笠間雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
笠間 雄二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1953-03-22) 1953年3月22日(66歳)
身長
体重
183 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1976年 ドラフト6位
初出場 1977年
最終出場 1984年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1985 - 1991, 2001)

笠間 雄二(かさま ゆうじ、1953年3月22日 - )は、石川県金沢市出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

金沢高校では3年次の1970年、春季北信越大会県予選で決勝に進出するも星稜高に敗退。同年の夏の甲子園県予選では準決勝で金沢桜丘高に惜敗し、甲子園出場はならなかった。卒業後は1971年電電北陸へ入社。高校、社会人の1年先輩に堂上照がいた。1973年のドラフト太平洋クラブライオンズに5位、1974年のドラフトでは阪急ブレーブスから3位で指名を受けるが、どちらも入団を拒否。2年後の1976年のドラフト読売ジャイアンツから6位指名を受けて快諾し、プロ入りを果たす。1年目の1977年から36試合に出場して飛躍を期待され、8月7日大洋戦(川崎)で平松政次から初本塁打を放つ。2年目の1978年からは山倉和博の加入で出場機会は徐々に減少し、山倉・吉田孝司の3番手となる。1979年オフには「地獄の伊東キャンプ」に参加するが、1980年1月柳田真宏と共に永本裕章との交換トレードで阪急ブレーブスへ移籍。中沢伸二笹本信二に次ぐ3番手の起用にとどまり、打率も1割に満たなかった。同年11月片岡新之介との捕手同士の交換トレードで阪神タイガースへ移籍。1982年には66試合に先発マスクを被り、若菜嘉晴と正捕手を争う。若菜が退団した1983年はレギュラーの座を得て127試合に出場し、規定打席(27位、打率.271)に到達して12本塁打を放った。同年のオールスターにも選出されたほか、5月15日の大洋戦(甲子園)では野村収の全球団勝利をアシストし、金沢次男から本塁打を放った。1984年には山川猛の台頭により、出場機会が大幅に減少。この年限りで現役を引退。

引退後は阪神で二軍バッテリーコーチ(1985年 - 1990年, 2001年)、二軍ブルペンコーチ(1991年)を歴任。コーチ時代は、阪神球団が発行する雑誌『月刊タイガース』で、ファンからの質問に答えるコーナーの担当もしていた。1992年から2000年にかけてはフロント入りし、スコアラーと広報部を担当。2002年には営業部に入ったが、1年で退団。その後は2003年から2006年までマスターズリーグ大阪ロマンズに所属し、選手として活躍。現在はスポーツDEPOサンシャインワーフ神戸店で、アドバイザリースタッフを務めている[1]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1977 巨人 35 66 61 4 16 3 0 1 22 5 0 0 0 0 4 1 1 11 0 .262 .318 .361 .679
1978 26 25 23 1 2 0 0 0 2 5 1 0 0 0 2 0 0 6 1 .087 .160 .087 .247
1979 22 19 16 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 2 7 0 .188 .316 .188 .503
1980 阪急 26 31 31 0 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 9 0 .097 .097 .097 .194
1981 阪神 36 75 63 5 14 3 0 3 26 9 0 0 2 2 7 0 1 12 2 .222 .301 .413 .714
1982 88 237 208 17 43 4 0 8 71 20 0 0 3 1 24 4 1 39 4 .207 .291 .341 .632
1983 127 439 380 46 103 13 0 12 152 41 0 1 4 3 45 7 7 65 12 .271 .356 .400 .756
1984 37 65 57 2 14 2 0 1 19 3 0 0 0 0 8 1 0 11 2 .246 .338 .333 .672
通算:8年 397 957 839 75 198 25 0 25 298 85 1 1 9 6 91 13 12 160 21 .236 .318 .355 .673

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1977 31 9 6 3 .333 0
1978 24 6 3 3 .500 0
1979 19 5 4 1 .200 0
1980 21 5 4 1 .200 2
1981 35 24 16 8 .333 2
1982 86 65 50 15 .231 5
1983 127 126 96 30 .238 14
1984 37 19 16 3 .158 0
通算 380 259 195 64 .247 23

記録[編集]

背番号[編集]

  • 31 (1977年 - 1979年)
  • 38 (1980年)
  • 13 (1981年 - 1983年)
  • 27 (1984年)
  • 78 (1985年 - 1987年)
  • 87 (1988年 - 1991年)
  • 89 (2001年)

脚注[編集]

  1. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14

関連項目[編集]