第一級殺人弁護

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第一級殺人弁護』は、中嶋博行による日本小説短編集

収録作品[編集]

  • 不法在留
  • 措置入院
  • 鑑定証拠
  • 民事暴力
  • 犯罪被害

書籍情報[編集]

  • 単行本:講談社、1999年7月21日発売、ISBN 978-4-06-209636-2
  • 文庫:講談社文庫、2002年7月15日発売、ISBN 978-4-06-273478-3

テレビドラマ[編集]

第一級殺人弁護
ジャンル テレビドラマ
原作 中嶋博行
脚本 吉田剛
監督 山本邦彦
出演者 風間トオル
製作
プロデューサー 柳田博美(大映テレビ)
川西琢(大映テレビ)
塙淳一
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1作 - 第2作
(土曜ワイド劇場)
オープニング 歴代オープニングを参照
エンディング 歴代エンディングテーマを参照
放送期間 2002年6月8日 - 2003年6月28日
放送時間 放送時間の変遷を参照
回数 2
土曜ワイド劇場
第3作
(土曜サスペンス)
放送期間 2005年3月19日
放送時間 土曜 12:00 - 13:55
放送分 115分
回数 1
テンプレートを表示

2002年から2005年までテレビ朝日系で放送されたシリーズ。第3作は別枠(2005年3月19日の12:00 - 13:55)で関東地区のみの放送となり、関西地区での初放送は2007年9月10日の13:55 - 15:49に放送された。全3回。主演は風間トオル

放送枠は「土曜ワイド劇場」(第1作・第2作)、「土曜サスペンス」(第3作)。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

京森英二
演 - 風間トオル[1]
京森法律事務所の弁護士。キャリアとしては駆け出し。自転車で駆けつける近場の仕事がメインであるため、事務所の経営はギリギリである。
京森桂子
演 - 古手川祐子(第1作)、吉本多香美(第2作・第3作)
英二の妻。元・神奈川県警生活安全課総務係長だった経歴がある。
立花由加里
演 - 森下涼子
京森法律事務所の事務員。
京森歩
演 - 斉藤舞花[2](第1作)、吉田桃花(第2作)、黒岩伶奈[3](第3作)
英二と桂子の娘。幼稚園児。

ゲスト[編集]

第1作「鑑定証拠」(2002年)
第2作「被害者の妻と加害者の妻が争うビデオの謎」(2003年)
  • 尾田作太郎(元荒物屋) - 田山涼成
  • 宮野夏紀(宮野邦夫の妻) - 古川理科
  • 国枝剛(宮野邦夫の手下) - 小林健
  • 佐々木忠平(保険会社の顧問弁護士) - 山形恵介
  • 遠井一郎(民事の交通事故の原告) - 本村健太郎[4]
  • 三木啓輔(裁判長) - 浜博文
  • 尾田尚道(尾田と敦子の息子) - 小野寺拓海
  • 尾田敦子(尾田の妻) - あき竹城
  • 宮野直美 - 今泉野乃香[5]
  • 八重樫文子(左利き矯正教育の研究をしている先生) - 田口萌[6]
  • 英瑞江(レストランクラブ経営者) - 洞口依子
  • 山崎満
第3作「下着トリックの謎」(2005年)

スタッフ[編集]

  • 原作 - 中嶋博行『第一級殺人弁護』(講談社文庫)
  • 脚本 - 吉田剛
  • 監督 - 山本邦彦
  • プロデューサー - 柳田博美(大映テレビ)、川西琢(大映テレビ)、塙淳一
  • 制作 - テレビ朝日大映テレビ

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 2002年6月08日 鑑定証拠 吉田剛 山本邦彦
2 2003年6月28日 被害者の妻と加害者の妻が争うビデオの謎
3 2005年3月19日 下着トリックの謎

脚注[編集]

  1. ^ DATA - Toru Kazama official web site
  2. ^ プロフィール - キャロット(アーカイブ)
  3. ^ プロフィール - ムーン・ザ・チャイルド(アーカイブ)
  4. ^ a b c プロフィール - 浅井企画
  5. ^ プロフィール - キャロット(アーカイブ)
  6. ^ プロフィール - 希楽星