第一二海軍航空隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第一二海軍航空隊[1](だいひとふたかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。太平洋戦争後期に技量低下が著しい第一南遣艦隊所属の艦上爆撃機搭乗員を養成するため編制したものだが、末期に近づくにつれて船団護衛や対潜哨戒任務にも駆り出され、末期には練習艦攻隊に改編された。

隊名が類似している第十二航空隊とは関連が無い。本航空隊の呼称を「第十二海軍航空隊」、または「第十二航空隊(十二空)」としている文献があるが、これらの呼称は誤りである。

沿革[編集]

太平洋戦争終盤、第一南遣艦隊に所属する航空隊は、相次ぐ戦力抽出と新兵投入のために技量低下が著しかった。昭和19年5月1日をもって、戦闘機練成隊の第一一海軍航空隊と艦上爆撃機練成隊の第一二海軍航空隊(以下「一二空」とする)をシンガポールに、陸上攻撃機練成隊の第一三海軍航空隊マレー半島[2]に設置し、独自に実用機教育と慣熟訓練を実施することとした。

  • 昭和19年(1944年)5月1日 - 霞ヶ浦航空基地で編成しセレター飛行場で開隊[2]。その後コタバル、ツダウムを拠点[2]に練成に従事。
    所管:横須賀鎮守府、原駐基地:霞ヶ浦航空基地と定められ[1]、海軍練習航空隊に指定される[3]。第一南遣艦隊附属。
  • 昭和20年(1945年)1月20日 - 第十三航空艦隊の指揮権が第一南遣艦隊に移転。十三航艦附属に転籍。同日「南号作戦」発動。3月9日の作戦終了まで第一三海軍航空隊とともに船団護衛・対潜掃討に従事。
    • 2月5日 - 第十三航空艦隊は第十方面艦隊隷下となる[4]
    • 3月10日 - 第十三航空艦隊の編制を抜本的に改正。一二空を乙航空隊(練習艦攻隊)に改編し、仮称「仏印海軍航空隊」として馬来海軍航空隊隷下[5]
    • 5月15日 - 印支海軍航空隊が発足し解隊。

実施部隊である第三八一海軍航空隊第九三六海軍航空隊を維持するため、3月の改編で機体をすべて放出していた。同時に乙航空隊となっていた第一一海軍航空隊と連合で印支空を新編したため、一二空は完全に消滅した。

主力機種[編集]

隊司令[編集]

  1. 堀江朝茂 大佐:1944年5月1日[6] - 1945年5月15日[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b 昭和19年5月1日付 海軍内令 第621号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070199600 で閲覧可能。
  2. ^ a b c 『海軍飛行豫科練習生』 第1巻、p. 292。
  3. ^ 昭和19年5月1日付 海軍内令 第623号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070199600 で閲覧可能。
  4. ^ 『日本海軍編制事典』、p. 472-473。
  5. ^ 戦史叢書『南西方面海軍作戦 -第二段作戦以降-』、p. 592-593。
  6. ^ 昭和19年5月1日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1449号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072097900 で閲覧可能。
  7. ^ 昭和20年5月26日付 秘海軍辞令公報 甲 第1810号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072105000 で閲覧可能。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 坂本正器/福川秀樹 『日本海軍編制事典』(芙蓉書房出版 2003年)、ISBN 4-8295-0330-0
  • 戦史叢書 第54巻 『第南西方面海軍作戦 -第二段作戦以降-』(朝雲新聞社 1972年)
  • 『海軍飛行豫科練習生』(国書刊行会、1983年)