第七艦隊 (日本海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
海軍艦政本部
海軍航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第七艦隊(だいななかんたい)は旧日本海軍の艦隊の一つ。太平洋戦争末期の1945年3月から、アメリカ軍の飢餓作戦によって九州周辺の海上に大量の機雷が敷設されたので、これに対抗するべく同年4月に急遽編制された。九州周辺の海上輸送路の防衛を任務とし、もっぱら掃海活動に従事した。

日本海軍の中で最後に編制された艦隊組織となったが、第七を飛び越して第八艦隊第九艦隊第十方面艦隊がすでに存在していた。一説には南遣艦隊が第七艦隊扱いされていたので最後まで第七が空席になっていたという。

概要[編集]

1945年(昭和20年)3月末よりアメリカ軍は、西日本の海上輸送を機能不全に追い込む飢餓作戦を開始し、九州周辺の海上に大量の機雷をばら巻いていた。ここを管轄とする呉鎮守府には大規模な掃海を行なう機能が無かったので、翌4月に急遽編制されたのが第七艦隊であった。艦隊司令部は福岡県門司に設置され、関門海峡対馬海峡豊予海峡朝鮮海峡を主な担当区域とし哨戒と機雷を取り除く作業に従事した。

当初は第一護衛艦隊に担当させるか、第三護衛艦隊にする案が出されていたが、任務上の重要性から士気を上げる為に正規艦隊の一つにする事が決まり、空席となっていた第七艦隊として発足した。形式的には連合艦隊の所属であったが、実際には海上護衛総司令部の指揮下に組み込まれていた。初代の司令長官と参謀長は、第一護衛艦隊司令長官の岸福治中将と同参謀長の後藤光太郎少将がそれぞれ兼任していた[注釈 1]

編制[編集]

1945年6月1日時点

歴代司令長官[編集]

  1. 岸福治中将:1945年4月15日 - 1945年8月20日
  2. 大森仙太郎中将:1945年8月20日 - 1945年9月15日

歴代参謀長[編集]

  1. 後藤光太郎少将:1945年4月15日 - 1945年7月10日
  2. 藤原喜代間少将:1945年7月10日 - 1945年9月15日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後に第一護衛艦隊の司令部要員は舞鶴鎮守府司令長官ほかが兼任に変わる。

出典[編集]

参考文献[編集]