同使用停車場竣功の件」
  6. ^ 渡利正彦「岐阜駅から見た名鉄の印象」、『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 168頁。