符号レート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

電気通信情報理論において、前方誤り訂正符号における符号レート(ふごうレート、英語: code rate)または情報レート(じょうほうレート、英語: information rate[1])とは、有用な(非重複の)データストリームの割合である。すなわち、符号レートが k/n であれば、有用情報の k ビットごとに、符号器は合計で n ビットのデータを生成する。ここで、 n-k ビットは余剰ビットとなる。

Rグロスビットレート(冗長誤り符号を含む。データ信号レートともいう)である場合、ネットビットレート(誤り訂正符号を除く有効ビットレート)は R•k/n 以下である。

例えば、畳み込み符号の符号レートは、典型的には 1/2, 2/3, 3/4, 5/6, 7/8, ... などであり、それぞれ1ビットの冗長ビットが1ビットごと、2ビットごと、3ビットごと、... に挿入されていることに相当する。RS(204,188)で示されるリード・ソロモン符号の符号レートは188/204であり、これは188ビットの有用情報の各ブロックに204 - 188 = 16の冗長ビットが追加されたことを意味する。

いくつかの誤り訂正符号は固定の符号レートを持たない(レートレス消失符号英語版)。

bit/sは、情報レート(誤り訂正符号を除いたネットビットレート(有用ビットレート)と同義)の測定のより広範な単位であることに留意されたい。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Huffman, W. Cary, and Pless, Vera, Fundamentals of Error-Correcting Codes, Cambridge, 2003.