笠間市営バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

笠間市営バス(かさましえいばす)は、茨城県笠間市および西茨城郡友部町岩間町(現在の笠間市友部・岩間地区)に存在した公営バス。笠間市の地方公営企業による運営であった。

なお現在、笠間市が運行している「かさま観光周遊バス」が同名で呼ばれることがあるが、これは茨城交通へ運行を委託しているいわゆる「21条バス」であり、直接の関係はない。

目次

概要

当市営バスの始まりは、笠間市がまだ町であった戦後すぐの頃にさかのぼる。当時、水戸線常磐線の接続は劣悪で、笠間町を含む周辺地区の住民は乗換駅の友部駅で何時間も待ちぼうけを食らわされることもざらであった。また、当時の町長・根本政太郎が笠間稲荷神社などの観光資源を用いた観光立町に取り組んでいたこともあって、町民のためにも外来者のためにも交通網整備が急務となっていた。

そこで白羽の矢が立ったのが、笠間町中心部から笠間駅宍戸駅を経由して友部駅を結んでいた茨城交通の路線であった。この路線は周りを東武鉄道のバス路線に囲まれた孤立路線であり、この路線を運行するためにわざわざ遠くから車両を回している状態であった。

この路線を会社側が持て余し始めているのを知った根本町長は、1947年に茨城交通に同路線の町営化を打診。互いの利害が一致した結果路線譲渡の運びとなり、通過する町村の許可を取りつけた上で翌1948年運輸省へ認可を届け出た。そして同年11月15日、「笠間町営バス運輸部」による町営バスの運行が開始されたのである。路線は1本きり、車両は中古で3台のみ、それも1両は木炭自動車という状況であったが、水戸線や常磐線のダイヤに合わせて運行したために至便であり、町民にも外来の観光客にも好評であった。なお、1950年には起点を北へ300メートル延伸し、車庫と待合所を設けて乗客の利便を図っている(現在の笠間大町郵便局前)。

さらに笠間周辺が貸切バスの空白地帯であること、また観光による立町や町財政への寄与を狙い、1950年から大型の観光用バスを1台購入して貸切バスの営業も開始した。事業範囲は県内一円ほか日光や那須塩原など近隣の観光地、東京や房総半島、伊香保温泉など比較的遠方まで対象地域とする気合の入り方であった。

次いで1952年7月20日には、隣接地域である岩間町へ向かう町民がやはり乗換でひどく待たされる状態であること、また岩間町へ向かう道筋にいくつも集落があるにもかかわらず公共交通機関が皆無であるのを改善するため、従来の路線上、宍戸停留所から分岐する形で常磐線の岩間駅へ向かう路線を新設し、笠間から通し運転とした。これにより路線は笠間市街地を中心にT字型となった。

1958年8月1日に笠間町が市制を施行して笠間市となった後も路線は受け継がれ、路線2本、車両10両の小規模ながら市営バスとして運行されたが、徐々に業績が悪化し、7年後の1965年11月12日に路線部門を東武鉄道と関東鉄道へ、観光部門を関東鉄道へ事業譲渡して解散、18年間の歴史に幕を閉じた。

年表

路線

以下、1952年当時の路線と停留所を示す。停留所には一部不明の部分も存在する。

  • 町内線→市内線
笠間 - 笠間駅前
笠間市街地と笠間駅を結ぶ路線である。1日7往復運転され、所要時間は10分、運賃は10円であった。単独路線扱いではあるが、実際には以下に挙げる友部線・岩間線の区間運転であり、この区間の実質的な本数は岩間線開業前までは13往復、開業後は18往復であった。なおこの区間には途中停留所が存在せず、自由乗降制となっていた。
  • 友部線
笠間 - 笠間駅前 - 並木 - 西手越 - 東手越 - 八反山 - 宍戸 - 宍戸駅前 - 友部駅前
笠間市街地と友部駅を結ぶ路線である。1日6往復運転され、所要時間は30分、運賃は東手越まで10円、友部駅前まで20円であった。なお、宍戸以降の停留所は主要停留所のみである。
  • 岩間線
笠間 - 笠間駅前 - 並木 - 西手越 - 東手越 - 八反山 - 宍戸 - 平町 - 小泉 - 室野 - 新渡戸 - 岩間駅前
笠間市街地と岩間駅を結ぶ路線である。友部線との分岐点である宍戸停留所は宍戸駅の北にある十字路上にあった。1日5往復運転され、所要時間は60分、運賃は東手越まで10円、宍戸まで20円、平町まで30円、室野まで35円、新渡戸まで40円、岩間駅前まで45円であった。この路線では平町以南は運賃が割り引かれ、初乗り5円とされていた。

関連項目

参考資料

  • 笠間市史編さん委員会編『笠間市史 下巻』(笠間市刊、1998年)
  • 笠間市史編さん委員会編『図説笠間市史』(笠間市刊、1988年)
  • 運輸省編『旅客自動車・茨城県(一)』(運輸省文書)
  • 運輸省編『旅客自動車・茨城県(二)』(運輸省文書)
  • 運輸省編『旅客自動車・茨城県(三)』(運輸省文書)
  • 運輸省編『旅客自動車・茨城県(六)』(運輸省文書)

今日は何の日(12月10日

もっと見る

「笠間市営バス」のQ&A